ドローロック

 カードドローロックすること。
 ドローロックは「ドローフェイズスキップする」、「カードデッキの一番上戻す」などの方法で行われる。

 これを軸としたデッキには、【八汰ロック】【フェンリルハンデス】【竹光】等がある。
 《有翼賢者ファルコス》《風帝ライザー》を抱える【風属性】や、《伝説の柔術家》を擁する【岩石族】も構築次第では可能だろう。
 逆に《ゾンビキャリア》など自身のデッキの一番上カード戻すものは、「ドローロックされるデメリットがある」と言われる。

  • 他のTCGでは時間破壊(タイム・デストラクション)と呼ばれることがある。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D'sではミスティがドローフェイズドローしたカードデッキに戻すという形で、アニメZEXALII(セカンド)ではベクターがドローしたカードを使用不能にするという形で、それぞれドローロックを行っている。
    前者はドローフェイズ以外にもドローを行うことで、後者は自分からデッキ破壊を行うことで打破されている。
    また、アニメGXのエドや漫画5D'sの鬼柳、アニメARC-Vの徳松は自分自身にドローロックをかけてあえてドローしない戦術をとっていた。
    アニメARC-Vでは、文字通り《ドロー・ロック》というアクションマジックが登場し、こちらはアクションカードを1枚墓地に送らない限り、ドローできないという効果になっている。

関連リンク

広告