パスワード

 カードの左下に記されている8桁の数字のこと。
 ゲーム作品で使用される数値であり、デュエルでは使用しない。

  • パスワード欄に何も書かれていないカードは、その大半がパスワードによるカード入手システムが登場したDM2において入手困難なカードである。
    作中のレアカードの入手難度を保つために、あえてパスワードを記載しなかったのだろう。
  • パスワードが記されていないカードであっても、ゲーム用のパスワードは存在する。
    ただし、三幻神カードは例外的にゲーム用のパスワードすら存在しない。
  • 誌上やサイトで掲載されているカード画像は、「見本」であることを証明するためか、基本的にパスワードは記載されていない。
    ただしEX-Rのルールブックやヴァリュアブルブック6の《女剣士カナン》等には、例外的に記載・掲載されている。
  • コナミのゲーム作品において―
    新エキスパートルール準拠のゲームであるかどうかに関わらず、カードゲームである作品の多くではパスワードが利用できる。
    OCGに記されている数字をゲーム中の特定の場所で入力することで、OCGと同名の(或いはそれに相当する)カードをゲーム内で入手できる。
    初期にはパスワードの利用に制限がかかっていない作品もあり、ゲームバランスを崩す一因となったため、途中からはパスワードの利用に何らかの制約が設けられている。
  • 原作出身の《メガトロン》や《シー・スネーク》等をはじめとした、現在までにOCGになっていない初期のゲームにのみ登場するカードにも、パスワードが設定されている。
    これらのパスワードは、当時存在しなかったカードも含め、他のカードとは重複していない値となっている。
  • DM3やDM4では、間違っているパスワードと合ってはいるが使用できないパスワードが区別されていることが分かるメッセージが見られる。
    後者においては、当時OCGには存在したが、それらのゲームでは収録されていなかった《灼熱の槍》《突風の扇》などが挙げられる。
  • DM1と真DM2は、OCGとは別のパスワードを使用する。
  • DS作品では、そのカードを所持しているか、カードリスト(パックの収集率80%で取得)が必要となる。
  • 「TAG FORCE」シリーズでは、パスワードで入手したカードは「レンタルカード」として扱われる。
    3まではデュエルで使用すると勝利時に貰えるポイントが減少するペナルティが課せられ、4以降はペナルティがない代わりに一度に借りられる枚数が制限されている。
  • この他、ゲームによっては登場デュエリストの解禁・変更やスタッフロールの閲覧などをパスワードの入力によって行うことができる。

関連リンク

広告