ピン挿し

 あるカードを1枚だけデッキに投入することを意味する俗称。
 「1枚挿し」とも呼ばれる。
 なお、「1枚積み」「ピン積み」という呼称は本来は誤りであるが、「2枚積み」「3枚積み」と語呂を合わせるために使われることもある。

 ハイランダーは事実上全てのカードがピン挿しである。
 しかし、元々そのような構築のデッキを指す呼称がそれなので、あえて「ピン挿し」とは言わない。

  • 基本的にデッキに多様性や対応力を持たせる事を目的とした行為である。
    デッキの理想的な上限枚数には限度があるので、安定性や確実性と天秤にかける事になり、プレイヤーの構築力が問われる。
    • デッキの戦略的意図に関係なくピン挿しを行う場合もある。
      個人の思い入れなどにより、実用性を度外視して特定のカードを投入したい場合が挙げられるだろう。
  • 海外における比較的規模の大きい大会などでは、似たような役割のカード複数種をピン挿しで採用しているデッキがよく見受けられる。
    これにはカードプールそのものの違いに加え、日本と比べ参加するデッキの種類が多く、メタが分散しやすい事も少なからず影響している。
    ただし、当然ながら対峙した相手に有効なカードを常に利用できる保証はないため、併せてドロー効果を持つカードが多く採用されやすい。
    また、こうした状況を鑑みてか、ドローカードレアリティが高められる傾向にある。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメでは互譲や謎の力などによって1枚だけカードが手に入ることがあり、ある意味ピン挿しとなる。
    またアニメGXでは、主人公たちが「アイドルカード」と称してシナジーを度外視してピン挿ししているカードを見せ合ったことがある。

関連リンク

広告