マジシャン・ガール/Magician Girl

 劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKカテゴリ化された「マジシャン・ガール」と名のついたモンスター群。
 属するモンスターは、ドラゴン族《竜騎士ブラック・マジシャン・ガール》を除き魔法使い族で統一されている。

 《ベリー・マジシャン・ガール》以外の下級モンスターは以下の共通効果を持つ。

1ターンに1度、このカードが攻撃対象に選択された場合に発動できる。
(手札または墓地)から魔法使い族モンスター1体を特殊召喚する。
その後、攻撃対象をそのモンスターに移し替え、攻撃モンスターの攻撃力を半分にする。

 なお、《レモン・マジシャン・ガール》効果無効にして特殊召喚し、《アップル・マジシャン・ガール》レベル5以下の魔法使い族モンスターに限定される。

  • レベル1〜5のマジシャンガールは、上記の映画のためにデザインされたモンスターだが、実際に作中に登場したのは一部に留まっている。
    デザインした高橋和希氏曰く、「映画に華が少ないと思いデザインした」とのこと。
    また、上述の共通効果により海馬のモンスター弱体化させて戦闘破壊するシーンを、「海馬の必死さをあざ笑う」「遊戯って鬼だな」とコメントしている。

関連リンク

―「マジシャン・ガール」と名のついたモンスター
 ※は「マジシャン・ガール」に関する効果を持つモンスター

―その他のリンク

FAQ

Q:《チョコ・マジシャン・ガール》《毒蛇神ヴェノミナーガ》攻撃された際に(2)の効果発動すると、どのような処理になりますか?
A:『その後、攻撃対象をそのモンスターに移し替え、攻撃モンスター攻撃力を半分にする』効果受けないため、攻撃力は半分にならずバトルステップの巻き戻しが起きます。(16/05/13)

Q:上記の場合、《チョコ・マジシャン・ガール》効果による特殊召喚に対して《奈落の落とし穴》発動できますか?
A:『その後、攻撃対象をそのモンスターに移し替え、攻撃モンスター攻撃力を半分にする』処理を行ったため、《奈落の落とし穴》発動できません。(16/05/13)

広告