ライフポイント/Life Point(s)

 相手と対戦して1回の勝負を決める「デュエル」では、お互いに8000のライフポイントを持ってスタートします。
 相手のライフポイントを先に0にしたプレイヤーの勝利になります。
 (お互いのライフポイントが同時に0になった場合は引き分けです。)

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0より引用)


 プレイヤーの持ち点であり、デュエル開始時にはお互いに8000ポイント所持している。
 相手モンスターから戦闘ダメージを受けたり、カードの効果によって効果ダメージを受けたりすると減少する。
 これが0になったプレイヤーは敗北となる。
 「Life(生命)Point(点数)」という名の通り、プレイヤーの生命を表すと考えて良い。

 ほとんどのデュエルは、ライフポイントが0になる事で決着がついている。
 デュエルとは、いかに自分のライフポイントを0にされる事を防ぎ、相手のライフポイントを0にするかを競う行為と言える。
 逆に言えば、ライフポイントがどれだけ減ろうと、0にならない限りは敗北ではない。
 このため、本ゲームではライフ・アドバンテージカード・アドバンテージよりも軽視される傾向にある。

  • ライフ」や「LP」と略されることが多く、第9期からテキスト上でもLPと表記されるようになった。
  • ライフポイントを半分支払うコスト等で小数点以下が発生した場合、小数第一位を四捨五入する。
    例えばライフポイントが125のときに半分支払うと、125の半分の62.5の小数第一位を四捨五入して63となる。
    なお、ライフポイントが1のときに半分支払うと、1の半分である0.5の小数第一位を四捨五入して結局1のままとなる。
    初期ライフポイント8000からならば、《神の宣告》《異次元からの帰還》等を13回以上使い回すと発生する状況である。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作での初期ライフポイントは「決闘者の王国編」までは2000、「バトルシティ編」以降は4000となっている。
    当初の初期ライフポイント2000という数値は、MtGの初期ライフが20点である事を反映したものだろう。
    直接攻撃が可能になったバトルシティ編以降は初期ライフポイントが倍加し、以降のアニメ・漫画作品はいずれも初期ライフポイント4000からスタートしている。
    OCGと同じ8000を基本ルールとしていた作品は今までのところ劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』しか存在しないが、下記のような変則デュエルの際には初期値8000が出てくることがある。
  • アニメでは一対多のデュエルの際に、少数側がハンデとして対戦相手の人数に比例したライフポイントを持って開始されることもある。
    一方、「超融合〜時空を超えた絆〜」における「遊戯&十代&遊星vsパラドックス」戦のように、多数側がライフポイント4000を共有し少数側はハンデを得ていない場合もある。
  • アニメではシリーズ5作目のARC-V以降は、「セーフティライン」を示しているのかライフポイントが1000未満になると表示が赤文字になる。
  • 劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』ではアニメ作品で初めて初期ライフポイントが8000の状態が基本ルールのデュエルが行われた。
    カードパワーのインフレのみならず、劇中の次元領域デュエルでは通常よりも大きなダメージを受けやすいための採用だと思われる。
  • 漫画・アニメでは、ライフポイントが0になっても一時的に敗北を免れるカードや、ライフポイントが0になる事を発動条件とするカードが多数存在している。
    OCGでは原則としてこうした効果は再現されないが、アニメ5D'sで鬼柳京介が使用した《インフェルニティ・ゼロ》はTF5にてゲームオリジナルカードとして収録されており、ライフポイントが0でも敗北しない効果が再現されている。
  • 特定のカードや特殊ルールの元ではライフポイントが0になった後でも効果を使用している場面がシリーズを通して時折見られる。
  • アニメARC-Vのバトルロイヤルでは、既に行われているデュエルに途中参加した場合、ペナルティによりライフポイントが2000ポイント引かれるルールがある。(→タッグデュエル
    カードの効果ではなくルールによってライフポイントが増減する描写は非常に珍しい。
  • ライフポイントの過去最大値は、アニメZEXALII(セカンド)の「遊馬&ナッシュvsドン・サウザンド」戦においてドン・サウザンドが記録した102900ポイントである。
    (0を除いた場合の)過去最小値は1ポイントであり、これは《ラーの翼神竜》《地縛神 Wiraqocha Rasca》などの効果によるものとして多数確認できる。
  • コナミのゲーム作品において―
    初期ライフポイントを8000に設定したのは、カードゲームを題材とした初の「遊戯王」のゲームであるDM1が最初である。
    直接攻撃の概念を生み出したのもこのゲームであり、事実上このゲームが現在のOCGルールの土台となっている。
    なお、このDM1からDM4までのGB作品では、ライフポイントの上限は9999である。
    以降のゲームでは表示上は99999が上限になっているように見えるが、実際はより高い上限が設定されており、表示こそされないものの10万以上のライフポイントを回復することも可能。
  • 「特定の数値以上ライフ回復をする」・「ライフポイントが増加・減少した状態でゲームを開始する」といったテーマデュエルが見られる作品もある。
    特に「前のデュエルでの最終LPを引き継いで連戦する(ライフポイントサバイバルとも呼ばれる)」デュエルは多くの作品で見られる。
    特にDM8は全てのデュエルがこの方式となっており、自宅で休まないとLPが8000に戻らない。

関連カード

―ライフポイントが効果に関係するカード

―ライフポイントが発動条件に関係するカード

―ライフポイントを半分にするカード

―ライフポイントを特定の数値にするカード

―ライフポイントを0にするカード

―ライフポイントを入れ替えるカード

関連リンク

広告