ルール効果/Condition Effect

 「種別が存在しない」という効果の通称。(非公式用語)
 特にモンスターの召喚に関するものは召喚ルール効果と呼んでいるのでそちらも参照。
 また、遊戯王wikiでは「効果モンスター効果として扱われない」ものは効果外テキストと分類しているので下記、または該当ページも参照。

その他の効果

(遊戯王OCGパーフェクトルールブック P90〜91より引用)


  • 調整中不発と同様、 非公式用語である(遊戯王OCG事務局では「特に効果の種別はない」と回答している)。
    遊戯王wiki内では、「特に種別はない効果です」等と回答があったものを「召喚ルール効果」「ルール効果」と翻訳して記述がなされているので、事務局に確認を取る際には注意。

フィールド上に1体しか表側表示で存在できない」効果について。

 制限が自分フィールド内だけのものとフィールド全体に及ぶものがあるが、基本的には以下の特徴を持つ。

関連カード

―ルール効果を持つカード

召喚条件に関するものは召喚ルール効果および特殊召喚モンスターを参照。
※「カード名を別のカードとして(も)扱うカード」・「(自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できないカード」は同名カードを参照。

関連リンク

FAQ

Q:効果分類の「効果モンスター効果として扱われません」とは、どういう事でしょうか。
  「モンスター効果ではない効果」という意味でしょうか?
A:モンスターの効果として扱われないテキストの事を指します(→効果外テキスト)。
  例えば、《スキルドレイン》等の効果によって、効果モンスター効果として扱われないテキストの箇所を無効化する事はできません。(11/11/07)

Q:フィールドモンスターがいない時、《ソウル・チャージ》《六武衆の師範》2体以上を対象発動できますか?
A:はい、対象にでき特殊召喚できますが1体以外をすぐに破壊します。(16/11/09)

Q:フィールドモンスターがいない時、《ソウル・チャージ》地縛神2体以上を対象発動できますか?
A:はい、対象にでき特殊召喚できますが1体以外をすぐに破壊します。(16/11/09)

Q:フィールドモンスターがいない時、《ソウル・チャージ》壊獣2体以上を対象発動できますか?
A:はい、対象にでき特殊召喚できますが1体以外をすぐに破壊します。(16/11/09)

Q:《スキルドレイン》壊獣フィールドに存在する時、セットされた壊獣反転召喚できますか?
A:いいえ、反転召喚できません。(17/01/28)

Q:《スキルドレイン》壊獣フィールドに存在する時、《死者蘇生》墓地壊獣対象にできますか?
A:いいえ、対象にして発動する事自体できません。(17/01/28)

Q:《スキルドレイン》壊獣フィールドに存在する時、手札から壊獣特殊召喚できますか?
A:いいえ、特殊召喚できません。(17/01/26)

Q:自分フィールドに、《マジカルシルクハット》効果特殊召喚され《砂漠の光》によって表側守備表示になった《古代の機械蘇生》が存在する場合、自分魔法&罠ゾーン《古代の機械蘇生》カードの発動を行えますか?
A:いいえ、発動できません。(19/05/10)

広告