レアリティ

 一般的に「レアリティ」と言えば、珍しさや希少さを表す(いわゆる「レア度」)。

 しかし、遊戯王OCGで「レアリティ」と言った場合、単なるレア度ではなく「カードの加工の仕様」を指している場合が多い。
 あくまでも加工の仕様を指しているため、書籍付属カードのように入手しやすいウルトラレアなどもある。
 加工の仕様であることを強調するためか、公式でも「ウルトラレア仕様」といった呼び方をしている。

 一般的なレアリティは「ノーマル」「レア」「スーパーレア」「ウルトラレア」の4種類であるが、それ以外のレアリティも存在する。
 イメージ優先で命名し次々種類を増やしたため、稀少度の優劣が直感的に判り難い。

略号レアリティカード名イラスト備考
Normal/ノーマル通常通常加工なし
RRare/レア銀箔通常
SRSuper/スーパーレア通常ホイル加工
URUltra/ウルトラレア金箔ホイル加工V JUMP EDITIONではカード名が赤色
SESecret/シークレットレアダイヤモンドカット箔格子状のホイル加工Pharaonic Guardian −王家の守護者−《不死王リッチー》のみカード名が虹色
P+Parallel/パラレル仕様NormalRareSuperUltraSecretのそれぞれに準じた仕様カード全面がパラレル加工
ULUltimate/アルティメットレア金箔レリーフ加工属性レベルもレリーフ加工
HRHolographic/ホログラフィックレアダイヤモンドカット箔ホログラム加工
SEUl-Secret/ウルトラシークレットレアダイヤモンドカット箔ホイル加工
N-Rare/ノーマルレア通常通常外見はNormalと同じ
PN-Parallel/ノーマルパラレルレア通常通常カード全面がパラレル加工
GRGold/ゴールドレアダイヤモンドカット箔ホイル加工レベルカード枠等もホイル加工
CRCollectors/コレクターズレアホイル加工ホイル加工イラスト枠とテキスト欄以外すべてホイル加工

 ※上記のほか、公式データベースでは「KC仕様」にKC、「ミレニアム仕様」にM、「ゴールドシークレットレア」にGS、「エクストラシークレットレア」にESの略号が割り当てられている。
  パラレル仕様KC仕様がほかのレアリティと重複している場合は、P+HRパラレル仕様ホログラフィックレア)やKC+RKC仕様レア)といった形で表記される。

  • GoldSecretHolographic/Ghostの仕様は言語によって若干異なる。
    ここでは日本語版の仕様を記している。
  • 海外版ではデュエリストリーグ限定カードとして「Dark Blue Rare」・「Silver Blue Rare」・「Green Rare」・「Copper Rare」が存在する。
    いずれもカード名の着色がそれぞれ異なっているのが特徴。
    また、海外限定のレアリティとして、StarfoilMosaic・Platinum Rareが存在する。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作・アニメではレアリティの高さ≒強さと捉えるデュエリストも多い(詳しくはレアカードの欄を参照)。
    一例として生け贄召喚が必要になり効果モンスターが主軸を占めるようになってからも《ダイヤモンド・ドラゴン》等をレアカードとしてバトルシティに参加していた参加者がいる。
    近作ではデュエルが比較的現実寄りに近付いたのもあってか、あまり言及される事はなくなった。
    5D'sのチーム太陽やARC-Vの沢渡シンゴ等が近作で言及した者達である。
    ただし、キャラクターのエースカードや世界に1枚しかないカードはアニメ内ではレアリティの高いものが多く、完全に間違いとはいえない。
    またARC-Vのシンクロ次元ではレアカードが賄賂として横行しているが、やはりこちらでもレアリティのみで判断しているようで、あまりOCGにおいて使い道のないカードでも「レアカードだ」(この場合はRareという意味である)とわざわざレアリティを言ってまで喜んでいた。

レアリティの歴史

発売当初

 ノーマルレアスーパーレアウルトラレアの4種類。
 封入パターンは「レアカードなし(ノーマル5枚)」「レア1枚」「スーパーレア1枚」「ウルトラレア1枚」の4通り。

Vol.3

 ノーマルレアシークレットレアが登場。
 封入パターンに「シークレットレア1枚」が追加。

Vol.5

 パラレルレアが登場。
 封入パターンに「パラレルレア1枚」が追加。

Thousand Eyes Bible −千眼の魔術書−

 アルティメットレアが登場。
 封入パターンに「アルティメットレア1枚」が追加。

ファラオの遺産

 カードガチャにてノーマルパラレルレアが登場。

SOUL OF THE DUELIST

 ノーマルレアシークレットレアパラレルレアが廃止。
 スーパーレアアルティメットレア仕様が登場。
 この時点での封入パターンは「レア1枚」「レアスーパーレア1枚ずつ」「ウルトラレア1枚」「アルティメットレア1枚」の4通り。
 全てのパックに必ずレアカードが封入されるようになった。

ELEMENTAL ENERGY

 アルティメットレアに、イラスト全部がレリーフ加工されたカードが登場した。

ENEMY OF JUSTICE

 アルティメットレア全てが、イラスト全部がレリーフ加工されたカードになった。

デュエリストパック

 封入パターンは「レア1枚」「スーパーレア1枚」「ウルトラレア1枚」の3通り。

TACTICAL EVOLUTION

 ホログラフィックレアが登場し、ノーマルレアが復活。
 カードガチャ廃止に伴いノーマルパラレルレアが廃止。
 スーパーレアアルティメットレア仕様が廃止になり、アルティメットレアウルトラレアのみとなった。
 封入パターンはSOUL OF THE DUELIST時点の4通りに「ホログラフィックレア1枚」を加えた5パターンとなった。

CRIMSON CRISIS

 ホログラフィックレアの仕様が変更され、より立体的に見えるようになった。

GOLD SERIES

 ゴールドレアが登場。
 封入パターンは「ノーマル5枚、ゴールドレア2枚」。

DUELIST REVOLUTION

 レアアルティメットレアの仕様変更。
 レアカード名の銀押しが金色に、アルティメットレアテキストカード全体の枠までレリーフ加工が施されるようになった。

GOLD SERIES 2013

 ゴールドシークレットレアが登場。
 封入パターンは「ゴールドレア2枚」「ゴールドレアゴールドシークレットレア1枚ずつ」の2通り。

EXTRA PACK −SWORD OF KNIGHTS−

 エクストラシークレットレアが登場。

コレクターズパック−ZEXAL編−

 コレクターズレアが登場。

ザ・デュエリスト・アドベント

 アルティメットレアの仕様変更。
 イラスト部分のレリーフ加工が背景部分だけになった。

コレクターズパック−伝説の決闘者編−

 コレクターズレアの仕様が変更。
 輝きが控えめになり、イラストが鮮明に見えるようになった。

ザ・シークレット・オブ・エボリューション

 日本国内発売版にも、レギュラーパックのシークレットレアが復活した。
 スーパーレアウルトラレアのバージョン違いとして収録されている。

関連リンク

広告