王宮(おうきゅう)/Royal(Imperial)

 「王宮の」と名のついた罠カード群。
 《王宮の陥落》カウンター罠《王宮の重税》通常罠、それ以外は永続罠である。
 《王宮の重税》《王宮の鉄壁》《王宮の牢獄》以外のカードカードの効果特殊召喚等、何かを無効にする効果を持っている。

 《王宮の勅命》はその高い汎用性から現在禁止カードである。
 対になる《王宮のお触れ》は圧倒的な封じの能力を持ち、今でも採用率は高い。
 また、《王宮の弾圧》特殊召喚を多用するデッキへのメタカードとして重宝されていたが、様々なデッキで強力な使い方(自分だけデメリットを回避するなど)をされたためか禁止カードとなった。
 新しく登場した《王宮の鉄壁》除外を利用するデッキに対する強力なメタカードとなった。
 総じて見ると、一部のカードがかなり強力なジャンルである。

  • 原作・アニメにおいて―
    DM(アニメオリジナルストーリー)やGXでは《王宮のお触れ》《王宮の勅命》が度々使用されている(詳細は個別のページを参照)。
    • アニメ5D'sでは、イェーガーが「王宮」ではなく「宮廷」と付いたカードを使用している。
      イラスト《王宮の勅命》等のイラストに見られる人物が描かれている事から、既存の「王宮」シリーズと同じ舞台設定なのだろう。
      通常罠《宮廷のマナー》では、自身の座る玉座の前にいるモンスター3体(左から《ゴブリン突撃部隊》《暴鬼》《地獄戦士》)にハンマーを振りかざしている。
      《宮廷のしきたり》では、巻物に書かれた文章をひざまずく2人の男性に読み上げている。
      さらには、このデュエルでイェーガーの使用した永続罠《レイト・ペナルティ》にも登場しており、自身の座る玉座から指を指し、訪問者3人に文句を言う様子が描かれている。
      《宮廷のマナー》と《レイト・ペナルティ》のイラストでは、玉座に座る王が巨大に描かれている。
      永続罠《宮廷の帳簿》では、ひざまずく男性に対して怒っているようだ。
      「ジャックvs紅蓮の悪魔のしもべ」戦において紅蓮の悪魔のしもべが使用した永続魔法《魔導戒厳令》もイラストから察するに同じ舞台設定のようだ。

関連リンク

―「王宮」シリーズと舞台設定が同じカード

―その他のリンク

広告