絵札の三銃士

 《キングス・ナイト》《クィーンズ・ナイト》《ジャックス・ナイト》の総称。
 全て光属性戦士族であるため、活用できるサポートカードは多い。
 《アルカナ ナイトジョーカー》融合素材でもある。

  • 「三銃士」とあるが、該当モンスターは剣士である。
    名前の元となる有名なフランスの小説『三銃士』も銃撃戦より斬り合いがメインとなっている。
    「三銃士」は「切っても切れない友情」を表現するのに使われることがある。
  • 原作・アニメにおいて―
    闇遊戯が「バトルシティ編」から使用し始めたモンスター群。
    バトルシティ編ではその高速召喚能力を遺憾なく発揮し、《オシリスの天空竜》を見事にサポートした。
    アニメオリジナルの「ドーマ編」「KCグランプリ編」でも主力として使われている。
    「KCグランプリ編」では魔法カード《ロイヤル・ストレート》により3体を生け贄に捧げることで特殊召喚できるモンスター《ロイヤル・ストレート・スラッシャー》が登場した(いずれも未OCG化である)。
    アニメ版「遊戯vsアテム」戦では、遊戯の速攻魔法《時の飛躍−ターン・ジャンプ−》を逆手に取り、永続罠《召喚時計》によって3体揃えられた。
    アニメで闇遊戯はこの呼び方を使用せず、「vs闇マリク」戦で「絵札の三剣士」、「vsラフェール」(2戦目)で「ナイト達」と呼称したのみである。
    またアニメではタイトルに「三騎士」と書かれていたが、本編ではこの呼称は使用されず劇場版『光のピラミッド』で使用された。
  • アニメGXにおいては、異世界編で亮とエドが覇王に対抗すべく連れて来た援軍の中に居た。
  • アニメZEXALでは「遊馬vs六十郎」(2戦目)において六十郎が使用し、R同様「絵札の三剣士」と表現された。

関連リンク

―その他のリンク

広告