禁止カード/Forbidden Cards

 基本的に、デッキエクストラデッキサイドデッキを含む)に入れる事のできる同名カードの枚数は合計3枚までですが、公式大会などで行われる公式のデュエルでは、その大会形式によって「リミットレギュレーション」と呼ばれるルールが設定されており、デッキに入れる事のできるカードの枚数が制限される事があります。
 制限には3種類あり、3種類の枠の中に設定されたカードデッキに入れる事ができる同名カードの最大枚数が設定されています。

 [禁止カード]
 設定されているカードは1枚も使用する事ができません。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0 より引用)


 04/03/01制限改訂に施行されて以来、多くのパワーカードが禁止カードに指定されている。
 特に苦情や批判の対象になりやすい「先攻1ターンキル」や「ループコンボ」の関連カードには厳しい対応が行われる。
 最近では、ほとんどのデッキに投入され、デッキの多様性を損なう汎用性の高いカードが指定される傾向も強い。

 導入後の半年ごとに制限改訂が行われていた期間には、09/03/0110/03/01の2回を除き、その数を増やし続けた。
 リミットレギュレーションが導入されてからは、期間が短くなったこともあり、数が増えない制限改訂も見られるようになり、コンセプトデュエルや特定の公式大会で限定的に禁止カードになるカードも出てきた。
 しかし、環境の変化により、徐々に解除したり、大幅エラッタをして解除したりすることも多い。

  • 制定されて以降、現在まで禁止カードに指定され続けているカードは以下の2枚。
  • 上記の通り「コストがないorコストが少ない割に効果が強すぎる」「1ターンに1度がない」「ゲームバランスが崩壊する」等で調整ミスの結果禁止カードになったものがほとんどである。
    このようなカードが現役の時は、当然環境でも必須カードになっている場合も多く、ユーザーにも嫌われるカードも多い。
    ただ、中には登場当初は大したことがなくても、環境の変化によって凶悪化した結果禁止カードになるものも存在する。
  • 小学3年生以下をターゲットにしたイベント「はじめて対戦会」では禁止カードの使用が認められている。
    また、2012年10月より「公認カジュアル大会」において、禁止カードを1枚だけデッキに入れられる「禁止カード1枚追加デュエル」が開催される。
    また「公認カジュアル大会」内の「禁止カード1枚追加デュエル」開催に併せてか、2013年3月号のVジャンプ誌面上及びVジャンプWEB内にてトス之助vsジョークによる「禁止カード1枚追加デュエル」が行われた。
  • アニメ5D'sでは、セキュリティ隊員のみが使用可能な「ポリスモンスター」や、デュエルアカデミア教師のみが使用可能な「ビンテージモンスター」が存在する等、禁止カードとは少々違う「使用制限」ルールがある。
  • アニメARC-Vでは、ギャラガーが自身のデッキを「泣く子も黙る禁止カード満載の超極悪スーパーゴージャスウルトラレアデッキ」と言っていた。
    なお、そのデッキでデュエルする前にデュエルチェイサー227を中心とした元セキュリティ軍団から鉄拳制裁を受けるというなんとも意味深な描写が見られた。
  • アニメGXでは、カードプールが狭かったからかOCGで禁止カードとなったカードであっても長らく使用されていたものも多かった。
    アニメARC-Vでは、エクシーズ次元編における「遊矢&黒咲vsグロリア&グレース」戦における《EMモンキーボード》の登場を皮切りに放送以前に禁止カードに指定されたカードが幾度となく本編に登場している。
    いずれの場合も効果を使用されたわけでもなく、にされていたり、特殊召喚の素材にされたりなど目立った活躍はしていないものの、禁止カード指定後の放送で使用されるのは近年では非常に珍しいケースである。
  • OCGにおける禁止カードとは少々意味合いが異なるが、デュエルディスクが認識さえすれば基本的にどんなカードを使ってもいいらしく、世界に1枚しかないカードや作り出したカードであっても問題なくデュエルが続行されている。
    アニメARC-Vでは「遊矢vsストロング石島」戦で手札に戻されたカードが書き換えられて再びフィールドに出された際、(ペンデュラム召喚を含め)怪しんでいたが、「システム上エラーは出ていない」と言われた際に即座に納得していた。
    一方でアニメDMにおいては、ジークが公式大会使用不可カードであるフィールド魔法《シュトロームベルクの金の城》を大会主催者側のサーバーに侵入して使用可能にしているシーンも見られる。
  • コナミのゲーム作品において―
    2004年以前は発売時点の制限リストをコピーするだけだったのだが、04/03/01制限改訂で禁止カードが設けられて以降は、様々な工夫が行われている。
    ゲーム内の時間を切り替えることでリストがオリジナルのものに更新されたり、発売時点までのリストを使用できるようにする等していたが、昨今では、「発売時点のリストを再現し、ゲームが進行すると全禁止カードの中からデッキに1枚だけ入れられるようになる」という方式をとっている。
  • TAG FORCEシリーズにおいては、《賢者の石−サバティエル》・《幻魔の扉》・《狂戦士の魂》の様に始めから禁止カードに指定されたオリジナルカードが登場している。
    さらに同シリーズでは2以降からプレイヤーが禁止カードを入れるとコンピューターのデッキが変わる(通称禁止デッキ)システムをとっている。
    2ではプレイヤー同様の禁止カードを1枚入れたデッキだったが、3以降は制限準制限カードも含めリストを大幅に無視するキャラクターも存在し、禁止カードを3枚積みしているケースもある。
    2では相手も禁止カードを1枚入れたデッキだったが、3では禁止・制限・準制限を合計3枚無視している(タニヤなど一部のキャラクターを除く)。
    さらに4では数は決まってないと大幅にエスカレートし、たとえばジャックの場合はなんと合計14枚も無視しているうえ、禁止カードの3枚積みも4種類ある。
    また、5・6では《ツンドラの大蠍》のみが禁止カードとなっている事実上の禁止・制限カードの全解除リストをダウンロードする事ができる。
    禁止カードが1枚だけ指定されているのは上記の禁止デッキとの対戦条件を満たせなくなるからと思われる。
    SPではプレイヤーのデッキ内容に関係なく難易度設定を最高の「デュエルチャンピオン」に切り替えることでリストを無視したデッキ相手が使用してくるという方式に変更され、ダウンロードではなくゲーム中で一定の条件を満たすことであらゆるカード無制限カード扱いにするリストが解禁されるようになっている。
  • ゲーム作品で世界大会などを行う場合、OCGの裁定と食い違っていたりバグが存在したりするカードが大会の際に禁止カードとされることがある。
  • 遊戯王オンラインDUEL ACCELERATORにも独自の禁止・制限リストが存在したが、一方で一切の禁止・制限カードがない「Unlimited」という状態でのデッキ構築が可能であった。
    無論通常のデュエルでは使用できないが、ある一定回数勝利したCPUキャラを相手に、または相手との合意があった場合のみ使用できた。

関連リンク

広告