三邪神/The Wicked

 書籍付属カードで登場した「邪神」の名を冠する3体のモンスターの総称。
 いずれもレベル10・闇属性悪魔族であり、以下の共通する召喚制限を持つ。

このカードは特殊召喚できない。
自分フィールドのモンスター3体をリリースした場合のみ通常召喚できる。

 アドバンス召喚となるので、《ダブルコストン》《冥界の宝札》《クロス・ソウル》を使うことは可能。
 ただしテキストの制約上、《死皇帝の陵墓》では召喚できない。
 また、《レベル変換実験室》《スター・ブラスト》等でレベルを操作したとしても、3体のリリースが必要である。
 通常召喚には、裏側守備表示でのセットも含まれるため、アドバンスセットも可能という点が、似たような召喚制限を持つ三幻神とは違うので注意が必要である。

 特徴として、モンスターとの戦闘では無比の強さを持ち、フィールド全てに影響を及ぼす効果を持つ。
 3体全てが他の2神を倒す事ができる能力を持っているが、どれも癖のある効果ばかりで、扱いが難しい。

  • 原作・アニメにおいて―
    遊戯王Rで登場。
    「邪神獣」と呼称されるもう一組の神のカードであり、三幻神と対を成す存在。
    強大な神のカードが暴走した際、それを抑止する神としてペガサス・J・クロフォードがデザインしたカードである。
    しかし、三幻神に匹敵する絶大な力を持った結果呪われ、邪悪な意思を内包する凶気の神と成り果ててしまった。
    それを危惧したペガサスはこの神の創造を躊躇い、カードとして世に出されることはなかったという経緯を持つ。
    その後、R・A(リバースオブアバター)計画に必要な強大な超神秘エネルギーを得る為、天馬夜行の手によりカード化され、Rのストーリーの中心を担うことになる。
  • 「凶つ神」と称されるように、作中では所有者に多大な負の影響を及ぼしている。
    三邪神をカード化した天馬夜行は、呪われた邪神の意思によりR・A(リバースオブアバター)という狂気の計画に傾倒していったと語られている。
    邪神の力により復活したとされるキース・ハワードについても、邪神に魅入られたことで憎悪の感情が増幅され、邪神が墓地に送られた際は死の瀬戸際まで追い込まれていた。
    また両者には、精神的に不安定になる、一人称が変化する、狂気染みた言動を取るなどの影響が見られた。
  • ゲーム「遊戯王DM8〜破滅の大邪神〜」のストーリーに於いて《大邪神 レシェフ》にペガサスが操られて天馬太陽を名乗っているので、天馬月行・夜行の兄弟及び三邪神はこれをモチーフとして生まれたものと思われる。
  • コナミのゲーム作品において―
    WORLD CHAMPIONSHIPシリーズでは、召喚時に専用の3Dアニメーションがあり、召喚成功によるボーナスポイントが個別にもらえるほか、3体のいずれかが戦闘によってダメージを与えて勝利した場合にも「邪神勝利」というボーナスが発生する。

関連リンク

―三邪神

―その他の邪神

―その他のリンク

広告