使い道がほとんどない、あるいはまともに機能しないカードの俗称。
 「カードではないただの紙」という蔑称である。

 基本的に「明らかな上位互換が存在するような性能が低いカード」を指す。
 使い道に乏しくデッキ構築の段階から採用しづらいカードである。
 同じ意味で「ゴミカード」や「産廃」という俗称もあるが、より悪意のある蔑称である。
 その様なカードが採用されていたからといって、もちろん相手に対して発して良い言葉ではない。

 もしくはプレイ中に、召喚条件発動条件を満たせていなかったり、カードの効果により召喚発動を封じられている、いわゆる「死に札」となっている状態のカードのことも指す。
 こうした場合は「紙」とは言わず、「腐る」と言うことが多い。
 (有用なカードではあるが、デュエル中の状況により一時的に使えないカードとなっている)

 「紙」の例には以下のようなものが挙げられる。

 カードをあまり持たない初心者のプレイヤーが、デッキ枚数の下限である40枚を埋めるために仕方なく上記のようなカードを採用することはよくある光景である。
 その場合、まずはストラクチャーデッキ等で汎用性の高いカードを揃えていきたい。

 全くの初心者が構築したデッキにありがちだが、コンセプトが明確に定まらず、まともに回らないデッキを「紙束」と表現することがある。
 シナジーを全く考えずにカードを選んだデッキなど、デッキと呼ぶにはあまりにお粗末な場合に使用される。

  • 原作・アニメにおいて―
    弱いカード(あるいはそう見えるカード)を「クズ」「ゴミ」等と批判するキャラはシリーズを通して多く登場している。
    そしてその殆どは主人公などの味方サイドによって痛い目を見るというのは一種のお約束となっている。
    印象的なものでは、使えないと捨てられたカードのみでデッキを構築し、レアカードのみで構築されたデッキに勝利したアニメGXの万丈目などが挙げられる。
  • 作画を埋める目的で描かれ使用されていないカードシナジーや実用度を完全に無視した紙であることが多い。
    例を挙げると、アニメ5D'sのライディングデュエルは通常の魔法カードが使えないのに《光の護封剣》などが登場している。
  • ストーリーの都合上、紙をデッキに投入せざるを得ないケースも存在する。
    寄せ集めのカードで40枚を調達したアニメGXの「十代vsエド」(1戦目)のエドや、アニメ5D'sの「遊星vs鷹須」戦の遊星が該当する。
  • アニメARC-Vの沢渡は事前にわざわざ「クズカード」と称した弱いカードを集めて遊矢に投げつけるという手の込んだ嫌がらせをしている。
    しかしその中に混ぜ込んだ《ブロック・スパイダー》を直後のデュエルで使用されて手痛いしっぺ返しを食らっている。
  • アニメVRAINSの遊作はPlaymakerとしての正体を隠すため普段はダミーデッキを持ち歩いているのだが、その内容は島が「お粗末なデッキだ」と思わず嘲笑してしまうほど弱いカードで組まれていた。
    ただ遊作自身が「いいさ、本当のことだ」と発言しているので、どうやら意図的に弱いカードを集めてダミーデッキを構築したようだ。

関連リンク

広告