自壊

 特定のカードが持つ効果効果外テキストなどによって、そのカード自身(または関連した他のカードを含む)を破壊/墓地へ送る/除外/バウンスすること。(非公式用語)
 「〜する」、「〜効果」、「〜能力」、「〜デメリット」等と使われる。

 自壊することはボード・アドバンテージの損失であるため、本来はデメリットの一つに数えられる。
 ただデメリットを持つカードの多くがそうであるように、自壊効果を持つカードには強力な攻撃力、または高い汎用性メリット効果を持つカードも多い。

 自壊は戦術として利用することも可能である。
 自壊することによって能動的に発動条件を満たせる機皇帝などはその代表格。
 《リミット・リバース》は、上位互換カード無制限カードでありながら「任意的な破壊も可能」としてその価値を認められている。

  • 原作・アニメにおいて―
    原作最初のデュエル「闇遊戯vs海馬」において、海馬の使用する双六から奪った《青眼の白竜》(当時は“龍”ではなく“竜”)が、心がないとして召喚後に消滅している。

関連カード

 以下の一覧は、「装備対象不在または不適切化による自壊」を除く。
 特に記述のないものは破壊により自壊する。

効果外テキストによって自壊する効果モンスター

チェーンブロックを作らずに自壊する

カードの効果によって自壊する効果モンスター

チェーンブロックを作らずに自壊する

チェーンブロックを作り自壊する

他のカードを道連れ・時差破壊する効果を持つ効果モンスター

チェーンブロックを作らずに自壊する

効果外テキストによって自壊する効果を持つ魔法カード

カードの効果によって自壊する効果を持つ魔法カード

他のカードを道連れ・時差破壊する効果を持つ魔法カード

相互破壊関係の効果を持つ魔法カード

効果外テキストによって自壊する効果を持つ罠カード

カードの効果によって自壊する効果を持つ罠カード

他のカードを道連れ・時差破壊する効果を持つ罠カード

相互破壊関係の効果を持つ罠カード

関連リンク

FAQ

Q:《幻影霧剣》の(1)の効果対象にしたモンスター《サクリファイス》装備カードとなりました。
  《幻影霧剣》はどうなりますか?
A:対象としたモンスターフィールドを離れていないため、破壊されずフィールドに残り続けます。
  その後で装備カードとなったカード破壊されても、「そのモンスターフィールドから離れた時」に該当しないため《幻影霧剣》はその後もフィールドに残り続けます。(17/05/11)

広告