手札コスト

 手札を消費するコストのこと。
 残りライフポイントが少ない状態でも使えるメリットはあるものの、遊戯王OCGにおいては他の同種カードゲームに比べてライフコストより重い事が多い。
 なぜなら、1枚以上のカード・アドバンテージを得られるカード禁止・制限カードになっていたり発動条件が厳しいことが多いため、簡単に手札が増えないからである。

 しかし、手札コストを払うことで墓地を肥やすことが出来るのは大きな利点である。
 魔法・罠カードの場合はともかく、普通に手札モンスター墓地へ送るには一度召喚してから破壊されるのを待つことが必要なのに対し、手札コストならば直接墓地へ送ることが出来る。
 デュエルが高速化するにつれてこのメリットの重要性が増していき、手札コストを用いるカードの使用率は大幅に増加することとなった。
 墓地効果発動するカード蘇生が容易なモンスター墓地へ送れば、ディスアドバンテージは十分取り戻せる。
 また、手札腐っているカードを有効利用できるのも手札コストの特徴である。
 状況にそぐわないカードにも利用価値を生みだすことができ、またそのようなカードが全くない状況は滅多にない。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメDMでは「俺の手札は無い」と言って手札コストを払わずに効果を使用する場面がしばしば見られた。
    OCGではこのような場合は発動そのものが出来ないので注意したい。
  • アニメZEXALの決闘庵の教えでは、モンスターカード捨てるのは好ましくないらしい。
    しかし、遊馬を含めた多くの登場人物は手札コストにモンスターカードを使用することが多々あった。
    これに限らず、シリーズ全体を通してモンスターや愛用カードコストにすることを(直接的または間接的に)ネガティブに描写するシーンは多い。
  • アニメARC-Vのアクションデュエルでは手札をアクションカードで稼ぎやすいためか、手札コストを要求するカードの登場頻度がやや高い。
    カードそのものを使わずともアクションカードの取り合いを描写できるため、演出の都合が良いのだろう。
    また、アニメオリジナルカードでも装備魔法《魔星剣》など、魔法カードコストにするカードが多い傾向にある。
    特に月影は永続魔法《幻影忍法−朧手裏剣》・永続罠《幻影忍法−朧ガマ》とアクションカードを手札コストとした戦術を中心にしている。
    • 第1話の「遊矢vsストロング石島」戦では、《ワンダー・バルーン》の手札コストをアクションカードで全て賄い、遊矢自身の手札を消費しない戦法に観客が驚いている描写がある。
      しかし後の話では上記と同様の戦法に対して特に目立った反応は無いのだが、第1話の時点ではまだそのような戦法が確立していなかったのだろうか?

関連カード

コストとして「手札捨てる」「手札墓地へ捨てる」「手札墓地へ送る」「手札除外する」カード一覧は、それぞれ「捨てる」「墓地へ捨てる」「墓地へ送る」「除外」参照。

―手札コストとして使われた時に何らかのアドバンテージを生み出すカード

関連リンク

FAQ

Q:《クイック・シンクロン》《ライトニング・ボルテックス》等は《水精鱗−ディニクアビス》《ディープ・スペース・クルーザー・ナイン》等とは違い「このカード以外」と書かれていませんが自身をコストにできますか?
A:できません。(13/11/16)

広告