手札交換

 事前動作及び事後動作で手札を失うドローサーチサルベージ効果のこと。
 手札を増やして減らす、もしくは減らして増やすので手札にあるカードが入れ替わるという意味で「交換」である。
 《エクスチェンジ》のように自分相手手札を入れ替えるなどという意味ではない。

 手札を失う場合、「(墓地に)捨てる」「墓地へ送る」「デッキ戻す」「除外する」の4つに分かれる。
 デッキ圧縮墓地肥やしが同時に行えるものもあり、《メタモルポット》《天使の施し》《手札抹殺》等が代表例。

  • 原作・アニメにおいて―
    ピンチからの一転攻勢を描きやすいためか、アニメでは使用頻度が高い傾向にある。
    特にアニメDMでは手札が状況に即しないカードであり、《天使の施し》《手札抹殺》などでそれらが捨てられ、逆転のカードが来るといった描写も多かった。
    GXからは、蘇生墓地での効果といったものに繋げるための利用も多くなっている。
    一方で、カードデッキに戻しての手札交換は、もともと引きが良いデュエリストが多いのもあってか使用されることは少ない。
    ただし、エドの《リロード》のように本気を出す描写に使われる例や、三沢の《リロード》ように相手の引きの強さに対抗して使われる例も存在する。

関連リンク

手札全体交換

手札等価交換(無表記は2:2交換)

手札一部交換

―その他のリンク

広告