上位互換

 「上位」とは高い順位のこと。
 また「互換」とは互いに取り替えがきくこと。
 つまり「上位互換」とは、互いに役割を同じにして(取り替えがききながら)、明らかに一方が勝る場合を言う。
 具体的には「同じ能力でありながら攻守が高い」とか、「攻守が同じでありながら特殊能力がある」等のこと。
 なお、「AはBの上位互換である」等として用いられる。
 (逆の場合は下位互換と表現する)

 例を挙げると《異次元の戦士》のそれが《異次元の女戦士》であり、《カオス・ソーサラー》のそれが《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》である。
 これらのように、ステータスで上回ったり、効果の使い勝手がよくなっていたり、更に効果が追加されている場合に用いられる。
 《希望の光》の上位互換が《転生の予言》というのが特に顕著な例で、カードの種類が同じ、墓地カード2枚をデッキ戻すという効果も同じである。
 しかし、《希望の光》が戻せるカードは全て《転生の予言》戻す事ができ、かつ《希望の光》が戻せないカードまで戻す事ができる。
 その他の比較例は下位互換ページを参照。

 上位互換になる条件は、以下のようなものが挙げられる。

  1. コストデメリットが軽減、または消滅した。
  2. 発動条件が緩くなった。
  3. 対象とするカードの幅が広くなった。
  4. 同じ効果を持ち、さらに+αが加わった。

 基本的には、上位互換(下位互換)は、同じ役割なのに汎用性で見ればこちらの方が高い(低い)、といったものであるという風に考えるべきであろう。

  • トレーディングカードゲームにおいて、新規のカードを売るために過去のカードを超えるものを出すというのは一つの方法である。
    これは「パワーインフレ」と呼ばれ、ロングシリーズとなっている他のトレーディングカードゲームでも程度の差はあれどたびたび起きることである。
    しかし、OCGにおいては、第1期の頃の通常モンスターは前のパックのものよりもステータスの高いものがすぐ後のパックに収録されることが多く、これが頻繁に起きていた。
    • 初期の頃は、原作漫画で扱ったカードのコレクションとしての要素やKONAMIが出した家庭用ゲーム版デュエルモンスターズの再現をするという要素が大きかったため、弱すぎるカードと強すぎるカードの両方を数多く生み出してしまった。
      現在では、初期の弱いカードの多くは絶版となり、初期の強力カードリミットレギュレーションによって規制され、デュエルでの使用が難しくなっている。
  • 初期の頃と比べて緩やかではあるが、現在でもモンスター攻撃力守備力効果の水準は上がり続けている。
    上位互換とはいかなくともより使い勝手の良いカードが登場することで、古いカードが使われなくなることも多い。
    ただし、レベル属性種族カテゴリなどで差別化できることも多く、完全な上位互換と言えるものは少ない。
    また、初期の頃の水準の低いカードを救済するサポートカードもたびたび登場しているので、古いカードでも活用法が生まれることもある。

関連リンク

広告