新エキスパートルール/New Expert Rules

 BEFORE:公式ルール/エキスパートルール
 NEXT:マスタールール

 第2期から第5期までの期間使用されていたルール。
 現在使用されているOCGのルールのほとんどは、この時期までに成立している。

エキスパートルールからの変更点

  • 1勝2分けでも勝利
    いままではトータルで1勝2分けだったデュエル引き分けとされていたが、新ルールでは1勝2分けでも勝ちとなった。

 (Booster R1付属ルールカードより引用)


 現行のプレイヤーには馴染みが薄いであろうルールのほとんどが廃止され、現在知られている遊戯王OCGのほとんどがこのルールによって成立している。
 禁止・制限カードの制度が取り入れられたのも、この頃である。

 この他、第2期冒頭にチェーンスペルスピードのシステムが導入され、ゲームとしての体裁が整えられた。
 《ならず者傭兵部隊》《落とし穴》の関係から優先権が、《暗黒魔族ギルファー・デーモン》《リーフ・フェアリー》からタイミングを逃すルールが周知されるようになるなど、プレイヤー側も戸惑いながらルールに徐々に慣れていった。

 2008年3月15日、マスタールールへの移行によりその役割を終えた。

関連リンク

広告