聖剣(せいけん)/Noble Arms

 EXTRA PACK −SWORD OF KNIGHTS−カテゴリ化した「聖剣」と名のついたカード群。
 属するカードの大半は装備魔法であり、装備魔法の「聖剣」は《女神の聖剣−エアトス》《聖剣 EX−カリバーン》を除いて以下の共通する効果を持つ。

戦士族モンスターにのみ装備可能。
このカード名の(Y)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(X):「聖剣〇〇」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(Y):フィールドの表側表示のこのカードが破壊され墓地へ送られた場合、
自分フィールドの戦士族の「聖騎士」モンスター1体を対象として発動できる。
その自分の戦士族の「聖騎士」モンスターにこのカードを装備する。

 破壊されても1ターンに1度だけ再度装備することができ、従来の装備魔法と比べてアドバンテージを失いにくくなっている。
 また、再装備の対象である聖騎士は聖剣をトリガーとするものが多く、中には聖剣を破壊して効果を使うものもいる。

  • 大多数の「聖剣」が、聖騎士と同様に「アーサー王伝説」をモチーフにしている。
    詳しくは各ページを参照。
  • 英語で「Noble」は「高潔な」「立派な」といった意味。
    「Arms」は「腕」などの意味もあるが、この場合は「武器」を指すのだろう。
  • 原作・アニメにおいて―
    Dチーム・ゼアルにおいて、内藤剣斗が聖騎士と共にこのカード群を使用している。
    劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』では遊戯が《エルフの聖剣士》を使用しているが、単に聖剣と付いているだけであり関わりはない。

関連リンク

―「聖剣」と名のついたモンスター

―「聖剣」と名のついた魔法・罠カード
 ※は「聖剣」に関する効果を持つ魔法・罠カード

―「聖剣」に関する効果を持つカード

―その他のリンク

FAQ

Q:墓地へ送られた場合の効果チェーンブロックを作り対象を指定する効果ですか?
A:はい、チェーンブロックが作られ、対象を指定します。(13/05/18)

Q:(上記の場合)効果処理時対象が不在となった場合、一度フィールドに出てから対象不在で破壊されますか?
  それともそもそもフィールドに出る事無く処理を終えますか?
A:フィールドに出る事無く処理を終えます。(13/05/22)

Q:ダメージステップ中に再装備する効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/06/06)

広告