誓約効果

 発動召喚の際にプレイヤーに課せられる誓約の事(非公式用語)。
 遊戯王カードデータベースでは「発動のための条件」と説明された事がある。
 その効果発動する前後を問わず、そのターンに特定の行為を行わない事を条件に発動が可能となる。
 効果外テキストであり、効果無効にした場合でも無視できない。
 第9期以降のテキストでは(1)の効果よりも前に書かれる事が多い。

  • 読みが同じ"制約"は『制限』に近い意味合いなので、『約束』に近い誓約とは趣が異なる。
    しかし、以下の通り現存する効果はほぼ全て特定の行為等を制限するものなので、事実上「制約効果」と言っても意味が通る。

関連カード

バトルフェイズ攻撃宣言を行えない

 発動ターンバトルフェイズ攻撃宣言を行えない。
 また、バトルフェイズ攻撃宣言を行っている場合は発動できない。

発動召喚ターン内に召喚反転召喚特殊召喚する事ができない

 発動ターン召喚反転召喚特殊召喚できない。
 また、それらの召喚行為を行っている場合は発動できない。
 ただしそのカード自身を特殊召喚する行為や、そのカードの効果による特殊召喚は含まれない。

発動ターンを含む数ターンの間、召喚特殊召喚する事ができない

ターンに1枚・1度しか発動使用できない

 「1ターンに1度」のページを参照。

そのターンに他の効果モンスターの効果を発動できない

そのターンに他の魔法を発動できない

そのターンに他の魔法・罠を発動できない

そのターンに魔法・罠をセットできない

そのターンに他の魔法・罠・効果モンスターの効果を発動できない

関連リンク

FAQ

Q:《迷える仔羊》チェーンして《終焉の焔》発動できますか?
A:《迷える仔羊》発動した時点でこの誓約効果が適用されるため、《終焉の焔》発動できません。(08/08/02)

Q:そのターンの間特殊召喚を行えなくなる誓約効果を持つカード発動したターンに、《未来融合−フューチャー・フュージョン》発動できますか?
A:できます。(11/02/27)

Q:《未来融合−フューチャー・フュージョン》効果特殊召喚を行うターン(つまり発動後2回目の自分ターン)に、そのターンの間特殊召喚を行えなくなる誓約効果を持つカード発動できますか?
A:できません。(11/02/27)

広告