誓約効果

 発動召喚の際にプレイヤーに課せられる誓約の事(非公式用語)。
 遊戯王カードデータベースでは「発動のための条件」と説明された事がある。



 その効果発動する前後を問わず、そのターンに特定の行為を行わない事を条件に発動特殊召喚が可能となる事を表す効果外テキスト
 用語に効果と付いているが効果ではなく効果外テキストである
 用語に効果と付いているのは、効果効果外テキストの区別がはっきりしていない黎明期に、「遊戯王エキスパートルールHP」で使用された用語を当wikiでも用いているためである。
 そのため厳密にはこの用語の名称は間違いであり、勘違いを起こしやすいので使用には注意が必要である。
 発動前後で満たし続ける必要のある発動条件と置きかえると理解しやすいだろう。

 第9期以降のテキストでは、そのカードの持つ全ての効果に同じ誓約を課せられる場合、(1)の効果よりも前に書かれる事が多い。
 複数の効果を持ち、その内一部の効果にのみ課せられる場合は、課せられる効果テキストの末尾に記されている。

  • 読みが同じ"制約"は『制限』に近い意味合いなので、『約束』に近い誓約とは趣が異なる。
    しかし、以下の通り現存する効果はほぼ全て特定の行為等を制限するものなので、事実上「制約効果」と言っても意味が通る。

関連カード

バトルフェイズを行えない

 発動ターンバトルフェイズを行えない。
 また、バトルフェイズを行っている場合は発動できない。

攻撃宣言を行えない

 発動ターン攻撃宣言を行えない。
 また、攻撃宣言を行っている場合は発動できない。

―自身が攻撃宣言を行えない

―特定モンスター攻撃宣言を行えない

直接攻撃を行えない

戦闘を行えない

発動召喚ターン内に召喚反転召喚特殊召喚する事ができない

 発動ターン召喚反転召喚特殊召喚できない。
 また、それらの召喚行為を行っている場合は発動できない。
 ただしそのカード自身を特殊召喚する行為や、そのカードの効果による特殊召喚は含まれない。

召喚反転召喚特殊召喚ができない

通常召喚ができない

通常召喚特殊召喚ができない

召喚特殊召喚ができない

―全ての特殊召喚ができない
※自身の効果による特殊召喚は可能

エクストラデッキからの特殊召喚ができない

―その他一部の特殊召喚ができない

発動ターンを含む数ターンの間、召喚特殊召喚する事ができない

そのターンに他の効果モンスター効果発動できない

そのターンに他の魔法発動できない

そのターンに他の魔法発動できない

そのターン魔法セットできない

そのターンに他の魔法効果モンスター効果発動できない

関連リンク

FAQ

Q:《迷える仔羊》チェーンして《終焉の焔》発動できますか?
A:《迷える仔羊》発動した時点でこの誓約効果が適用されるため、《終焉の焔》発動できません。(08/08/02)

Q:そのターンの間特殊召喚を行えなくなる誓約効果を持つカード発動したターンに、《未来融合−フューチャー・フュージョン》発動できますか?
A:できます。(11/02/27)

Q:《未来融合−フューチャー・フュージョン》効果特殊召喚を行うターン(つまり発動後2回目の自分ターン)に、そのターンの間特殊召喚を行えなくなる誓約効果を持つカード発動できますか?
A:できません。(11/02/27)

Q:《浅すぎた墓穴》自分相手がそれぞれ特殊召喚する扱いという事ですが、自分《浅すぎた墓穴》発動した場合、相手はそれ以降《スケープ・ゴート》をそのターン発動できなくなりますか?
A:はい、そのターン相手《スケープ・ゴート》発動できません。(19/10/21)

広告