草案提出ページ

議論板に提出する完成したページ草案を提出する専用のページです。
編集テストページと違い、完成した草案のみを提出してください。
編集テストページの役割を引き継いだページと認識して頂ければ問題ありません。

利用規約

 草案ページは基本的には発議者以外は編集禁止である。
 ただし、細かい部分の修正については発議者が編集を許可してもよい。
 その場合は編集前の文章をコメントアウトで残すことを必須とする。
 また、編集を行った旨をスレッドに記載すること。
 編集を許可した場合に発生した問題は草案提出者の自己責任とする。
 草案は放置した場合、最終更新日(なければ草案作成日)から1か月で削除される。


HERO(ヒーロー)

デッキの概要

 E・HEROD−HEROE−HEROM・HEROV・HEROを組み合わせたビートダウンデッキ
 複数のカテゴリを扱うが、どれも終着点は融合モンスターを中心としたビートダウンとなる。

《E・HERO エアーマン/Elemental Hero Stratos》
効果モンスター
星4/風属性/戦士族/攻1800/守 300
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカード以外の自分フィールドの
「HERO」モンスターの数まで、
フィールドの魔法・罠カードを選んで破壊する。
●デッキから「HERO」モンスター1体を手札に加える。
《E・HERO シャドー・ミスト/Elemental HERO Shadow Mist》
効果モンスター(準制限カード)
星4/闇属性/戦士族/攻1000/守1500
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「チェンジ」速攻魔法カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「E・HERO シャドー・ミスト」以外の「HERO」モンスター1体を手札に加える。
《E・HERO オネスティ・ネオス/Elemental HERO Honest Neos》
効果モンスター
星7/光属性/戦士族/攻2500/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
相手ターンでも発動できる。
(1):このカードを手札から捨て、フィールドの「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで2500アップする。
(2):手札から「HERO」モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、捨てたモンスターの攻撃力分アップする。
《V・HERO ヴァイオン/Vision HERO Vyon》
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1000/守1200
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「HERO」モンスター1体を墓地へ送る。
(2):1ターンに1度、自分の墓地から「HERO」モンスター1体を除外して発動できる。
デッキから「融合」1枚を手札に加える。

デッキ構築に際して

 HEROは非常に数が多く、それゆえに取捨選択は重要となる。
 ここではHEROに関する効果を持つものをメインに挙げていくが、HEROに関していない、またはカテゴリに特化した効果を持つモンスターでも汎用性が高いものは紹介する。

メインデッキモンスターについて

HERO

HERO以外のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

 大多数が融合モンスターで構成されるが、当然ながら融合素材はバラバラである。
 どのカテゴリの割合が高いかを確認し、自分デッキにあったエクストラデッキを構成したい。

HERO

―それ以外

魔法・罠カードについて

 融合召喚をサポートするカードカテゴリをサポートするカードで大別される。
融合召喚に関連したカード

HEROをサポートする魔法・罠カード

―その他の魔法・罠カード

戦術

 序盤は《E・HERO エアーマン》《E・HERO シャドー・ミスト》《V・HERO ヴァイオン》を使って手札墓地を整える。
 準備が整い次第《D−HERO ディアボリックガイ》《E−HERO シニスター・ネクロム》《E・HERO リキッドマン》で展開を始め、リンク召喚融合召喚を行いビートダウンを始める。

 戦闘補佐には《E・HERO Great TORNADO》《V・HERO アドレイション》全体除去には《E・HERO アブソルートZero》《E−HERO マリシャス・ベイン》、妨害手段には《M・HERO ダーク・ロウ》と豊富な動きができるデッキなので、相手によって対応を変えやすいことが強みとなる。
 優れた展開能力からの1ターンキルも得意なのでら特化させた動きに変えていくのもいい。

デッキの種類

【E・HERO】

融合素材サーチして展開する融合召喚を行うデッキ
詳細はリンク先を参照。

【D−HERO】

墓地利用を行い、大型モンスターを呼び出すデッキ
詳細はリンク先を参照。

【E−HERO】

他のHEROと異なり、悪魔族を主軸とする融合召喚デッキ
詳細はリンク先を参照。

【V・HERO】

永続罠となるV・HEROを利用して展開する一風変わった融合召喚デッキ
詳細はリンク先を参照。

【M・HERO】

チェンジ速攻魔法によりM・HEROに変身して戦う【E・HEROビート】の派生デッキ
詳細はリンク先を参照。

このデッキの弱点

 基本の動きに特殊召喚墓地肥やしが入るので、それらのメタカードには弱い。
 また、魔法カードによる融合召喚が大型モンスターを呼び出す方法なので、それらを封じるカードも天敵となる。

 幸い、メタ効果を持つモンスター下級モンスターでも《E・HERO オネスティ・ネオス》を使えば突破できないことも無い。
 問題はそれらすら封じる《魔鍾洞》の存在であり、除去の多くをモンスター効果に頼り、融合召喚カードを入れているこのデッキでは魔法・罠除去にまでデッキスペースを回す余裕はない。
 そのためサイドデッキ魔法・罠除去に力を入れておくとよい。
 《魔鍾洞》ほどではないが《スキルドレイン》も苦手であり、こちらもいつ遭遇してもいいように対策を練っておきたい。

 全デッキの中でもトップクラスのサーチ力を持つので《灰流うらら》《手違い》も厳しい。
 《灰流うらら》《M・HERO ダーク・ロウ》を立てれば無力化できるので、極端に相性が悪いわけではない。

代表的なカード

関連リンク

広告