賭けカード

 ジャンケンをして先攻後攻を決めます。
 その後、お互いデッキの一番上のカードを取り、デュエルフィールドとは別の場所に置いてください。
 これを賭けカードとします。
 デュエルの勝者はこのカードを手に入れることができます。

STARTER BOX付録 公式ルールブック P12より引用)

 デュエルの勝利者は相手の賭けカードを手に入れられます。
 ただし、デュエルを始める前に、お互いに了承した上で行ってください。

 デュエルに勝利して手に入れた賭けカードは、そのマッチで使用することができません。

 (同じくP8より引用)

 また、賭けカードを取られて、対戦で使用するデッキが40枚より少なくなってしまった場合も、サイドデッキからカードを補充することができます。

 (同じくP9より引用)


 遊戯王OCGのごく初期にのみ存在したルール。
 デュエルの勝者は敗者のカードを1枚入手できるという、今日の常識では考えがたいルールである。
 しかも恐るべき事に、当時のルールブックにはカードを賭けてデュエルするのが一般的なルールであるかの様に記されている。
 上記の引用部分からも「賭けカードを決める」事が「先攻後攻を決める」事と同程度に当然のこととして記載されている事がわかるだろう。

 当然ながら高額なカードが選ばれてしまうとトラブルの元となる上、敗者はどんどんカードを奪われてしまうのでデュエルするほどにデッキの戦力が失われるという悪循環に陥る。
 今日まで社会問題として続いている「いじめ」を助長しかねないこともあり、第2期には賭けカードに関する記述はルールブックから姿を消した。
 なおカードを賭けてデュエルする行為は、日本の法律では賭博罪に問われる可能性があるため、くれぐれも行わないこと。

  • 第1期末期のEXに付属している「公式ルールブック・第3版」には賭けカードに関する解説があるため、この頃まではルールとして存続していたことが分かる。
    その後Magic Ruler −魔法の支配者−発売直後に刊行された「ザ・ヴァリュアブル・ブック2」には賭けカードの存在は記されていないことから、第2期への移行と同時かその前後にルールから削除されたようだ。
  • 同様の使い方が推奨されていたグッズとしてスターチップがある。
    こちらは賭けカードよりはトラブルを起こしにくいためか、第2期までは販売されていた。
  • 原作で初めて「マジック&ウィザーズ」が登場した際、互いに1枚ずつカードを賭け、負けると取られることがトレーディングカードゲームのルールであるように語られている。
  • アニメ・漫画ZEXALのNo.所有者同士のデュエルでは、原則として敗者は勝者に所有するNo.を奪われることになっていた。
    このため、No.自体が一種の賭けカードの側面を持っていたともいえる。

関連リンク

広告