媒体

 ウイルスカードコストとしてリリースするモンスターを指す俗称。
 「《クリッター》を媒体にして《死のデッキ破壊ウイルス》発動する」「《クリッター》《死のデッキ破壊ウイルス》の媒体になる」等と使われる。
 また、その際にリリースすることを「媒体にする」とも言う。

 エラッタ前の《死のデッキ破壊ウイルス》が猛威を奮っていた時代には、プレイヤー間でもよく使われた言葉である。
 その後はウイルスの種類も増えたが採用はデッキ環境に依るところが大きく、また「コスト」という一般的な言われ方をする事も増えた。
 現在では一部の古参デュエリストが好んで使う程度となっている。

  • 媒体とは、病気などの感染元となる動物や虫のことを指す。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作の《死のデッキ破壊ウイルス》テキストがこの用語の由来である。
    闇属性で攻撃力1000以下の生贄を媒体にウイルスカードは発動する。
    相手の手札・及びデッキ内の攻撃力1500以上のしもべは全て死滅する。

関連リンク

広告