縛り

 対象コスト・素材となるカードの種類が限定されていることを指す。
 そのような指定のあるカードを「縛りのあるカード」という。
 また、後述の「縛りプレイ」の略称としても使われる。

 縛りのあるカードは、縛りのないカードより効果を使用できる場面が少なく、採用するデッキは限られる。
 しかし、縛りのないカードよりも強力な効果を持つことが多く、対象が限定されるというデメリットに見合ったカードも多い。
 また、《増援》等、縛りの対象となるカードの種類が多く、あまり気にならないカードも存在する。

  • TCGに限らず、ゲームには「縛りプレイ」という概念がある。
    これはプレイヤーが自らにハンデを課す行為である。
    遊戯王OCGでは「戦略上の意図もないのに、特定のカードを採用しないこと」が該当し、デザイナーズデッキを使用する事とは異なる。
    なお、上記の他に「(ネタデッキなどで)特定のカードしか採用しない」という真逆の行為を意味する場合もあるので注意したい。
    • 公式に運営されている「コンセプトデュエル」もある種の縛りプレイである。
      実際、特定のカードを強制的に採用しなければならなかったり、必須カードが使用禁止になっていたりしている。
  • ゲーム作品での指定のデッキでのみ対戦できるものや、ストラクチャーデッキ限定戦、シールド戦なども、広義の意味では縛りプレイと言える。
    この場合は通常の構築では採用圏外であるカード等も含まれているため、環境などとはまた違った知識やプレイング力を求められる。
    普段使わないカードシナジーを考えることは構築力の強化につながることもあり、結果として通常のデュエルに役立つかもしれない。
  • 原作・アニメにおいて―
    意図しているかどうかに拘らず、何らかの制約を受けた状態でデュエルを行う場合がある。
  • アニメGXでは万丈目準が長作と「投入するモンスター攻撃力は全て0でデッキを構築する」という条件でデュエルをしている。
    元々長作が提示した条件は「攻撃力500以下」だったが、準が自主的にハンデを強化しこの条件となった。
  • 漫画GXの「十代vs龍牙」戦では、龍牙が十代のデュエルディスクをジャミングして十代の魔法カードの使用を制限していた。
    十代はデュエルディスクの故障だと勘違いしたままデュエルを行い、勝利している。

関連リンク

広告