必須カード

 そのデッキを組む上で、なくてはならないほど重要なカードのこと。
 または、極端に相性の悪いデッキ以外なら、ほぼ確実に投入される汎用性の高いカードのこと。

  • 【魔轟神】等の一部のデッキにおいては、非常に貴重なカードが必須カードとなるケースがある。
    このためにカードが揃わず、構築を諦めざるを得ないこともしばしばある。
    その場合は、プロキシカードを使ってテストプレイしてみるのも一つの手。
  • 必須カードの存在はデッキ構築の幅を狭めていると言えるが、逆にコスト発動条件が緩いからこそ、他のカードゲームよりもコンボシナジーの幅が広く、デッキ構築の自由度を高く保てていることもまた事実である。
    そのため、必須カードの存在だけで、一概にゲームバランスを語ることはできない。
  • 原作・アニメにおいて―
    キャラクター毎に扱うデッキが大きく異なり、使用カードもそのキャラクターのイメージに合わせる必要があるためか、後者の意味で言う必須カードは殆ど見られない。
    ただし例外も存在しており、中でも《死者蘇生》は多くの作品・キャラクターが扱う必須カードとして登場している。
    原作で幾度か行われた「遊戯vs海馬」戦では、対戦相手デッキ《死者蘇生》があることを前提とした戦略や思考が見られるほどである。
    それ以外では、《強欲な壺》・《エクシーズ・トレジャー》等の強力なドローカードや、《天使の施し》・《Sp(スピードスペル)−エンジェル・バトン》の様な汎用性の高い手札交換カードも多くのデュエルで登場している。
  • アニメARC-Vでは、LDSに必須カード論という講座が存在する。
    また21話において、遊矢が読んでいた雑誌「Dステップ」の付録カード《黄泉ガエル》の触れ込みには「アドバンス召喚超必須カード!!」と書かれている。
    現在のOCGでは必須とはいえないが、スタンダード次元の環境はこちらの世界でいう第2〜3期辺りであり、そのような環境ならば「超必須カード」という触れ込みも誇張ではない。
  • コナミのゲーム作品において―
    環境やルール自体が異なるため、ゲーム特有の「必須カード」が発生する場合もある。

関連リンク

広告