編集テストページ

議論板にページ草案を提出する際に自由に書き込めるページです。

利用規約

草案ページは基本的には発議者以外は編集禁止である。
ただし、発議者が細かい部分について修正を許可してもよい。
編集前の文章をコメントアウトで残すことを必須とする。
また、その場合は編集をした旨をスレッドに記載すること。
細かい編集についてはOKにした場合に発生した問題は、草案提出者の自己責任とする。

【ランク5】

 ランク5は、エクシーズモンスターランクの1つ。
 レベル5のモンスターエクシーズ素材としてエクシーズ召喚する。
 このページでは、汎用性の高いランク5のエクシーズモンスターや、ランク5のエクシーズモンスターと相性の良いカードデッキ等を紹介する。

 ランク4以下と異なり、ランク5のエクシーズ召喚には上級モンスターが必要となる。
 したがって「エクシーズ召喚を目的としていないデッキがついでに出す」ような事は難しく、ある程度特化したデッキ構築が必要となる。
 ただしレベル5には特殊召喚しやすいモンスターが多く、ランク5を出しやすいデッキ構築はさほど難しくない。
 しかし「特殊召喚しやすいレベルモンスター」は《サイバー・ドラゴン》のような自分フィールドが空の時に特殊召喚できるタイプが多く、エクシーズ素材3体以上を必要とする場合は難易度が跳ね上がる。

主な汎用ランクモンスター

エクシーズ素材2体・縛りなし

  • 除去
    様々なカードがあるが、いずれも一長一短である。

エクシーズ素材2体・縛りあり

―その他のランク5のエクシーズモンスターに重ねてエクシーズ召喚できるカード

主なランク5のエクシーズ素材

その他、ランク5と相性の良いカード

ランク5のエクシーズ召喚を得意とする主なデッキ

関連リンク

【ランク5】改訂版

 ランクエクシーズモンスターを中心としたビートダウンデッキ
 特定のランクを中心とするデッキという点では【ランク4】【ランク3】と共通するが、こちらは上級モンスターが核となるため、運用や構築に大きな違いが生じる。
 手札事故の危険性が少ない下級モンスターではなく上級モンスター中心の構築となるため、「エクシーズ召喚を目的としていないデッキがついでに出す」といった事は難しい。
 ある程度特化したデッキ構築が必要となるが、代わりにランク5の質はランク4以下と比べても良いため特化してでも出す価値はある。

メインデッキモンスターについて

レベルモンスター
 エクシーズ素材にする関係上、単体のステータスの高さは二の次であり、基本的には出しやすさが求められる。
 (無論、単体での汎用性や打点が高い事に越したことはないが。)

下級モンスター
 上級モンスターに比べて手札事故の危険性が少ないが、代わりに効果無効化されると殆ど役に立たないのが欠点。
 その場合はリンク素材にして処理してしまうのが良いだろう。

主なランクエクシーズモンスター

 上級モンスターが必要なためランク4以下に比べて3体以上のエクシーズ素材を要求するエクシーズモンスターを出す難易度が高い。
 特定のエクシーズモンスターに特化した構築を除けば基本的には2体で出せるエクシーズモンスターに絞った方が良い。

エクシーズ素材2体・縛りなし

  • 除去
    様々なカードがあるが、いずれも一長一短である。

エクシーズ素材2体以上・縛りなし

エクシーズ素材2体・縛りあり

―その他のランク5のエクシーズモンスターに重ねてエクシーズ召喚できるカード

ランク5と相性の良いエクストラデッキカード

魔法・罠カードについて

 基本的には各々のデッキにあったカードを採用する事になる。
 ただ、【ランク4】等に比べれば上級モンスターが中心になるためデッキを特化させる傾向にあり、その分相性の良いカードの方向性もやや決まりやすい。

デッキの種類

【光属性】

 上記の通り、特殊召喚しやすいレベルモンスターには光属性が多いのでエクシーズ素材が揃いやすく、《セイクリッド・プレアデス》も安定して出せる。
 《銀河戦士》《霊魂の護送船》手札事故も滅多と起こらなくなり、《フォトン・サンクチュアリ》もほぼノーデメリットになるのも利点。
 また、機械族を多めにすれば制圧力の高い《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》も採用できる。

 効果レベル5にできる下級光属性としては《先史遺産ゴールデン・シャトル》機械族)・《セイクリッド・カウスト》獣戦士族)等が存在する。
 前者は《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》エクシーズ素材にもなり、後者は《炎舞−「天キ」》サーチできるメリットがある。

【水属性】

 《ゲイザー・シャーク》により墓地レベル5だけで水属性エクシーズ召喚が行えるのが最大の利点。
 ただし、有用なレベル5の水属性は種類が少なく、デッキ構築はある程度狭まるのが難点。
 上述の《サルベージ・ウォリアー》《テセウスの魔棲物》以外では、緩い条件で手札墓地から特殊召喚でき、チューナーでもある《彩宝龍》海竜族)が有用な候補。
 ボンディング魔法・罠カードを採用する必要はあるが、自身の効果手札から墓地へ送る事ができ、同名カード蘇生できる《デューテリオン》恐竜族)も検討できる。

 効果レベル5にできる下級水属性としては《EMプラスタートル》水族)・《セイバー・シャーク》魚族)・《ゼンマイシャーク》魚族)等が存在する。
 《ゲイザー・シャーク》に対応はしないものの、手札上級モンスターばかりになって手札事故を起こす危険性は少なくなる。

【戦士族】

 《蛮族の狂宴LV5》手札墓地から2体の戦士族特殊召喚可能なのが最大の利点。
 また、《天融星カイキ》を採用して《覇勝星イダテン》融合召喚を狙うギミックを入れてみるのも良い。
 その場合は《地翔星ハヤテ》《天昇星テンマ》効果の関係上、地属性光属性に採用するモンスターを寄せて見るのも手。

デッキの派生

【アーティファクト】

 アーティファクト効果サポートカードにより召喚権を使わずレベル5を並べやすく、光属性なので《セイクリッド・プレアデス》も使用可能。
 その性質上、相手魔法・罠除去を牽制しやすいため罠カードが効果的に決まりやすい。

【先史遺産】

 先史遺産レベルを1上げる《先史遺産ゴールデン・シャトル》効果レベル先史遺産レベル5にしてエクシーズ召喚を行う。
 主力となる《先史遺産ネブラ・ディスク》《先史遺産ゴールデン・シャトル》光属性機械族なので、《セイクリッド・プレアデス》《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》が出せるのが強み。
 《先史遺産モアイ》《先史遺産トゥーラ・ガーディアン》といった特殊召喚しやすいレベルモンスターも存在している。

【サイバー・ドラゴン】

 《サイバー・ドラゴン》+自身の効果レベル5になった《サイバー・ドラゴン・ドライ》の他、《銀河戦士》などを併用する事もある。
 いずれも光属性機械族なので、《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》につなげることができる。

【セイクリッド】

 主に《セイクリッド・カウスト》レベルセイクリッドレベルを1つ上げてエクシーズ召喚する。
 《セイクリッド・プレアデス》はこのデッキの生命線と言うべきカードである。

【ゼンマイ】

 レベルを柔軟に変更できるカテゴリで、概ねランク3〜5のエクシーズ召喚を得意とする。
 《ゼンマイソルジャー》《ゼンマイシャーク》など、レベルを5に変更できる効果を持つ下級モンスターが多い。

戦術と弱点

 エクシーズ召喚に共通する戦術と弱点については【ランク4】を参照の事。

 展開力では下級モンスター中心のランク4以下に比べてどうしても劣るためできる事なら1体1体を維持したい。
 幸い、《セイクリッド・プレアデス》《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》といった制圧力の高いものや、《FA−クリスタル・ゼロ・ランサー》の様に打点と耐性を併せ持つモンスターも存在する。
 相手次第なところはあるが、上記のモンスター等は他のカードのサポート無しでの維持も狙えなくもない。
 もっとも、エクストラモンスターゾーンに出した場合は下手に維持すると次のエクシーズ召喚が行えなくなるのでその辺りは臨機応変に立ち回る必要がある。

 最大の弱点は上級モンスター中心の手札事故の怖さだろう。
 初手が悪ければ何も出せない、あるいは低ステータスモンスター1体を出しただけでターンエンドという事すら平気で起こり得る。
 手札事故を警戒して召喚サポートを複数投入するのも手だが、積みすぎると逆にそれらが固まった場合に手札事故になってしまう。
 また、召喚サポートの分だけ手札消費が荒くなり、エクシーズ召喚そのものを無効にされた場合やエクシーズ召喚直後の除去が非常に痛い。
 伏せカードが複数ある場合は特に警戒して動きたい。

関連リンク

【ファイアウォール・ドラゴン】

 《ファイアウォール・ドラゴン》の高い展開能力を利用した、ループ系コンボデッキ。
 実際に【ファイアウォール・ドラゴン】と呼ばれることは少ないが、多種多様なデッキに組み込まれ多数のコンボデッキを生み出した。

《ファイアウォール・ドラゴン》
リンク・効果モンスター(禁止カード)
リンク4/光属性/サイバース族/攻2500
【リンクマーカー:上/左/右/下】
モンスター2体以上
(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、
このカードと相互リンクしているモンスターの数まで、
自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードのリンク先のモンスターが、
戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。
手札からモンスター1体を特殊召喚する。

メインデッキモンスターについて

リンク召喚が容易なデッキであれば、どういったデッキにでもギミックを組み込める。 エクストラデッキの特定のカードを使うために、メインデッキにリンク素材となるモンスターを採用していく。 これらのパーツが他のデッキに出張パーツとして使われるが、

―トークンを特殊召喚できるモンスター
《ダンディライオン》

《トーチ・ゴーレム》

チューナーモンスター
《水晶機巧−ハリファイバー》のために使用される。
下記以外にも《灰流うらら》などの手札誘発チューナーも使用される。

エクストラデッキモンスター

《聖騎士の追想 イゾルデ》《サモン・ソーサレス》が主戦力となるため、これらに対応したモンスターが中心。

リンクモンスター

このデッキの派生

 下記以外にも1ターンキルあるいはループコンボのパターンは存在する。

【インフェルニティ】

 早くから《ファイアウォール・ドラゴン》のコンボ性を利用したのが【インフェルニティ】である。
 登場から数日後には先行でエクストラリンクを達成するコンボが発見された。

【イグナイト1キル】

 【イグナイト】の派生として生まれたタイプ。
 《地霊神グランソイル》《ファイアウォール・ドラゴン》をループさせて無限射出による効果ダメージで勝利する。
 このデッキの登場から数か月後、《地霊神グランソイル》エラッタされることとなった。

【ドラゴン族】型

 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》《スリーバーストショット・ドラゴン》を蘇生し、2体で《ファイアウォール・ドラゴン》のリンク召喚を狙うタイプ。
 コンボ発見は【イグナイト1キル】より若干遅く、短期間で《ファイアウォール・ドラゴン》制限カードとなったので活躍する機会はなかった。

【ABCキャノンバーン】

 《A−アサルト・コア》2枚と《ファイアウォール・ドラゴン》で射出ループが可能なことを利用したデッキ。
 《キャノン・ソルジャー》《ギアギガント X》サーチ可能なのも強み。
 このコンボの対策としてリミットレギュレーション/2018年7月1日にて《キャノン・ソルジャー》および《トゥーン・キャノン・ソルジャー》が禁止カードとなった。
 続く海外の禁止・制限カード/2018年9月17日では《A−アサルト・コア》制限カードとなった。

【暗黒界】

 《ファイアウォール・ドラゴン》リンク先《暗黒界の龍神 グラファ》を自身の効果で蘇生
 《暗黒界の龍神 グラファ》リリースすれば《ファイアウォール・ドラゴン》効果バウンスした暗黒界モンスター特殊召喚でき、無限ループになる。
 闇属性である事から、《プリーステス・オーム》射出できる。

このデッキの歴史

広告