編集テストページ

議論板にページ草案を提出する際に自由に書き込めるページです。

利用規約

草案ページは基本的には発議者以外は編集禁止である。
ただし、発議者が細かい部分について修正を許可してもよい。
編集前の文章をコメントアウトで残すことを必須とする。
また、その場合は編集をした旨をスレッドに記載すること。
細かい編集についてはOKにした場合に発生した問題は、草案提出者の自己責任とする。

議論板利用規約

新規ページ作成について

議論不要で作成できるページ

  • 個別カードページ
  • カテゴリ
  • 新規商品(パック・ストラクチャーデッキなど)
  • ページ作成要件を満たしたシリーズカードのページ
  • コメントページのログ保存

議論案での草案提出が必要なページ

草案は編集テストページへ書き込んで提出する。

  • デッキページ
  • 用語
  • 公式用語(混乱を避けるために議論板で内容を精査する)
  • その他議論不要で作成できるページに該当しないもの

草案の提出は以下の形式で行う。

  • 草案掲載と共に議論開始日時・終了日時を明記し、議論期間は168時間以上を必要とする。
    もし開始時刻が明記されていない場合は、草案提出時間が開始時刻とする。
  • 草案に対し『反対』もしくは『投票の必要性を感じる』と判断した場合は、議論期間の間にその旨を理由付きで表明する。
    撤回する場合は必ずその旨を示す。取り下げる旨の記載がなかった場合は意見としてカウントする。
  • 『反対』もしくは『投票の必要性を感じる』という意見が0ならば投票を行わずとも作成が可能になる。
    『反対』もしくは『投票の必要性を感じる』という意見があった場合は72時間以上の投票を必要とする。
  • 次にデッキページ作成ルールを見直す場合に限り、再議論無しで議論及び投票を可能にする特例を認める。
    • 要調整項目。
      議論での決定事項へ記述するならこれで問題ないが、ページ独立に当たっては不便では?
      ページ最下部に「未定義の事案について」を追加し、そこで定義

編集合戦について

  • 何らかのページで記述内容の削除・復帰が繰り返されている状態を「編集合戦」とする。
  • 編集合戦を議論板で解決する場合、記述内容や記述固定の有無を議論で決定する。

ページの削除について

削除ガイドラインを参照。
なお、カード名を間違えてページを削除した場合などページ名が間違っている場合は、議論板を通さずに修正ができる。
その場合はページ削除告知へ記録すること。

議論の進行について

議論板でのスレッド作成者を中心として進める。
スレッド作成者はここでは「議長」とする。
議長は投票の進行などを行う権限を持つ。

  • 議長が何らかの事情によりスレッド進行を行えない場合、他の参加者を「議長代理」として委託することができる。
    議長代理は議長と同等の権限を持つ。
  • 議長が2週間以上書き込んでいない場合、他の参加者が議長代理としてスレッド進行を引き継ぐことができる。
    引き継ぐ際は、他の参加者の承認が必要。
    • 要調整項目:勝手な議論進行を防ぐため、他の参加者による監視を入れる。
  • 投票の集計は議長が行うのが望ましいが、他の参加者が行ってもよい。
    • 要調整項目:投票結果を受けた意見を表明したい場合、勝手に集計する必要がある。
      言い回しの調整が必要。

投票のルール

投票は以下の場合に必要となる。

  • 新規ページ作成の際に『反対』もしくは『投票の必要性を感じる』と書き込まれた場合。
    詳細は新規ページ作成の項目を参照。
  • ページの削除を行う場合。
  • ページの記述内容を固定する場合。

投票の進行について

  • 基本的に多数決であるが、票が割れるなどた場合は議長の判断で方針を決めることができる。
    • 要調整項目

有効票規定

  • 議長も投票を行うことができる。
  • 文字化けしている票は無効とし、解読できても有効にはしない。
    ただし投票期間内に文字化けしていない弁明が確認されれば有効とする。
  • 「いずれ追記されるだろう」という未来に期待する理由や、「分かる人が追記するだろう」という他力本願な理由での投票はせず、現在の状況で判断すること。
  • 投票中に投票と関係ない書き込みや、他の票を直接取り上げ、揚げ足を取るなどの反論はしないこと。
  • 投票時には投票理由が必須となる。
    投票理由はできるだけ他のレスを参照しないものが望ましい。
    • 要調整。
      自身の過去の発言へのアンカーで提示することはよくあるので、「他人の発言へアンカーのみで理由を表明することは禁止」とするのはどうか。

無効票規定

以下のいずれかの条件を満たした場合、その投票は無効とする。

  1. 明らかな事実誤認がある場合無効。(誤認かどうかは4の規定で議論)
  2. 荒らし行為を行った者による投票は内容に関わらず無効。(マナー違反は含まない、怪しければ4の規定で議論)
  3. 2度以上投票しているものは最後の投票以外無効。
  4. 投票期限から24時間の異議申し立て受付期間を設ける。(投票参加者のみ可、1〜3にあてはまらなくても議論を読んでいないと思われれば可能)
    その期間中に異議が出た場合「無効か有効かの判断議論」を行い48時間経過時点で議論終了。
    その後必要なら期間24時間での投票を行う。
    遅延防止の観点から、その投票は理由不要。
    公正な投票のため、その投票は元々の投票に参加した者のみの参加とする。もちろん判断対象者は参加不可能。
    更にこの投票結果が同数の場合、有効票とみなす。

議論で決定されたことに対する運用ルール

  • 緊急性が高い場合、通常の議論ルールを飛ばして「仮決定」として編集ルールを定めることができる。
    緊急性が高い場合とは、「新カード・新ルール・劇場版などにより記述形式の変更や制限が必要とされる場合」とする。
  • 仮決定となった内容は、再議論投票なく決定内容を変更する議論を行える。
  • 仮決定行う場合、コメント欄で期間を含め告知をする。
  • 議論で複数のページに関わるページ編集ルールを決めた後、1か月の間はルールの仮施行とし再議論投票なしで修正を行える。
    ただし、単一ページの内容固定についてはこのルールを適用しない。
  • 仮決定から半年間経過した場合、自動的に本決定へ移行する。
    • 要調整項目
      追加点。仮決定のままの部分が多いので、これは手間の削減に有効ではないか。

再議論に関わるルール

再議論の定義は「過去2年以内の議論結果の変更・削除に該当する内容を議論すること」とする。
(追加は、変更に該当しない。)

  1. 再議論発案者(スレ主)はスレ立て後すぐに、元の議論とルールやそれに関するカードの追加等によって変化があった事の提示を行い、再議論するかどうかの投票を行う。
    実質的な再議論に発展するため投票前の議論は無しとする。
  2. 最終の議決(再議論、再議論が可決されなかった場合を含む)からの期間によって再議論に必要な票数は異なる。
    議決から1年が経過している場合、全体の3分の2以上の賛成票があれば再議論を行うことができる。
    議決後1年以内は基本的に再議論を行わないが、緊急を要し、5分の4以上の賛成票が得られた場合に限り再議論を行うことができる。
    ただし、濫用を防止するため再議論については同一人物のスレ立ては禁止とする。
  3. 再議論を行う。(この議決は前回の議論に囚われない。)
  4. 最終の議決から2年が経過している場合、再議論扱いを解除する。
  • 何らかの理由で投票が行われておらず、2人以上により議題が再議論であると指摘された場合、議論が有効であるか否かの投票を行う。
  1. この場合、再議論であるか否かの理由で投票することも可能。(要求される賛成票は再議論の場合と同じ)
  2. 再議論の指摘可能期間は、スレ立てから1週間とする。
  3. 2人以上により再議論であると指摘されたにもかかわらず、投票を行わず議論を続けた場合は、いかなる結論が出たとしても、無効。
  4. 期限は2人目の指摘者が出て来てから1週間とし、投票の実行者は特に限定しない。
  5. 指摘の際は特に理由は必要としないが、どの議題の再議論に当たるのかを明記すること。
  6. 投票により議論が有効であると認められた場合、その議論は再議論ではないものとする。
  • 再議論のルールは過去の議論結果に対して遡って適用することができる。
  • 再議論のルールの再議論に対しても再議論のルールが適用される。

未定義の事案について

議論板のルールで定義されていない問題が発生した場合、再議論投票無しでルールの修正に関する議論を行える。

議論板へ荒らしが来た場合の対応について

荒らし行為を行った者の投票・作成した議論は無効とする。
議論の性質上ある程度は過激な発言が出てしまうことを考慮し、不必要に荒らし扱いして相手を黙らせる・意見を無視するような行為は禁止する。

荒らし行為とは以下の内容である。

  • 無意味な文字の羅列
  • 他の議論参加者への暴言・誹謗中傷
  • 記述の執拗な削除

【トロイメア】

デッキの概要

 FLAMES OF DESTRUCTIONカテゴリ化された、トロイメアを中心としたリンク召喚デッキ
 トロイメアリンクモンスター汎用性の高さにより、高い状況対応力を持つ。
 相互リンク状態によって適用される効果を活用するため、積極的に相互リンクを狙っていくことになる。
 属するモンスターのほとんどがリンクモンスターのため、カテゴリ外のカードの採用が必須となり、構築の幅は非常に広い。

《夢幻崩界イヴリース》
効果モンスター
星2/闇属性/サイバース族/攻   0/守   0
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のリンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力を0にし、効果を無効にして、
このカードとリンク状態となるように自分フィールドに特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードのコントローラーはリンクモンスターしか特殊召喚できない。
(3):このカードが自分フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
《トロイメア・マーメイド》
リンク・効果モンスター
リンク1/水属性/悪魔族/攻1000
【リンクマーカー:下】
「トロイメア・マーメイド」以外の「トロイメア」モンスター1体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「トロイメア」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、
さらに自分はデッキから1枚ドローできる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
フィールドの相互リンク状態ではないモンスターの攻撃力・守備力は1000ダウンする。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

 現状、メインデッキに入るトロイメア《夢幻崩界イヴリース》のみ。
 そのため、メインデッキに採用するモンスターの自由度は非常に高い。
 トロイメアリンクモンスターの性質上、基本的にはリンク召喚のサポートや手札コストによる消費のカバーができるモンスターを採用していくことになる。

トロイメア

―相性の良いモンスター

エクストラデッキモンスターについて

リンクモンスター
※括弧内にリンクマーカーの向きを記載する。

魔法・罠カードについて

トロイメアサポートカード

リンク召喚リンクモンスターサポートカード

―その他の魔法・罠カード

戦術

 複数種類のモンスターを並べてトロイメアリンク召喚し、リンク召喚時の効果を活用しつつ相互リンクを成立させていく。
 相互リンク状態で適用される効果によって盤面を固めていき、フィールド制圧する。

デッキの派生

サイバース族軸

 リンク召喚を得意とする【サイバース族】との混合構築。
 詳しくは該当ページ参照。

【トロイメア剛鬼】

 サーチ効果によって手札を維持しやすい【剛鬼】との混合構築。
 詳しくは該当ページ参照。

このデッキの弱点

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

カード名の英数字にルビの無いカード

 宣言の関連カードに追記を予定しています。
 加筆・修正OKです。

カード名の英数字にルビの無いカード

広告