墓守(はかもり)/Gravekeeper's 

 新たなる支配者カテゴリ化した「墓守」と名のついたモンスター群。
 当初は「墓守の」と指定していたが、アドバンスド・トーナメントパック2013 Vol.4《墓守の巫女》が再録された際にカテゴリ名がエラッタされた。
 属するモンスター魔法使い族で統一されており、《墓守の司令官》以外は全て闇属性である。

 《王家の眠る谷−ネクロバレー》という墓地に関する効果を持つフィールド魔法と密接な関係にあるカテゴリでもある。
 専用フィールド魔法の拘束力と各モンスターの比較的汎用性の高い効果から、【墓守】以外でも活躍できるものも多い。

  • ひとくくりにはされているが、モンスターはその名の通り墓や王家を守護する戦士たちと、彼らを管理する神官の一族に大別できる。
  • イラストの特徴として、背景にヒエログリフが記されているほか、多くの下級モンスターが共通の赤・青・黄の模様がついた黒い衣服を着用している。
    衣服には黒一色のものと白が混じったものがあるが、戦闘員に黒一色の者が多く、神官などには白が混じっていることから、どうやら後者を着用している方が身分が高いようだ。
    また、初登場以後に追加されたモンスターには、赤い丸の両側から羽が生えたような紋章が描かれた装飾品を身につけているモンスターが多い。
    《ネクロバレーの王墓》の棺に描かれていることから察するに、この紋章は墓守たちが守護する王家の紋章なのだろう。
  • 原作・DMに登場したイシズ、マリク姉弟の「イシュタール家」は「ファラオの墓を守る墓守の一族」である。
    このため、STRUCTURE DECK−マリク編−に墓守が収録されたり、ゲーム作品で使用したりと、後からこのカテゴリと関連付けられるようになった。
    後にマリクイシズリシドに似た容姿を持つ「墓守」モンスターも登場している。
  • コナミのゲーム作品において―
    DS作品ではごく一部のみが収録されていたが、WORLD CHANPIONSHIP 2008以降は全て収録されている。
  • 原作・DM準拠のゲームでは、しばしば上記の墓守の一族が【墓守】を使用するが、どのキャラクターが使用するかはまちまちである。
    WORLD CHANPIONSHIP 2008やTAG FORCE SPECIALではイシズ、DUEL TERMINALではリシド、最強カードバトル!ではマリクがその担当である。

関連リンク

―「墓守」と名のついたモンスター
 ※は「墓守(墓守の)」に関する効果を持つモンスター

―「墓守(墓守の)」に関する効果を持つカード

《王家の眠る谷−ネクロバレー》に関する効果を持つカード

―その他のリンク

広告