魔神儀(デビリチャル)/Impcantation

 CYBERNETIC HORIZONカテゴリ化された「魔神儀」と名のついたカード群。
 儀式召喚をサポートするカテゴリである。

 属するモンスターの内、儀式モンスター以外のモンスター攻撃力守備力共に0であり、以下の共通テキスト(それぞれ順に起動効果誘発効果永続効果)を持つ。

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):手札の(儀式魔法カード1枚/儀式モンスター1体)を相手に見せて発動できる。
(同名カード)以外のデッキの「魔神儀」モンスター1体と手札のこのカードを特殊召喚する。
(2):このカードがデッキからの特殊召喚に成功した場合(〜を対象として)発動できる。
(特定の場所から儀式魔法カード1枚/儀式モンスター1体を手札に加える固有効果)。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。



 (1)の効果は「同名カード以外の魔神儀」を指定しているため複数種類の魔神儀の採用が必須となる。
 デッキからリクルートされた魔神儀は(2)の効果により、儀式モンスターまたは儀式魔法手札加えることができる。
 (1)で見せたカード儀式モンスターならば(2)で加えるカード儀式魔法になる魔神儀をリクルートするのが基本の使い方となる。
 (当然見せたカード儀式魔法ならばその逆の組み合わせとなる。)
 これにより、フィールドに2体の魔神儀、手札儀式モンスター儀式魔法のセットが揃う事となり、儀式召喚の準備が整う。
 召喚権も使わないので《マンジュ・ゴッド》とも共存しやすく、儀式召喚をサポートする能力は極めて高い。

 ただし、エクストラデッキからの特殊召喚を封じる(3)のデメリットが存在する。
 儀式召喚を主戦術にするデッキでもエクストラデッキを使う事は少なくないので、早急に儀式召喚リリースにしてフィールドから離すのが望ましい。
 なお、最低でもレベル5以上の儀式モンスターでなければフィールドの2体の魔神儀を同時にリリースする事はできない。
 上級モンスターも含むカテゴリである点を踏まえると、確実に2体をリリースしたい場合はそれなりに高いレベル儀式モンスターの方が安定する。
 レベルの低い儀式モンスターよりも、高レベルの儀式モンスターを使うデッキと相性の良いカテゴリと言える。
 一方、相手モンスターを展開したり《融合》等を発動したりしたタイミングで《ギブ&テイク》等で相手送りつければ、相手エクストラデッキの使用を妨害できる。

関連リンク

―「魔神儀」と名のついたモンスター
 ※は「魔神儀」に関する効果を持つモンスター

―「魔神儀」と名のついた魔法・罠カード
 ※は「魔神儀」に関する効果を持つ魔法・罠カード

―その他のリンク

広告