無限コスト

 それ自体で、または特定のカードとのコンボで半永久的にコストを稼げるカードのこと。
 主に自己再生・自己サルベージや、トークン特殊召喚したりするカードのことを指す。
 1ターンに1度、または発動条件さえ満たせば何度でも使えることが原則。
 よって《スケープ・ゴート》《ヴォルカニック・バレット》は含まない。

 有名なのは《キラー・スネーク》エラッタ前)や《深淵の暗殺者》の2枚だろうが、現在はどちらも不可能。
 《黄泉ガエル》や、ペンデュラムモンスターが新たな代表格となっている。
 これらはリリースコストの確保の他に、毎ターンリリースを要求する《ユベル》や、《キャノン・ソルジャー》のような射出効果とも相性が良い。
 手札コストを稼げるカード【爆風ロケット】等に採用されるが、こちらは《サンダー・ドラゴン》等があり、無限コストに頼らずとも比較的確保しやすい。

 デュエルの高速化が進んだ今日では、カテゴリサポートカードを用いる事で爆発的なカード・アドバンテージを得る事が容易となっている。
 このため、無限コスト系カードを用いなくても、毎ターン十分なアドバンテージを生み出せるデッキが多く、こうしたカードの採用率は下火である。
 ただ、《ジェムナイト・フュージョン》などの1ターンに何度も使用できるものについては、無限ループコンボのために注目されることがある。

関連リンク

―有名な無限コスト(※は現在不可能)

広告