優先権/Priority

 各フェイズやステップでカードを最初に発動する権利は、常にターンを進めているターンプレイヤーにあります。
 これをターンプレイヤーの「優先権」といいます。
 相手プレイヤーは、ターンプレイヤーが優先権を持っている限り、自動的に発動する誘発効果以外は、先にカードを発動する事ができません。
 「優先権を行使してカードを発動した場合」と「優先権を放棄した場合」、優先権は自動的に相手プレイヤーに移ります。
 フェイズやステップを進める前には必ず優先権を放棄しなければなりません。
 これをデュエル中に厳密に行うとすると、フェイズやステップの終了前ごとに優先権の放棄を宣言し、相手のカードの使用を確認しなければなりません。
 ただし、実際のデュエルではゲームをスムーズに進めるため、フェイズやステップの終了宣言に優先権の放棄の意も含めています。
 したがって、フェイズなどの終了を宣言した時、相手プレイヤーは「それでは終了前にこのカード発動します」と言いカード使用することが可能で、これはターンプレイヤーが優先権を放棄したため、相手プレイヤーが優先権を得たという形になります。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0 より引用)

 優先権はお互いの行動の順番を明確に定める概念である。
 「優先権を持っている状態」とは、クイックエフェクトにせよ通常魔法発動にせよ攻撃宣言にせよ、
 行動を起こす権利を持っている状態であるとイメージすると分かりやすい。能動的な行動は常に優先権を介して行われている。


優先権の移る行為移らない行為

  • 優先権の放棄をした場合。
    自分が優先権を持っている場合に、何もしないことを示すことである。

    以上である。

 などである。

優先権の扱い

 優先権が問題になる事例は「ターンプレイヤーが優先権の放棄をしないプレイをした直後」、「カードの発動など優先権が相手に移った直後」、「一連の効果処理が終了した直後のクイックエフェクト発動タイミング」にだいたい分類できる。
 いずれの場合に関しても、優先権を無視したカードのプレイを行った場合、相手巻き戻しをされる可能性があることに関しては同じである。

  1. ターンプレイヤーが優先権の放棄をしないプレイをした直後」について。
    その直後にさらにターンプレイヤークイックエフェクト発動が可能となる。
    改めて「優先権の放棄」をして初めて相手プレイヤーのクイックエフェクトの発動タイミングが訪れる。
  2. カードの発動など優先権が相手に移った直後」について。
    二つ連続でクイックエフェクトを発動したいときに問題になる。(下記「優先権を意識した確認について」参照)
  3. 一連の効果処理が終了した直後のクイックエフェクト発動タイミング」について。
    上記、およびFAQを参照にするとおり、チェーンブロックを組んだ一連の効果処理の直後どちらのカードが最後に処理されたか等の理由が絡む故なのか、どちらに優先権があるか調整中の事態になっている。

ただし、バトルフェイズの終了に際しては一つ注意が必要。
例えばバトルフェイズを終了する直前に相手《血の代償》を用いてモンスター召喚した場合、自分《阿修羅》によってそのモンスター攻撃を仕掛けることは出来ない
これは終了宣言はエンドステップで行うためで、バトルステップは既に終わっている。よって、上記の例ではすでに攻撃を行えない。
同様にターン終了の宣言に対して相手カードの発動を行ったとしても、エンドフェイズに対するキャンセルであるため、メインフェイズでなければ行えないモンスター召喚魔法・罠カードセットは出来ない。
エンドサイク

  • 「優先権を行使して〜の効果発動。」とする人がよく見られるが、そのタイミングで持っているものでわざわざ言わなくてもよい。
    ただ、あまり理解していないプレイヤーに「優先権」を認識させるには有効ではあるかもしれない。
    正確に優先権を確認する場合以下の様になる。

優先権を意識した確認について

 ターンプレイヤーが、何らかのカードのプレイをした直後に、自分に優先権があることを確認しながらプレイすることは大切である。
 しかし、自分に優先権がある状態で相手に「何か発動しますか?」と伺うと言うことは、事実上優先権を放棄していることになる。
 故に、以下のようなことは出来ない。

相手に伺うと言うことは、優先権を放棄しているし、相手も優先権を放棄した、つまり、「モンスター召喚したタイミング」は終わっているので、《激流葬》発動できるタイミングでは無くなっている。
他方で、上記の例で非ターンプレイヤーが、「では、《サイクロン》を発動します」などクイックエフェクト発動した場合、「モンスター召喚したタイミング」のままなのでこれにチェーンして《激流葬》発動することは出来る。

もう一つ、モンスター召喚特殊召喚したタイミングは「召喚特殊召喚無効にするカウンター罠」の発動タイミングがある。
これは召喚成功後のクイックエフェクト発動タイミング以前のタイミングで、この確認かどうかの問題も出てくる。
順番的には、「召喚無効にするカウンター罠」に対し「何か発動しますか?」と伺い、その後優先権でのクイックエフェクト発動タイミングが訪れる。
確認でもめたくないならば、この召喚直後の確認を「召喚無効にする罠を発動しますか?」としっかりと訊くことが大切だろう。

また、優先権が移る行為での相手カードの発動確認は別の意味で重要である。

優先権の移る行為の直後に相手に伺うのは当然のこと、上記の例の確認を怠り《破壊輪》発動後すぐ《地獄の扉越し銃》発動してしまうと、非ターンプレイヤーに異議を唱えられ巻き戻しが発生しフリーチェーンのカードを《破壊輪》チェーンして発動される可能性が出てしまう。
《地獄の扉越し銃》発動が不可能になる。)

 主にターンプレイヤー側において「お互いの優先権の放棄」後にしかカードプレイができない行為に関しても非常に注意が必要である。

通常召喚召喚ルール効果特殊召喚は「お互いの優先権の放棄」が必要なプレイであるため、途中のクイックエフェクト発動タイミングを確認せずに連続して行うと上記のように巻き戻しをされることになる。
特に上記の例は《奈落の落とし穴》等の発動タイミングでもあるため連続でモンスターの召喚を行いたい場合は注意が必要である。

  • 相手が優先権を無視した行為を行った時、こちらは異議を唱える事ができる。
    この場合デュエル巻き戻し、問題が発生する前の状態からデュエルを再開する事となる。

以前のルールについて

 上記の通り、召喚自体は優先権が移る行動ではなく、このタイミングからカードを使用する権利はそのプレイヤーが保持したままである。
 加えて、マスタールール2以前のルールにおいては、このタイミングかつチェーン1の場合のみ「フィールド上のモンスター起動効果」が使用できた。
 この件については起動効果も参照。


  • 原作・アニメにおいて―
    原作・アニメでは、手札のカードに手をかけた、または伏せカードを発動しようとした瞬間に、そのカードを対象とするなど対戦相手がカードを発動させるシーンが見られる。
    OCGのルールに当てはめるとこれは優先権を無視した行為であり、ルール違反となる。

関連リンク

外部リンク

FAQ

Q:相手フィールド上に《ライオウ》が、自分フィールド上に表側表示《王宮のお触れ》《王宮の弾圧》があります。
  自分手札から《サイバー・ドラゴン》特殊召喚しようとしています。
  この時、相手《ライオウ》発動より先に自分は、《王宮の弾圧》発動できますか?
  (モンスターの召喚無効にするタイミングでターンプレイヤーに優先権はありますか?)
A:相手が《ライオウ》効果発動する前に、ターンプレイヤーである自分が《王宮の弾圧》効果発動する事ができます。(11/02/27)

Q:自分《サイクロン》効果発動して相手カード発動確認をし、相手は何もカード発動しませんでした。
  その後自分は《サイクロン》効果解決時のタイミングで相手カードの発動確認を聞かずに手札から《サイバー・ドラゴン》特殊召喚しました。
  《サイクロン》発動のタイミングではチェーン確認はしたものの、カードの処理後の発動確認をしていないので相手はこれについて異議を唱えて《サイクロン》の処理後のタイミングまで巻き戻し、《マインドクラッシュ》発動して《サイバー・ドラゴン》宣言することはできますか?
A:その場合、処理後のタイミングまで巻き戻し《マインドクラッシュ》発動する事ができます。
  なお、公式大会では当日の審判にご相談ください。(08/11/30)

Q:ターンプレイヤーバトルフェイズに移行しました。非ターンプレイヤーターンプレイヤー攻撃宣言する前に《威嚇する咆哮》発動する事はできますか?
A:バトルフェイズスタートステップ時、ターンプレイヤークイックエフェクト発動する意思が無いのであれば、非ターンプレイヤークイックエフェクトを発動できます。よって、ターンプレイヤー攻撃宣言前に《威嚇する咆哮》発動する事はできます。(12/11/29)

Q:自分モンスター相手攻撃宣言を行いました。
  この時点では優先権自分にあるので、《サイクロン》発動しました。
  相手は、この《サイクロン》(スペルスピード2)にチェーンして《バトルフェーダー》(スペルスピード1)の効果発動できますか?
A:はい、可能です。(12/05/19)

Q:ターンプレイヤー《ダーク・グレファー》召喚し優先権を放棄しました。これに対し非ターンプレイヤー《奈落の落とし穴》発動しました。
  この処理が終わった後ターンプレイヤーは別の《ダーク・グレファー》起動効果を、非ターンプレイヤー《月の書》発動したいと考えています。どちらが先に行動することが出来ますか?
A:《奈落の落とし穴》の効果処理が終了した時点で、優先権はターンプレイヤーにありますが、ターンプレイヤースペルスピード2以上のカード効果発動しない場合は、先に相手プレイヤーから《月の書》発動する事ができます。(11/09/08)

Q:ターンプレイヤー《切り込み隊長》召喚誘発効果を使用しました。これに対しターンプレイヤー《激流葬》を、非ターンプレイヤー《落とし穴》発動したいと思っています。どちらが先に発動できますか?
A:非ターンプレイヤーが先に《落とし穴》発動する事ができます。(12/12/01)

Q:ターンプレイヤーモンスター召喚シンクロ召喚を行うために優先権を放棄しました。これに対し非ターンプレイヤー《激流葬》発動しました。そのためターンプレイヤー《神の宣告》発動しました。
  この処理が終わった後ターンプレイヤーシンクロ召喚を非ターンプレイヤー《月の書》を発動してシンクロ召喚の妨害を行いたいと考えています。どちらが先に行動することが出来ますか?
A:非ターンプレイヤー《月の書》を先に発動する事ができます。(12/03/12)

Q:ターンプレイヤーモンスター召喚し、お互いに《激流葬》発動の有無を確認しましたがお互いに何も発動しませんでした。
  その後ターンプレイヤーシンクロ召喚を非ターンプレイヤー《サイクロン》発動したいと考えています。どちらが先に行動することが出来ますか?
A:ターンプレイヤーが先にシンクロ召喚を行えます。(13/03/09)

Q:ターンプレイヤー《サイクロン》を発動し、お互いに何もチェーン発動しませんでした。
  効果を処理した後、ターンプレイヤーは別の《サイクロン》を、非ターンプレイヤー《心鎮壷のレプリカ》発動したいと考えています。どちらが先に発動することができますか?
A:ターンプレイヤーが先に《サイクロン》発動できます。(13/03/23)

Q:特殊召喚成功時の優先権について。

A:特殊召喚に成功したタイミングでは、基本的に直前のチェーン処理に関わらずターンプレイヤーからカード効果発動をする事ができます。(11/07/27)

Q:自分ターンエンドフェイズ《W星雲隕石》によってモンスター特殊召喚されました。
  このタイミングに自分《魔導教士 システィ》効果発動したいと考えていますが、一時的に優先権を放棄する必要はありますか?
A:特殊召喚に成功した時のタイミングにお互いカード発動しなかった場合、《魔導教士 システィ》効果発動できます。(12/12/22)

Q:自分ターンエンドフェイズ《エフェクト・ヴェーラー》での無効化を終了する処理を行いました。
  このタイミングに自分《魔導教士 システィ》効果発動したいと考えていますが、一時的に優先権を放棄する必要はありますか?
A:ターンプレイヤーである自分は、相手効果発動するより先に《魔導教士 システィ》効果発動できます。(12/12/22)

Q:自分ターンエンドフェイズに、自分《亜空間物質転送装置》の処理でモンスターを自分フィールド上に戻しました。
  その後、自分相手に優先権を移さずに、続けて《魔導教士 システィ》効果発動することはできますか?
A:できます。(13/05/09)

Q:自分ターンエンドフェイズに、自分の《精神操作》で奪ったモンスター相手に戻しました。
  その後、自分相手に優先権を移さずに、続けて《魔導教士 システィ》効果発動することはできますか?
A:できます。(13/05/09)

広告