融合デッキ/Fusion Deck

 →エクストラデッキ

  • アニメGXでは、「ヘルカイザー亮vsマッドドッグ犬飼」戦、「十代vsヨハン(ユベル)」戦のようにメインデッキと混ぜている時もあれば、「翔vsヘルカイザー亮」戦のように分けていることもある。
    またデュエル外でも48話で万丈目がメインデッキを確認した際デッキに融合モンスターが混じっていた。
  • 劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』は原作のアフターストーリーだが、融合デッキではなくエクストラデッキという名称が使われている。
  • コナミのゲーム作品において―
    マスタールール以前から、データ容量の関係か、最大枚数の制限がされていた。
    作品によって数は異なるが、第5期終盤の作品では「30枚」とされている場合が多い。
    多くのデッキでは影響がないが、融合パターンが豊富な【E・HERO】ではOCGより採用できる融合モンスターが少なく、応用力が低下することもあった。

関連リンク

広告