裏側表示/Face-down

裏側表示のカードセットされたカード)について。

 フィールドに裏側表示で存在するカードセットされているカード)は、そのカードの内容について公開情報ではありませんので相手プレイヤーは確認する事ができません。
 モンスターゾーンに存在している場合にはモンスターとして判別されますが、それ以外の詳細な情報(モンスターカードの種類・カード名種族属性レベル攻撃力など)は判別できない状態です。
 魔法&罠ゾーンセットされている場合には、魔法カード罠カードのどちらかではありますがやはり詳細な情報は確認できません。
 これらの場合には、特定のカード名を必要とする効果適用されず、セットされたモンスターの場合には装備カード装備する事や、種族属性攻撃力などのカードの詳細な情報を必要とする効果適用する事はできません。
 例えば、エクシーズモンスターは裏側表示で存在する場合、モンスターカードの種類も判別できない状態として扱われますので、「エクシーズモンスター1体を選択して破壊する」というようなカードの効果で裏側表示のモンスターを選択する事はできない、という事になります。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0 より引用)


この件については過去に裁定が揺れていた時期があり、《戦線復活の代償》(「墓地へ送る」)で裏側表示モンスターコストにできたり、剣闘獣融合素材に裏側表示のモンスターが使用できない時期もあった。
第10期現在では、「リリースもしくは融合素材の場合は、裏側表示でも使用できる」の裁定で統一されている。

関連カード

裏側守備表示に関するカード裏側守備表示を参照
―裏側表示のカード除去する効果を持つカード伏せ除去を参照

―裏側表示で除外するコスト効果を持つカード裏側表示で除外を参照

―裏側表示の状態で効果発動できるカード

―裏側表示になった時に効果発動できるカード

関連リンク

広告