霊魂(エスプリット)/Shinob

 レイジング・テンペストで登場した「霊魂」と名のついたカード群。
 属するモンスター風属性鳥獣族スピリットで統一されており、レベル4の霊魂鳥(エスプリット・バード)レベル8の霊魂鳥神(エスプリット・ロード)が存在する。

 魔法・罠カードも含め、属するカードはいずれもスピリットに関する効果を持っている。
 中でも2体の霊魂鳥神(エスプリット・ロード)は以下の共通する効果を持ち、対になるようにデザインされている。

「霊魂の降神」により降臨。
このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの○○を3枚まで選んで持ち主の○○に戻す。
その後、○○からレベル4以下のスピリットモンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚できる。
(2):このカードが特殊召喚したターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを持ち主の手札に戻し、
自分フィールドに「霊魂鳥トークン」(鳥獣族・風・星4・攻/守1500)2体を特殊召喚する。
  • イラストには共通する丸いシンボルの装飾があり、また孔雀をモチーフとしていないモンスターにも必ずどこかに孔雀の羽を模した装飾がある。
  • 「エスプリット(esprit)」とはフランス語で「精神」や「魂」等を表す言葉であり、英語の「スピリット(spirit)」に相当する。
    • 英語名霊魂鳥(エスプリット・バード)が「Shinobird」、霊魂鳥神(エスプリット・ロード)モンスターの性別に合わせ「Shinobaron」または「Shinobaroness」となっている。
      織姫や彦星がモチーフと思われるのを顧みると、「偲ぶ」という単語を由来にしているのだろうか。
      他には、忍者を意味する「忍び(Shinobi)」の可能性もあるが、忍者要素のあるカード《霊魂鳥−忍鴉》程度である。

関連リンク

―「霊魂」

―その他のリンク

広告