Rare

 カードレアリティにおいて「レアカード」を指す。
 カード名の部分が箔押し加工されており、銀色(第6期以前)・金色(第7期以降)に光っているのが特徴。
 貴重なカード全般を意味する「レアカード」と区別するため、字レア、字キラ、文字銀、銀文字レアなどとも呼ばれる。
 主に一般発売されているパックに収録され、その数はノーマルよりも少ない。

 第4期以降は基本的に1パック1枚、パックの最後に封入されている。
 ただし、ウルトラレアアルティメットレアシークレットレアホログラフィックレアが封入されているパックは、代わりにそちらが入っている。

  • 再録パックでは種類が多いため、「狙いのカードを当てるのが最も大変なレアリティ」とも言われる。
  • 海外版では基本的に中央にレアが入っているが、たまに別の位置にレアが入っている。
  • DUELIST REVOLUTION以降、第7期以降では文字における装飾が銀色から金がかかった色になっている。
  • 3月発売のVJや同月公開の商品ポスターから、カード名を銀色で強調するようになり、見分けが付くようになった。

関連リンク

広告