UpperDeck

 過去にYU-GI-OH! TRADING CARD GAMEの販売を行っていた会社。「アッパーデック」と読む。
 正式名称は「Upper Deck Entertainment」。
 世界大会を運営したり、海外の禁止・制限カードを制定するなどしていたが、米国現地時間2008年12月11日にKONAMIからYU-GI-OH! TRADING CARD GAMEに関する業務のUpperDeckからKONAMI(Konami Digital Entertainment)への譲渡が発表された。
 それを受けUpperDeckはKONAMIと裁判で争っていたが、2009年2月終わりに下された判決により和解、現在は世界大会等を含む遊戯王TCG事業から手を引いている。

 強力なカードを軒並み日本語版よりも高レアリティ化した上で、更に同じレアリティの他のカードよりも極端に封入率を減少させていた。
 その一方でKONAMIが発行する日本語版・英語版(アジア版)のカードはUpperDeck主催の大会では使用できないルールを制定していた。
 その阿漕な販売戦略には国内外のプレイヤーから批判の声が少なからず上がっていた。
 (逆にUpperDeckが発行するカード海外オリジナルを除いて、KONAMIが主催する大会でも使用できた)
 他にも、The Duelist Genesis発売時には一般客はおろか問屋や販売店にも知らせずに商品の大幅な仕様変更を行い、大きな混乱を招いた。
 また、海外オリジナルの高性能カードをあっさり作ったり、日本と海外の裁定に違いがあるなどKONAMIとの繋がりにも不安があった。
 勿論悪い面だけでなく、大規模な公認大会の積極的な開催と、その運営体制に関しては評価されるところもあったのだが、それ以上に上記の問題点が目立っていたと言っていい。

 後に、にわかには信じがたい事ではあるが正規のパブリッシャーでありながら数十万枚もの偽造カード事件を首謀していたことが発覚した。
 これが直接の決め手となって業務体勢の刷新、そして裁判へ発展したようだ。
 (偽造カードは1st表記のカードでもホログラムが銀色など、本物とは各所が異なる模様。)

 UpperDeckは遊戯王以外にも様々なトレーディングカードの販売を行っている大手だが、この一件でかなり信用を落とし、スポーツカードの版権を巡って別の会社からも訴えられたりしている。
 結果的には裁判は和解の形で終結したが、アッパーデックの弁護士が和解時に語ったところによると、「現時点でアッパーデックのライフポイントはほとんど残っていない」とのこと。

関連リンク

外部リンク

広告