《エレクトリック・ワーム/Electric Virus》

効果モンスター
星3/光属性/雷族/攻1000/守1000
このカードを手札から墓地に捨てる。
このターンのエンドフェイズ時まで、相手フィールド上に表側表示で存在する
機械族またはドラゴン族モンスター1体のコントロールを得る。

 STRIKE OF NEOSで登場した、光属性雷族下級モンスター
 自身を特定の2種族への《洗脳−ブレインコントロール》に変える起動効果を持つ。

 機械族対策カードには《システム・ダウン》《酸の嵐》《電磁ミノ虫》《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》が存在する。
 そのため、《DNA改造手術》機械族への変化を促す【種族操作】では採用の余地がある。
 ホルスの黒炎竜へのメタとして非常に有効なカード。
 【お触れホルス】は、基本的に相手ターン中では《死霊騎士デスカリバー・ナイト》《天罰》と共存できないので特に有効。
 投入されるモンスターがほぼ機械族ドラゴン族で占められる、【サイバー・ダーク】へのメタとしても十分に機能する。

 手札から捨てるため、《禁止令》や「墓地に捨てることができない状況を生み出すカード」など、限られた手段でしか防げない。
 【パーミッション】の怨敵である《人造人間−サイコ・ショッカー》や、ビートダウンの基本である《サイバー・ドラゴン》も奪えるため、汎用性は中々に高い。
 《大寒波》からの《ダーク・アームド・ドラゴン》《裁きの龍》も奪え、リリースすることで対処することもできる。

 また、雷族であるため《バッテリーリサイクル》で回収が可能。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果誘発即時効果ですか?
A:いいえ、起動効果です。