*《生者の書−禁断の呪術−/Book of Life》 [#cb66580c]
*《&ruby(せいじゃ){生者};の&ruby(しょ){書};−&ruby(きんだん){禁断};の&ruby(じゅじゅつ){呪術};−/Book of Life》 [#top]
 通常魔法
 自分の墓地にあるアンデット族モンスター1体をフィールド上に特殊召喚し、
 相手の墓地にあるモンスター1体をゲームから除外する。
 (1):自分の墓地のアンデット族モンスター1体と相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
 その自分のアンデット族モンスターを特殊召喚する。
 その相手のモンスターを除外する。

 [[絶版]]となった第2期から登場した、[[アンデット族]]限定の[[蘇生]]カード。~
 [[アンデット族]][[モンスター]]の[[蘇生]]と、[[墓地]]掃除を兼ねる[[魔法カード]]。~
 [[Pharaonic Guardian −王家の守護者−]]で登場した[[通常魔法]]。~
 [[自分]]の[[アンデット族]][[モンスター]]を[[蘇生]]し、[[相手]]の[[墓地]]の[[モンスター]]を[[除外]]する[[効果]]を持つ。

 [[自分]]の[[墓地]]の[[アンデット族]][[モンスター]]に限定され、かつ[[相手]]の[[墓地]]に[[モンスター]]が居ない時には使えない等、多少の制約はある。~
 が、主な[[召喚]]対象である[[《ヴァンパイア・ロード》]]や[[《龍骨鬼》]]等の戦闘能力を考慮すると、制限されていないのはやはり脅威となる。~
 また、[[《リビングデッドの呼び声》]]や[[《早すぎた埋葬》]]のようにハンデを負うことなく[[完全蘇生]]できる点も評価できる。~
 同じく[[非制限]]である[[《蘇りし魂》]]や[[《降霊の儀式》]]等と比較すると、[[召喚]]対象が幅広く、有効性・[[汎用性]]は群を抜く。~
 [[蘇生]][[効果]]の[[対象]]となる[[モンスター]]は[[アンデット族]]であること以外に指定がなく、[[縛り]]は緩い。~
 [[《アンデットワールド》]]を併用すれば多くの[[モンスター]]を[[特殊召喚]]できる。~
 [[《ゴブリンゾンビ》]]等の[[下級モンスター]]はもちろん、[[《カース・オブ・ヴァンパイア》]]や[[《闇より出でし絶望》]]等の[[上級モンスター]]を[[蘇生]]し、すぐに[[フィールド]]を[[制圧]]できる。~
 また、[[《リビングデッドの呼び声》]]等とは違い[[完全蘇生]]でき、[[通常魔法]]なので、[[ドロー]]して即座に使える。~

 また、[[相手]]の[[墓地]]から[[モンスター]]を[[除外]]する[[効果]]も、十分に有効に働いてくれる。~
 しつこく[[自己再生]]し続ける[[《黄泉ガエル》]]への対処は、目下最大の優先事項であろう。~
~
 やはり、[[汎用性]]は高く、[[墓地]]に存在する[[モンスター]]1枚に変わる[[蘇生]]カードの有効性は推して知るべきであろう。~
 [[【アンデット族】]]になくてはならない[[魔法カード]]として、今も猛威を振るっているカードである。~
 [[手札事故]]の可能性はあるものの、3枚投入しても差し支えない。~
 [[モンスター]]を[[蘇生]]させるのと同時に、[[相手]]の[[墓地]]に存在する[[モンスター]]1体を[[除外]]できる。~
 これにより、こちらは[[蘇生]]を行いながら、[[墓地]]に存在する事で[[効果]]を[[発動]]する[[相手]]の[[キーカード]]を無力化することができる。~
 [[《D.D.クロウ》]]のように[[チェーン]]して行動を阻止することはできないとはいえ、[[相手]]の[[デッキ]]の種類と[[墓地]]の状態次第では大きな損害を与え得る。~

-なお、「[[相手]]の[[墓地]]に[[モンスター]]がいない」状態では[[空撃ち]]になるため、このカードを[[発動]]することはできない。~
そのため、[[【ドローゴー】]][[相手]]には、その[[デッキ]]の性質上[[手札]]で完全に[[腐って>腐る]]しまう。~
--ただし、[[除外]]しようとしたカードを[[《リビングデッドの呼び声》]]等で[[チェーン]]されて[[墓地]]から移動させられても、[[蘇生]]は可能である。~
後半の[[除外]][[効果]]のみが[[不発]]・[[無効]]になるだけで、[[特殊召喚]]を阻害することはできない。~
--同様に[[特殊召喚]]だけを[[無効]]にされても[[除外]]は阻害されない。~
[[発動]]さえ出来れば、片方だけでも有効であることを覚えておこう。
 [[【アンデット族】]]では[[《馬頭鬼》]]・[[《ゾンビ・マスター》]]に比肩する強みと言える。~
 しかし、[[相手]]の[[墓地]]に[[除外]]する[[モンスター]]が存在しない場合は[[発動]]できないので、[[ペンデュラムモンスター]]など[[墓地]]を利用しない[[相手]]では[[死に札>腐る]]になってしまいがちである。~

-[[墓地]]の[[モンスター]]を[[除外]]する[[効果]]の有効利用例。~
--[[蘇生]]されたくない、[[相手]]の切り札[[モンスター]]等を使用不可能にする。
--[[カードの効果]]で[[破壊]]した[[《ネフティスの鳳凰神》]]や[[《ヴァンパイア・ロード》]]を[[自己再生]]する前に[[除外]]する。~
--[[《天魔神 エンライズ》]][[《ギガンテス》]]等の[[コスト]]、本体を消し去る。~
--[[《スターダスト・ドラゴン》]]や[[《黄泉ガエル》]]を[[自己再生]]する前に[[除外]]する。~
--[[墓地リソース]]を[[除外]]して[[《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》]]・[[《ダーク・アームド・ドラゴン》]]等を妨害する。~
--[[墓地]]に存在すると厄介な[[《甲虫装機 ホーネット》]]等を[[除外]]する。

-かつては、[[相手]]が[[コスト]]として[[墓地]]に捨てた[[《キラー・スネーク》]]が絶好のカモであった。~
現在は[[《黄泉ガエル》]]等がカモとなる。
-[[効果]]について
--[[蘇生]]・[[除外]]の両方の処理が可能な場合にしか[[発動]]できない。~
それぞれの[[墓地]]に[[対象]]となる[[モンスター]]が存在しなければ[[空撃ち]]となり[[発動]]できない。~
[[《霊滅術師 カイクウ》]]や[[《王宮の鉄壁》]]が存在すると[[除外]]が行えないので[[発動]]できない。

-ところで、このカードの[[イラスト]]には、[[《死者蘇生》]]のマークが書かれているのだが、海外版でも修正されていない。~
[[《死者蘇生》]]と違って修正されていないのは、モチーフになっている「死者の書」「吸血鬼」はフィクションであり、宗教に関係しないからだろう。
--[[チェーン]]処理により、[[効果処理時]]にいずれか片方の[[効果]]が処理できなくなった場合、残る片方の[[効果]]のみを処理する。~
例えば、[[除外]]しようとした[[カード]]が[[墓地]]から移動した事により[[除外]]できなくなっても、[[蘇生]][[効果]]は処理される。~

---これを表現するためか、最新の[[テキスト]]では「[[特殊召喚]]する。(中略)[[除外]]する。」というように、[[特殊召喚]]と[[除外]]が2文に分けて書かれている。~
旧[[テキスト]]では1文でまとめて書かれていたため、「[[特殊召喚]]と[[除外]]のいずれかの処理ができない場合は両方とも[[不発]]になる」とも解釈できる[[テキスト]]であった。(→[[一連の効果]])~

--[[蘇生]]と[[除外]]は同時に行われるものとして扱う。~
よっていずれも[[タイミングを逃す]]要因にはならない。

-この[[カード]]が登場した頃に比べ、近年は[[除外]]を活用する[[デッキ]]は格段に増加している。~
この[[カード]]を使う際は主要な[[デッキ]]の戦術を事前に把握しておき、[[相手]]にとって有利な[[モンスター]]を誤って[[除外]]してしまわないように注意したい。~

-この[[カード]]の[[イラスト]]には、[[《死者蘇生》]]のマークが描かれているのだが、海外版で修正されていなかった。~
しかし、[[Structure Deck:Zombie World]]での再販で、ついに[[《皆既日蝕の書》]]に描かれているシンボルと同じものに修正。~
これまで修正されなかったのは、単なる見落としだったのだろうか。~
後に、[[Structure Deck:Spellcaster's Command]]で[[《月の書》]]、[[Retro Pack 2]]で[[《太陽の書》]]も修正された。

-モチーフは古代エジプトで死者と共に埋葬された死後の世界の案内書「死者の書」であろう。~
死者が[[オシリス>《オシリスの天空竜》]]神の支配する楽園へ至るまでの行程がヒエログリフと多数の絵により記されたパピルスである。~
[[アヌビス>《エンド・オブ・アヌビス》]]神が執り行う[[マアト>《マアト》]]の羽による審判の様子なども描かれており、古代エジプト人の死生観を知ることのできる貴重な資料である。

-原作・アニメにおいて―~
GXにおける「カミューラvsクロノス」戦において「カミューラ」が使用。~
[[《ヴァンパイア・ロード》]][[蘇生]]+[[《古代の機械獣》]][[除外]]から、[[《ヴァンパイアジェネシス》]]を[[召喚]]した。
アニメGXの「クロノスvsカミューラ」戦においてカミューラが使用。~
[[《ヴァンパイア・ロード》]]を[[蘇生]]し、クロノスの[[墓地]]の[[《古代の機械獣》]]を[[除外]]。~
そこからさらに、[[《ヴァンパイアジェネシス》]]の[[特殊召喚]]に繋げた。~

**関連カード [#of78c06d]
--アニメZEXAL英語版の31話でチャーリーが[[《No.7 ラッキー・ストライプ》]]の力で突風を起こして[[カード]]を吹き飛ばした後、チャーリーの手の平に舞い込んできた[[カード]]の1枚。~

**関連カード [#card]
-[[《死者蘇生》]]

&aname(reborn);
―[[アンデット族]]専用の[[蘇生]][[カード]]
-[[《蒼血鬼》]]
-[[《ゾンビ・マスター》]]
-[[《ファラオの化身》]]
-[[《闇竜の黒騎士》]]
-[[《馬頭鬼》]]

-[[《地獄の門番イル・ブラッド》]]
-[[《スピリッツ・オブ・ファラオ》]]

-[[《ヴァンパイアジェネシス》]]
-[[《死の王 ヘル》]]
-[[《ジャック・ア・ボーラン》]]
-[[《デスカイザー・ドラゴン/バスター》]]
-[[《不死王リッチー》]]
-[[《真紅眼の不死竜》]]

-[[《ピラミッド・タートル》]]
-[[《ミイラの呼び声》]]
-[[《デスカイザー・ドラゴン》]]
-[[《真紅眼の不屍竜》]]

**収録パック等 [#p8454201]
-[[《逢華妖麗譚−魔妖語》]]
-[[《不知火流 転生の陣》]]
-《生者の書−禁断の呪術−》

-[[《もののけの巣くう祠》]]
-[[《リターン・オブ・アンデット》]]

―[[相手]]の[[墓地]]の[[カード]]を除外する[[カード]]は[[除外>除外#card11]]を参照

―[[カード名]]関連
//関連に記述してあるもの、ページそのもののカードはコメントアウト
//イラストが酷似しているもの限定
-[[《月の書》]]
-[[《太陽の書》]]
-[[《皆既日蝕の書》]]
//-[[《生者の書−禁断の呪術−》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【アンデット族】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[Pharaonic Guardian −王家の守護者−]] PH-32 &size(10){[[Super]]};
-[[DUELIST LEGACY Volume.5]] DL5-117 &size(10){[[Super]]};
-[[BEGINNER'S EDITION 2]] BE2-JP230 &size(10){[[Super]]};
-[[DUELIST LEGACY Volume.5]] DL5-117 &size(10){[[Super]]};
-[[Pharaonic Guardian −王家の守護者−]] PH-32 &size(10){[[Super]]};
-[[ストラクチャーデッキ−アンデットの脅威−]] SD2-JP021
-[[ストラクチャーデッキ−アンデットワールド−]] SD15-JP024
-[[BEGINNER'S EDITION 2(第7期)]] BE02-JP188 &size(10){[[Super]]};
-[[ストラクチャーデッキR−アンデットワールド−]] SR07-JP027

**FAQ [#j652c25f]
Q:このカードは[[対象を取る効果>対象をとる(指定する)効果]]ですか?~
A:はい、[[対象を取る効果>対象をとる(指定する)効果]]です。
//**FAQ [#faq]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《生者の書−禁断の呪術−》,魔法,通常魔法,);