*《ジャイアント・ボマー・エアレイド》 [#v300abad]
 効果モンスター
 星8/風属性/機械族/攻3000/守2500
 このカードは通常召喚できない。
 「サモン・リアクター・AI」の効果でのみ特殊召喚する事ができる。
 1ターンに1度、手札を1枚墓地へ送る事で
 相手フィールド上に存在するカード1枚を破壊する。
 また、相手のターンに1度、次の効果から1つを選択して発動する事ができる。
 ●相手がモンスターの召喚・特殊召喚に成功した時に発動する事ができる。
 そのモンスターを破壊し、相手ライフに800ポイントダメージを与える。
 ●相手がカードをセットした時に発動する事ができる。
 そのカードを破壊し、相手ライフに800ポイントダメージを与える。
//英語名未表記カード 英語名を表記したらこの部分は削除
//ソース:http://i137.photobucket.com/albums/q238/manjyoume1/crms/016m.jpg

 [[CRIMSON CRISIS]]で登場した[[風属性]]・[[機械族]]の[[特殊召喚モンスター]]。~
 [[自分]]の[[ターン]]で、[[手札]]を[[墓地に送る]]事で[[相手]][[フィールド上のカード]]を[[破壊]]する[[効果]]を持っている。~
 また[[相手]]の[[ターン]]に、[[相手]]が[[召喚・特殊召喚に成功した]]時、または[[カード]]を[[セット]]した時に[[対象]]を[[破壊]]して[[ダメージ]]を与える[[効果]]を持つ。
// [[自分]]の[[ターン]]で、[[手札]]を[[墓地に送る]]事で[[相手]][[フィールド上のカード]]を[[破壊]]する[[起動効果]]を持っている。~
// また[[相手]]の[[ターン]]に、[[相手]]が[[召喚・特殊召喚に成功した]]時、または[[カード]]を[[セット]]した時に[[対象]]を[[破壊]]して[[ダメージ]]を与える[[効果]]を持つ。


 [[召喚条件]]を満たすのは大変だが、非常に高い[[ステータス]]と[[攻撃]]的な[[モンスター効果]]を持っている。~
 特に[[相手]]が守りに入っている時は凄まじいまでの強さを発揮する。~
 [[自分]]の[[ターン]]に[[発動]]できる[[効果]]は優秀な[[単体除去]]で、[[相手]][[フィールド上のカード]]を万能に[[破壊]]することができる。~
 [[相手]][[ターン]]で[[発動]]する[[効果]]は、[[コスト]]無しで[[カード]]を[[破壊]]でき、さらに[[ダメージ]]も与える。~
 [[セット]]した[[カード]]を[[破壊]]する[[効果]]は、実質[[相手]]の[[罠カード]]を使用不能にするのと同じことになる。~
 [[召喚]]・[[特殊召喚]]した[[モンスター]]に対しても[[発動]]出来るので、[[戦闘]]で倒すのは難しく、[[相手]]は2枚以上の[[カード]]で攻めなければならない。

 とはいえ[[耐性]]などは一切持っていないので、[[除去]][[カード]]には十分注意しよう。~
 もちろん[[モンスター効果]]の性質上、[[罠カード]]による[[除去]]には滅法強い。~
 また[[《N・グラン・モール》]]や[[《異次元の女戦士》]]のような[[戦闘]]を介する[[モンスター効果]]による[[除去]]にも間接的に[[耐性]]があると言える。~
 その性能から[[相手]]に[[セット]]を強要させる[[《魔封じの芳香》]]とは相性が良い。~
 [[《ダーク・シムルグ》]]も並べることで更に強固な[[ロック]]をかけることができる。~
 特に[[《ダーク・シムルグ》]]とは、3体の素材すべてが[[闇属性]]であることと、この[[カード]]自身が[[風属性]]であることから、それなりの[[シナジー]]も見込める。

 しかし、どちらの[[効果]]も1[[ターン]]に1度までである点に注意。~
 考えなしに[[破壊]]していては逆に[[《ダーク・アームド・ドラゴン》]]や[[《裁きの龍》]]の[[特殊召喚]]を手助けすることになりかねない。~
 特に[[カード]]が[[セット]]された時、[[破壊]]するかどうかは難しい読み合いとなる。~
 [[自分]]の[[ターン]]に前者の[[効果]]で[[破壊]]することを前提にするとしても、複数枚[[セット]]されると悩ましい問題となる。~
 デュエリスト同士の腕の見せどころと言えるだろう。

-自身の[[効果]]の性質上、[[《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》]]の[[融合素材]]とされる危険性はかなり低い。~
[[《サイバー・ドラゴン》]]を[[特殊召喚]]されても、この[[カードの効果]]で[[破壊]]すればよく、[[優先権]]とも何の関係も無い。

-「[[召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した]]」[[モンスター]]を[[破壊]]するのであり、「[[モンスターの召喚]]を[[無効]]にする」訳ではない点に注意。~
[[《D−HERO Bloo−D》]]は対処不可能である。

-[[AI>《サモン・リアクター・AI》]]・[[RR>《トラップ・リアクター・RR》]]・[[AID>《マジック・リアクター・AID》]]でAIRRAID(エアレイド、「空襲」の意)。~
3体のリアクターの名前にある英語は、繋げる事で意味を持つようになっている。~
//「アナグラム」は位置を変えるので違う。

-原作・アニメにおいて―~
アニメ5D'sにおいてボマーが使用する、彼のエース[[モンスター]]。~
アニメではこのような[[効果]]だった。~
 「デルタ・リアクター」の効果によってのみ特殊召喚する事ができる。
 相手がカードをプレイした時、そのカードを破壊して相手プレイヤーに
 800ポイントのダメージを与える。
 (この効果は、1ターンに1度のみ使用する事ができる)
 また、手札を1枚墓地へ送る事で相手フィールド上のカード1枚を
 破壊する事ができる。
《デルタ・リアクター》とは、3枚のリアクター[[カード]]である[[《サモン・リアクター・AI》]]・[[《トラップ・リアクター・RR》]]・[[《マジック・リアクター・AID》]]を[[自分]][[フィールド]]上から[[墓地に送る]]事で、[[手札]]・[[デッキ]]・[[墓地]]からこの[[カード]]を[[特殊召喚]]する[[通常罠]]である。~
~
「龍亞vsボマー」で初登場し、この時は龍亞の切り札[[《ガジェット・トレーラー》]]を[[効果]]で[[破壊]]し、この[[デュエル]]の[[フィニッシャー]]となった。~
「遊星vsボマー」でも遊星を苦しめたが、[[《ワンショット・ブースター》]]と[[《マッシブ・ウォリアー》]]の[[コンボ]]によって[[破壊]]されてしまった。~
[[攻撃]]名は「デス・エアレイド」。~
[[効果]]名は、[[相手]]の[[プレイ]]に反応する[[効果]]が「シャープ・シューティング」、[[手札]]を[[コスト]]に[[破壊]]する[[効果]]が「デス・ドロップ」。

--OCGでは現在基本的に使用されていない「[[プレイ]]」という単語が使われている。~
しかしOCGとは異なり、[[モンスター]]の[[召喚]]、[[反転召喚]]、[[特殊召喚]]、[[カード]]の[[セット]]しか[[プレイ]]には当てはまらないようだ。
 
//-コナミのゲーム作品において―~

//-神話・伝承において―~

**関連カード [#p78ea2e1]
-[[《サモン・リアクター・AI》]]

-[[《トラップ・リアクター・RR》]]
-[[《マジック・リアクター・AID》]]

//―《ジャイアント・ボマー・エアレイド》の姿の見られるカード
//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク

//**このカードを使用する代表的なデッキ
//-[[【】]]

**収録パック等 [#edce9094]
-[[CRIMSON CRISIS]] CRMS-JP016 &size(10){[[Rare]]};

**FAQ [#o9f30fb4]
//Q:それぞれの[[効果]]分類は何ですか?~
//A:(発売をお待ちください)

//Q:[[墓地送り>墓地に送る]]は[[コスト]]ですか?([[フィールド上のカード]]を[[破壊]]する[[効果]]は[[対象]]を取りますか?)~
//A:(発売をお待ちください)

Q:[[ダメージステップ]]で[[発動]]できますか?~
A:[[調整中]]。(08/11/16)

Q:「●[[相手]]が[[カード]]を[[セット]]した時〜」の[[効果]]は、[[相手]]が[[モンスター]]を[[裏側守備表示]]で[[通常召喚]](あるいは[[特殊召喚]])した時も[[発動]]可能ですか?~
A:[[発動]]可能です。(08/11/16)

//質問だけの投稿はお止めください。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//質問と回答を記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問がございましたら遊戯王エキスパートルールHPで調べるか、ルール質問BBSを利用してください。~