《エヴォルテクター シュバリエ/Evocator Chevalier》

デュアルモンスター
星4/炎属性/戦士族/攻1900/守 900
このカードは墓地またはフィールド上に表側表示で存在する場合、
通常モンスターとして扱う。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードを通常召喚扱いとして再度召喚する事で、
このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●自分フィールド上に表側表示で存在する装備カード1枚を墓地へ送る事で、
相手フィールド上に存在するカード1枚を破壊する。

 ストラクチャーデッキ−ウォリアーズ・ストライク−で登場した炎属性戦士族下級デュアルモンスター
 再度召喚する事で、相手フィールド上のカード破壊する起動効果を得る。

 デメリットアタッカーを除くと、下級戦士族モンスターの中ではトップクラスの攻撃力を持つので【戦士族】での採用が考えられる。
 また、装備魔法除去カードに変換できるので、装備魔法主体のデッキで使えるだろう。
 効果は1ターン内の発動可能回数に制限がなく、破壊できるカードの種類や表示形式を問わないため、装備カードがある限り相手フィールド上のカード破壊し続けることが可能。

 装備カード手札加える方法だが、《アームズ・ホール》発動すると通常召喚権を失ってしまうため、デュアルであるこのカードとはやや相性が悪い。
 よって、《スーペルヴィス》サーチする等の工夫が必要になるが、《泉の精霊》《名工 虎鉄》効果の発動まで手間がかかり、決して効率が良いとは言い難い。
 やはりここは、毎ターンノーコスト装備カードサーチできる《パワー・ツール・ドラゴン》を共に並べたいところ。
 最近では装備魔法の扱いに長けたヴァイロンが登場したので、そちらと組み合わせても良いだろう。

 《神剣−フェニックスブレード》を使う事で、墓地コスト除去効果に変えることが可能となる。
 墓地が肥えた状態ならば相手フィールドをガラ空きにすることもできるだろう。
 自身も戦士族でありシナジーが見込めるので、このカードを使う場合は合わせて採用したい。
 デュアルモンスター【ローレベル】通常モンスターを主軸に組むデッキの場合は、《下克上の首飾り》など専用の装備魔法が多いのでこのカードも無理なく組み込める。
 また同ストラクチャーデッキに収録された《スーペルヴィス》は、即モンスター効果の発動に繋げられると同時に0:1交換を可能とするサポートカードとなるため、是非合わせて投入したい。

 《悪魔のくちづけ》《デーモンの斧》といった装備魔法は、タイミングを逃すためデッキ戻す効果は使えない。
 また、装備カード破壊ではなく墓地に送るため、《盗人の煙玉》《鎖付き爆弾》とのコンボは行えない。
 その反面、《継承の印》《再融合》を指定することで完全蘇生が可能となる。

 勘違いしがちだが、このカード自身に装備されている装備カードである必要はない。
 【サクリファイス】【Bloo−D】においては、吸収したモンスター《契約の履行》墓地に送る事ができる強力なパートナーとなってくれるだろう。
 《ギガプラント》を中心とした【植物族】では、《スーペルヴィス》《継承の印》の他にも《薔薇の刻印》《植物連鎖》といった有用な装備カードの選択肢が豊富に存在するため、このモンスターを隠し味に投入するのも良いだろう。
 また、《ビッグバン・シュート》相手モンスターに装備させて単体除去を兼ねるコンボも問題なく行うことができる。

 装備カードなら何でもよいので、装備魔法はもちろんユニオンモンスターや一部の罠カード墓地に送ることが可能。
 《鎖付きブーメラン》等は状況に応じて使い分ける事ができるだろう。
 ユニオン《六武衆の御霊代》《アーマー・ブレイカー》戦士族であるためデッキによっては十分活躍が見込める。
 変わったところでは装備カード状態の《アームズ・エイド》墓地に送ることができる。
 最後の一撃さえ安全に通せれば勝てるという状況では利用できる。

関連カード

―類似効果を持つモンスター

―《エヴォルテクター シュバリエ》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:起動効果になります。(09/06/20)

Q:《戦線復活の代償》をこのカード装備させている状態で効果発動しました。
この時このカードフィールドに存在していませんが、どういう処理になりますか?
A:効果発動時にこのカード自身は墓地へ送られますが、その場合でも破壊する効果適用されます。(09/06/21)

Q:《スキルドレイン》効果が適用されたこのモンスターフィールドに存在します。
  《スーペルヴィス》を装備したこのモンスターは、効果の発動をして装備カードコストとして墓地に送ることができますか?
  (効果無効化されますが、効果の発動自体は可能ですか?)
A:できます。なお、効果無効化されます。(09/08/16)

Q:墓地に送るのはコストですか?
A:コストです。(09/07/09)

Q:対象をとりますか
A:とります。(10/05/28)

Q:相手フィールド上に《剣闘獣の戦車》が伏せてあり、剣闘獣モンスターが1体のみ存在しています。
  自分フィールド上には効果モンスター状態の《エヴォルテクター シュバリエ》がおり、相手フィールド剣闘獣モンスター自分《ビッグバン・シュート》を装備してあります。
  《ビッグバン・シュート》コストに《エヴォルテクター シュバリエ》の効果発動する場合、相手モンスターはどのタイミングで除外されますか?
  又、この状況で相手《剣闘獣の戦車》発動できますか?
A:コストを払った時点で、剣闘獣モンスター除外されます。
  よって、《剣闘獣の戦車》発動するタイミングでは剣闘獣モンスターフィールドから既に存在しなくなっているので、《剣闘獣の戦車》発動ができません。(09/07/09)

Q:相手フィールド上に、自分発動した《ビッグバン・シュート》を装備したモンスター1体のみが存在する場合、その《ビッグバン・シュート》をコストにして効果発動できますか?
A:コストにした時点で、相手フィールド上にカードが存在しなくなるため、効果発動すること自体ができません。(09/09/12)