*《オッドアイズ・フュージョン/Odd-Eyes Fusion》 [#top]
 通常魔法
 「オッドアイズ・フュージョン」は1ターンに1枚しか発動できない。
 (1):自分の手札・フィールドから、
 ドラゴン族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
 その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
 相手フィールドにモンスターが2体以上存在し、
 自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
 自分のエクストラデッキの「オッドアイズ」モンスターも
 2体まで融合素材とする事ができる。
//英語名:http://www.ebay.de/itm/Yugioh-Odd-Eyes-Fusion-DOCS-EN063-Secret-Rare-1st-Ed-/371475845642?hash=item567daf920a:g:btEAAOSwAYtWMw7j
 自分のエクストラデッキの「オッドアイズ」モンスターも2体まで融合素材とする事ができる。

 [[ディメンション・オブ・カオス]]で登場した[[通常魔法]]。~
 [[ドラゴン族]][[融合モンスター]]専用の[[融合召喚]][[カード]]であり、特定条件下で[[エクストラデッキ]]の[[オッドアイズ]]を2体まで[[融合素材]]に使用できる[[効果]]を持つ。~

 [[ドラゴン族]][[融合モンスター]]専用の[[融合]][[カード]]だが、特定条件下で[[エクストラデッキ]]の[[オッドアイズ]]を[[融合素材]]に使用できるようになる。~
 [[融合素材]]にできる[[エクストラデッキ]]の[[オッドアイズ]]は表・裏どちらでも良いため、当初用意した裏向きの[[エクストラデッキ]]15枚の[[カード]]以外にも表向きで加わった[[《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]も[[融合素材]]に使用できる。~
 [[融合素材]]の選択範囲は[[《融合》]]と変わらず、出せる[[モンスター]]は[[ドラゴン族]]に限定されるが、特定条件下で[[エクストラデッキ]]の[[オッドアイズ]]を[[融合素材]]に使用できるのが[[メリット]]。~
 [[融合素材]]にできる[[エクストラデッキ]]の[[オッドアイズ]]は表向き・裏向きどちらの状態でも良いため、当初用意した裏向きの[[エクストラデッキ]]15枚の[[カード]]以外にも表向きで加わった[[オッドアイズ]][[モンスター]]も[[融合素材]]に使用できる。~
 [[エクストラデッキ]]で[[融合素材]]を用意できるため、[[ディスアドバンテージ]]を軽減できる上に[[墓地を肥やす]]必要もない。~
 [[融合素材]]に使用できるのは2体までだが、3体目以降を[[手札]]から用意できるのであれば[[《F・G・D》]]等も[[融合召喚]]できる。~

 しかし、[[相手]]依存の上に[[エクストラデッキ]]を圧迫するため、[[シンクロ召喚]]・[[エクシーズ召喚]]の対応幅が狭まってしまう。~
 そもそも、[[オッドアイズ]]とその[[融合モンスター]]を採用する[[デッキ]]は[[ペンデュラム召喚]]を軸としている事から[[フィールド融合]]を主体とするため、[[適用]]条件と全く噛み合っていない。~
 とはいえ、[[相手]]依存の条件になる上に[[エクストラデッキ]]に[[オッドアイズ]]を採用することになるため、[[シンクロ召喚]]・[[エクシーズ召喚]]の対応幅が狭まってしまう。~
 更に[[自分]]の[[リンクモンスター]]が場にいると条件を満たせないので、基本的には[[エクストラモンスターゾーン]]に[[融合召喚]]しても後続を展開できる[[デッキ]]が望ましい。~
//そもそも、[[オッドアイズ]]とその[[融合モンスター]]を採用する[[デッキ]]は[[ペンデュラム召喚]]を軸としている事から[[フィールド融合]]を主体とするため、[[適用]]条件と全く噛み合っていない。~
//ペンデュラム召喚による再利用にはリンクモンスターもいるなど、フィールド融合するには消費も激しくなる点が多いので噛み合っていないとは言えない

 そのため、はじめからこの[[カード]]専用構築にして、スムーズに条件を満たせるようにするといいだろう。~
 特に[[《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》]]は[[ドラゴン族]][[シンクロモンスター]]を用意するのが難しかったため、[[融合召喚]]先として有望である。~
 [[《ミラクルシンクロフュージョン》]]を使えば2体目を並べることも容易。~
 つまり、[[【オッドアイズ】]]で[[融合]]要素を含むなら採用するというような[[カード]]ではなく、初めからこの[[カード]]専用構築にして、スムーズに条件を満たせるようにするべきだろう。~
//特に[[《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》]]は[[ドラゴン族]][[シンクロモンスター]]を用意するのが難しかったため、[[融合召喚]]先として有望である。~
//スターヴ・ヴェノムの方がコピー範囲も広く有用
 [[《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》]]であれば[[エクストラデッキ]]の[[モンスター]]だけで[[融合召喚]]でき、[[融合素材]]とした[[モンスター]]の[[効果]]も得られる。~
 また、[[ペンデュラムモンスター]]以外の[[エクストラデッキ]]の[[カード]]は[[蘇生制限]]に引っ掛かるため、[[《ミラクルシンクロフュージョン》]]等の[[墓地融合]]に繋げたい。~

 自身が「[[オッドアイズ]]」[[カード]]であるため、[[《天空の虹彩》]]での[[サーチ]]にも対応する。~
 その際に[[モンスター]]を[[破壊]]しておけば、追加[[効果]]の条件も満たしやすくなる。~
 [[《覇王龍ズァーク》]]の[[融合素材]]を[[墓地に送る>墓地へ送る]]のにも適している。~
 [[オッドアイズ]]の[[シンクロ>シンクロモンスター]]・[[エクシーズ>エクシーズモンスター]]・[[ペンデュラムモンスター]]を素材に[[《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》]]や[[《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》]]を[[融合召喚]]すれば、[[融合召喚]]した[[モンスター]]を含め1度に3枚も[[エクストラデッキ]]から抜き出す事ができる。~

-[[エクストラデッキ]]の[[オッドアイズ]]2体のみで[[融合召喚]]できる[[融合モンスター]]は、現状[[《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》]]・[[《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]だけである。~
 自身が「[[オッドアイズ]]」[[カード]]であるため、[[《天空の虹彩》]]での[[サーチ]]にも対応しているのも利点。~
 その際に[[モンスター]]を[[破壊]]しておけば、追加[[効果]]の条件も満たしやすくなるため、ぜひ併用しておきたい。~

-[[エクストラデッキ]]の[[モンスター]]を[[融合素材]]に使用できる初の[[カード]]である。~
--OCGになっていないものも含めると、漫画5D'sで《エクストラ・フュージョン》という前例がある。
--[[OCG]]化されていないものも含めると、漫画5D'sで《エクストラ・フュージョン》という前例がある。

-[[イラスト]]は多くの[[融合召喚]][[カード]]に見られる[[《融合》]]を踏襲した渦巻く[[モンスター]]だが、描かれているのは[[《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]1体のみである。~
本来ならもう1体の[[モンスター]]がいるべき場所の代わりに、[[《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]の右目が描かれている。~
これは、「[[秘術の眼>《ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]」・「[[野獣の眼>《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]」のように、[[融合素材]]としたもう1体の力を右目に取り込んで進化しているアニメの演出を意識しているのだろう。~
本来ならもう1体の[[モンスター]]がいるべき場所の代わりに、左右の色が異なる眼が描かれている。~
これは、「[[秘術の眼>《ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]」・「[[野獣の眼>《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]」のように、[[融合素材]]としたもう1体の種族の力を眼に取り込んで進化しているアニメの演出を意識しているのだろう。~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[オッドアイズ]]
-[[フュージョン]]

―[[エクストラデッキ]]の[[オッドアイズ]]を[[融合素材]]にできる[[融合モンスター]]
―[[イラスト]]関連
-[[《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]

**[[エクストラデッキ]]の[[オッドアイズ]]を[[融合素材]]にできる[[融合モンスター]] [#list]

―下準備を必要とせず[[エクストラデッキ]]のみで[[融合召喚]]できる[[融合モンスター]]
-[[《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》]]
-[[《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》]]
-[[《ヴァレルロード・F・ドラゴン》]]

―特定の[[オッドアイズ]][[ペンデュラムモンスター]]を[[エクストラデッキ]]に送れば[[エクストラデッキ]]のみで[[融合召喚]]できる[[融合モンスター]]
-[[《EMオッドアイズ・メタル・クロウ》]]([[EM]]・[[オッドアイズ]]の双方に属する[[ペンデュラムモンスター]]の内1体を[[エクストラデッキ]]に送る必要あり)
-[[《始祖竜ワイアーム》]] ([[《オッドアイズ・アークペンデュラム・ドラゴン》]]2体を[[エクストラデッキ]]に送る必要あり)
-[[《ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]([[《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]+[[《EMオッドアイズ・ディゾルヴァー》]]または[[《EMオッドアイズ・シンクロン》]]を[[エクストラデッキ]]に送る必要あり)
-[[《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]([[《EMオッドアイズ・ユニコーン》]]を[[エクストラデッキ]]に送る必要あり)

―[[エクストラデッキ]]の[[オッドアイズ]]とは別に[[手札]]・[[フィールド]]に[[融合素材]]を必要とする[[融合モンスター]]
-[[《呪符竜》]]
-[[《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》]]
-[[《グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》]]
//覇王紫竜・覇王白竜・覇王眷竜が該当
-[[《召喚獣コキュートス》]]
-[[《スターヴ・ヴェネミー・リーサルドーズ・ドラゴン》]]
-[[《天翔の竜騎士ガイア》]]
-[[《ドラゴンメイド・ハスキー》]]
-[[《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》]]
-[[《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]
-[[《F・G・D》]]([[手札]]と合わせて合計5体の[[ドラゴン族]]が必要)
//メテオバースト・覇王白竜が該当
-[[《F・G・D》]]
//-[[《氷獄龍 トリシューラ》]]
//不可能。全ての融合素材が手札又はフィールドに存在しなければならない。
-[[《ブレイブアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]([[《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]または[[《オッドアイズ・アークペンデュラム・ドラゴン》]]を[[エクストラデッキ]]に送る必要あり)
-[[《竜騎士ブラック・マジシャン》]]
-[[《竜騎士ブラック・マジシャン・ガール》]]
-[[《ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]

//―その他の[[ドラゴン族]]の[[融合モンスター]]については[[《龍の鏡》]]を参照。
**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【オッドアイズ】]]

―[[イラスト]]関連
-[[《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[ディメンション・オブ・カオス]] DOCS-JP063 &size(10){[[Super]],[[Secret]]};

**FAQ [#faq]
Q:[[《チェーン・マテリアル》]]の[[効果]]を[[適用]]させてこの[[カード]]の[[効果]]で[[融合召喚]]する場合に[[エクストラデッキ]]の[[オッドアイズ]][[モンスター]]を[[融合素材]]として選ぶ事ができますか?~
A:いいえ、できません。(15/07/17)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。

----
&tag(《オッドアイズ・フュージョン》,魔法,通常魔法,オッドアイズ,フュージョン);