*《カマキラー》 [#top]
 通常モンスター
 星4/地属性/昆虫族/攻1150/守1400
 二本のカマで相手に襲いかかる、人型のカマキリモンスター。

 [[Vol.3]]で登場した[[地属性]]・[[昆虫族]]の[[下級モンスター]]。~
 [[空飛ぶカマキリ>《フライングマンティス》]]はこの[[カード]]よりはるかに[[攻撃力]]が高い。~

 [[レベル]]・[[属性]]・[[種族]]が同じ[[通常モンスター]]の中でも[[ステータス]]が低い。~
 [[《奈落の落とし穴》]]に落ちないという点で見ても[[攻撃力]]・[[守備力]]が共に勝る[[《ビック・アント》]]・[[《ゴキボール》]]が存在する。~
 [[《ゴキポール》]]で[[特殊召喚]]できる中で最も[[攻撃力]]が低い[[カード]]。~
 [[《ゴキポール》]]は[[特殊召喚]]した[[モンスター]]の[[攻撃力]]以上の[[モンスター]]に対する[[除去]][[効果]]を持つため、もっとも[[除去]]範囲が広いのはこの[[カード]]となる。~

-ちなみに、上に挙げた[[モンスター]]は全部インセクター羽蛾が使用した[[カード]]である。~
そのためインセクター羽蛾の[[ファンデッキ]]においても優先度は高いとはいえない。~
 ただし、次点の[[攻撃力]]1200である[[《ビック・アント》]]・[[《キラー・ビー》]]・[[《ゴキボール》]]との差はわずか50。~
 これらを[[《ゴキポール》]]で[[特殊召喚]]する場合と比べ、[[攻撃力]]1150〜1199の[[モンスター]]を[[破壊]]できるという僅かなメリットしか存在しない。~
 また[[《ビック・アント》]]・[[《ゴキボール》]]とは[[属性]]も同じで、[[守備力]]も似たり寄ったりである。~
 初期に作られ一度も再販されていない希少な[[カード]]なので、いずれか手に入った[[カード]]を使えば良いだろう。~

-特撮物やアニメの怪人、怪物等でおなじみの名前でもある。~
-[[空飛ぶカマキリ>《フライングマンティス》]]はこの[[カード]]よりはるかに[[攻撃力]]が高い。~

-「カマキラー」は特撮物やアニメの怪人、怪物等でおなじみの名前でもある。~
同名のキャラは多数いるので検索すると大量に出てくる。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメでは「決闘者の王国編」の「遊戯vsインセクター羽蛾」戦で[[《吸血ノミ》]]の代わりに登場。~
[[《聖なるバリア −ミラーフォース−》]]の[[ダメージ計算]]がおかしかったための差し替えだろうか。~
また、アニメでは海馬も所持している様で、王国編ではジュラルミンケースに入れていた。~
またアニメ88話で、複製した[[《ラーの翼神竜》]]を[[召喚]]するための[[生け贄]]になっていた。~

--海外オリジナルのカプセルモンスターズ編では遊戯に襲い掛かったが、[[《エルフの剣士》]]に倒された。~

--アニメGXでは、「十代vs[[ブロン>《暗黒界の狂王 ブロン》]]」戦の観客として登場。~

-コナミのゲーム作品について─~
DM8では、これまでのGB作品でこの[[カード]]の収録番号であった535が[[《マジック・ランプ》]]に置き換わり、未収録となっている。~
--この[[カード]]は[[OCG]]では[[海外未発売カード]]であるが、[[遊戯王オンライン]]等では《Kamakiriman》の[[英語名]]が与えられている。~
この[[カード]]は[[OCG]]では[[海外未発売カード]]であるが、[[遊戯王オンライン]]等では《Kamakiriman》の[[英語名]]が与えられている。~
//ttp://yugioh.wikia.com/wiki/Kamakiriman
[[英語名]]はなんと「カマキリマン」であり、少しシュールである。~

**関連カード [#card]
―カマキリの[[モンスター]]
-[[《インヴェルズ・マディス》]]
-[[《甲虫装機 ギガマンティス》]]
-[[《ナチュル・マンティス》]]
-[[《フライングマンティス》]]
-[[《女帝カマキリ》]]
-[[《デスサイズ・キラー》]]
-[[《ヴァリュアブル・アーマー》]]
-[[《インヴェルズ・マディス》]]
-[[《甲虫装機 ギガマンティス》]]
-[[《ランカの蟲惑魔》]]

―[[英語名]]がカマキリ
-[[《ドラゴンフライ》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[Vol.3]]
----
&tag(《カマキラー》,通常モンスター,モンスター,星4/地属性/昆虫族/攻1150/守1400);