* 《コンデンサー・デスストーカー》 [#top]
* 《コンデンサー・デスストーカー/Capacitor Stalker》 [#top]
 効果モンスター
 星5/光属性/サイバース族/攻2000/守1000
 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードが召喚に成功した時、このカード以外の自分フィールドのサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
 このモンスターが表側表示で存在する間、そのモンスターの攻撃力は800アップする。
 (2):モンスターゾーンのこのカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
 お互いのプレイヤーは800ダメージを受ける。
//英語名未表記カード 英語名を表記したらこの部分は削除

 [[CIRCUIT BREAK]]で登場した[[光属性]]・[[サイバース族]]の[[上級モンスター]]。~
 [[召喚に成功した]]時に[[サイバース族]][[モンスター]]を[[強化]]する[[誘発効果]]、[[効果]]で[[破壊]]され[[墓地へ送られた]]場合、[[お互い]]に[[ダメージ]]を与える[[誘発効果]]を持つ。~

 (1)は[[上級モンスター]]であるこの[[カード]]を[[召喚]]した時にしか[[発動]]できない。~
 自身を[[対象]]にできないので、[[強化]]したい[[サイバース族]]と[[リリース]]と[[召喚]]権が揃っていなければ[[発動]]できない。~
 また、この[[カード]]が[[フィールド]]を離れると効力が切れてしまうため、(2)の[[効果]]とも相性は良くない。~
 自身を[[対象]]にできないので、[[強化]]したい[[サイバース族]]と[[リリース]]と[[召喚権]]が揃っていなければ[[発動]]できない。~
 [[《サイバネット・オプティマイズ》]]で[[召喚権]]は確保できるが、[[サイバース族]]では[[《サイバース・ガジェット》]]などに[[召喚権]]を使いたい場合が多く、この[[カード]]を[[召喚]]する余裕がない。~
 また、この[[カード]]が[[フィールド]]を離れると効力が切れてしまうため、[[強化]]後に[[リンク素材]]に使えず、(2)の[[効果]]とも相性は良くない。~
 [[サイバース族]]の[[強化]]が狙いなら[[下級モンスター]]の[[《クラインアント》]]の方が使いやすく、数値こそ300小さいが[[全体強化]]なので総合的な[[強化]]値はこの[[カード]]を上回りやすい。~
 [[強化]]したい[[サイバース族]]が[[リンクモンスター]]なら、この[[カード]]ではなく[[下級]][[サイバース族]]を入れておけば[[《フレイム・アドミニスター》]]を[[リンク召喚]]でき、同様の[[強化]]が可能である。~

 (2)は[[効果]][[破壊]]時に[[お互い]]に800[[効果ダメージ]]を与える[[効果]]。~
 自身の[[攻撃力]]が[[上級モンスター]]の基準に届いておらず、[[戦闘破壊]]されて[[発動]]できない可能性が高い。~
 また、[[発動]]できても[[自分]]も[[ダメージ]]を受けるため、[[ライフ・アドバンテージ]]とはならない。~
 一応、[[効果ダメージ]]を[[トリガー]]とする[[《サイバース・ビーコン》]]などの[[トリガー]]となるが、[[上級モンスター]]であるこの[[カード]]でやるべきではないだろう。~
 (2)は[[効果破壊]]された時に[[お互い]]に[[バーン]]を行う[[効果]]だが、数値が800と微妙な上に[[お互い]]に[[ダメージ]]を与えるため[[ライフ]]差がつかない。~
 自身の[[攻撃力]]が[[上級モンスター]]の基準に届いておらず、[[戦闘破壊]]されて[[発動]]できない可能性も高い。~
// 一応、[[効果ダメージ]]を[[トリガー]]とする[[《サイバース・ビーコン》]]などの[[トリガー]]となるが、[[上級モンスター]]であるこの[[カード]]でやるべきではないだろう。~
//サイバース・ビーコンは自分の効果に非対応

 [[攻撃力]]も[[効果]]も[[上級モンスター]]としてはあまりにも力不足で、到底採用圏外の[[カード]]と言わざるを得ない。~

-名前の由来は[[コンデンサー>《ダメージ・コンデンサー》]]+[[デスストーカー>《デス・ストーカー》]]だろうか。~
--サソリの尻尾の先に当たる部分がコンデンサーの形状を模しており、長短の端子もコンデンサー特有の極性(端子の長い方が+極)を表したものだろう。
--[[雷族]]や[[昆虫族]]でもおかしくない名前だが、[[サイバース族]]である。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメVRAINS第9話の「遊作/Playmaker vsリボルバー」戦においてPlaymakerが使用。~
アニメVRAINSの「遊作/Playmaker vsリボルバー」(1戦目)においてPlaymakerが使用。~
[[ドラゴノイドトークン]]を[[リリース]]して[[アドバンス召喚]]される。~
[[《クラッキング・ドラゴン》]]の[[弱体化]][[効果]]を受けたが、(1)の[[効果]]で[[《デコード・トーカー》]]を[[強化]]して[[《クラッキング・ドラゴン》]]の[[戦闘破壊]]を補助し、自身も[[直接攻撃]]に成功した。~
次のリボルバーの[[ターン]]に、[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]の[[効果]]で[[破壊]]され、(2)の[[効果]]により両者に[[ダメージ]]を与えた。~
さらに次のPlaymakerの[[ターン]]で[[《リモート・リボーン》]]によってリボルバーに[[蘇生]]され、再び[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]の[[効果]]で[[破壊]]、再度両者に[[ダメージ]]を与えて[[引き分け]]にした。~
//--なお、この時[[《デコード・トーカー》]]ではなく[[《エンコード・トーカー》]]を[[リンク召喚]]し、(1)の[[効果]]で[[《エンコード・トーカー》]]を[[強化]]、さらに[[《クラッキング・ドラゴン》]]を[[攻撃]]して[[《エンコード・トーカー》]]の[[効果]]で自身の[[攻撃力]]を3000[[強化]]していれば、[[《エンコード・トーカー》]]の[[攻撃力]]は6100になり、3100の[[戦闘ダメージ]]で遊作は勝利していた。~
//ただし、この[[カード]]を[[召喚]]した時点で遊作の[[ライフポイント]]は1800になっており、この[[カード]]の[[効果ダメージ]]を受ければ[[スキル>スピードデュエル#skill]]「Storm Access」を使用できる状況を作り出せる。~
//そのため、一概にプレイングミスとは考えにくい。~
//エンコードトーカーで戦闘破壊耐性が発生する
//コンデンサーで殴りエンコードの効果を使えば攻撃力計3800アップして3100の戦闘ダメージが通り終了します
//説明が足りてないのでわからない。このカードの効果とってどの効果?
//コンデンサーの攻撃力をアップさせる効果をエンコードに使い、そのままコンデンサーで攻撃しエンコードの効果を発動させることです
//コンデンサーで+800、エンコードで+3000してエンコードが6100になり、3000のクラッキングを殴って3100ダメージ……って事だと思う、ただ説明があまりに下手過ぎるんで、今の文章のままなら書かない方がマシ。
//一概にプレイングミスとは考えにくい。ならわざわざ書く必要ないと思う
//そもそも人質を助けるために受けた勝負でスキルを優先する理由が皆無
//特に[[《デコード・トーカー》]]を優先する理由はなく、デュエル構成のミスといえる。~
//以前も指摘したけど、「非公開領域などのカードについては、そのカードが使用可能状態であった可能性が高いことについての根拠を記述する。」というルールがある以上、[[《エンコード・トーカー》]]がエクストラデッキにいた可能性が高いことに言及しない記述はNG

//概ね賛成ですが、[[《エンコード・トーカー》]]がリンク召喚できる状況にあったこと(エクストラデッキに確実に存在していたと言える理由)と、プレイングミスではなく、デュエルの構成上のミスであることを詳しく書かないと不自然な文章だと思います
//構成ミスであると表記している以上コメントアウトする理由はありません
//そのデュエルの時のエクストラにエンコードがいたのかどうかが客観的にわかんないからね(多分いたし、エンコのこと構成からぬけてたんだろうけど)もっと言うならデコードを優先する理由はあったよ。演出的な意味で
//演出的に意味があることと構成ミスであることに矛盾はないのでは?デッキ構成が変わる描写もありませんし

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[《デス・ストーカー》]]

//―[[イラスト]]関連
//カードのイラストに描かれているカードが存在した場合、そのカードをリンク

//―《コンデンサー・デスストーカー》の姿が見られる[[カード]]
//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[CIRCUIT BREAK]] CIBR-JP002

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《コンデンサー・デスストーカー》,モンスター,効果モンスター,星5/光属性/サイバース族/攻2000/守1000);