*《レスキューフェレット》 [#top]
*《レスキューフェレット/Rescue Ferret》 [#top]
 効果モンスター
 星4/地属性/獣族/攻 300/守 100
 このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):フィールドのこのカードを持ち主のデッキに戻して発動できる。
 レベルの合計が6になるようにデッキから「レスキューフェレット」以外のモンスターを任意の数だけ選び、
 レベルの合計が6になるように
 デッキから「レスキューフェレット」以外のモンスターを任意の数だけ選び、
 リンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
 この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。
//英語名未表記カード 英語名を表記したらこの部分は削除
//ソース:2/21発売のVJ及び公式サイト
 この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、
 エンドフェイズに破壊される。

 [[CODE OF THE DUELIST]]で登場する[[地属性]]・[[獣族]]の[[下級モンスター]]。~
 自身を[[デッキ]]に[[戻す]]ことで[[リンクモンスター]]の[[リンク先]]に[[レベル]]合計が6となるように[[モンスター]]を[[リクルート]]する[[効果]]を持つ。~
 [[CODE OF THE DUELIST]]で登場した[[地属性]]・[[獣族]]の[[下級モンスター]]。~
 自身を[[デッキ]]に[[戻す]]ことで[[リンクモンスター]]の[[リンク先]]に[[レベル]]合計が6となるように[[モンスター]]を[[リクルート]]する[[起動効果]]を持つ。~

 出せる場所が1箇所しかなくとも任意の[[レベル]]6を[[リクルート]]でき、様々な[[コンボ]]に利用可能。~
 例えば[[《D−HERO ディアボリックガイ》]]を[[リクルート]]すれば、[[シンクロ素材]]などにしてさらに展開可能。~
 出せる場所が2箇所あれば[[レベル]]3を2体出し[[エクシーズ召喚]]につながる他、[[シンクロ召喚]]にもつながる。~

 [[リンクモンスター]]が存在して初めて使える[[効果]]なので序盤では[[腐る]]可能性がある。~
 [[リンクモンスター]]が存在して初めて使える[[効果]]なので、素早く[[リンクモンスター]]を展開できるようにしたい。~
 幸い[[召喚制限]]は無く、[[リクルーター]]に対応する[[ステータス]]なので[[フィールド]]に出すタイミングはある程度選ぶことはできる。~
 [[効果]][[使用]]後は[[デッキ]]に戻るため[[リクルーター]]で再利用する等といった方法を取るといいだろう。~
 主な[[リクルート]]方法は[[《レスキューキャット》]]を参照したいが、こちらは[[リンクモンスター]]の[[効果]]を利用することも考えたい。~
 [[サーチ]]しておき、[[《鎖龍蛇−スカルデット》]]で[[特殊召喚]]して[[効果]]を使うといった手が考えられる。~
 [[《妖醒龍ラルバウール》]]による[[サーチ]]を絡めた[[コンボ]]であれば1枚から[[《鎖龍蛇−スカルデット》]]によってこの[[カード]]を[[特殊召喚]]する動きが可能になる。~

//-[[メインモンスターゾーン]]にしか[[リクルート]]できないこの[[カード]]で3体を展開するには、[[エクストラモンスターゾーン]]に上下どちらか片方に3つの[[リンクマーカー]]を持つ[[リンクモンスター]]を置くしか方法はない。~
//(上側3つの場合は[[相手]]が[[エクストラモンスターゾーン]]に置く必要がある。)~
//現段階ではそのような[[リンクモンスター]]の情報は公開されていないので、現状では展開できる数は1体または2体のいずれかに限定されている。~
//間違えてる。EXゾーンにミセスレディエント、右から3つ目のモンスターゾーンにハニーボット展開するだけで3体出せるスペースが確保できる
 [[《召喚僧サモンプリースト》]]を[[召喚]]してこの[[カード]]を[[リクルート]]し、[[《転生炎獣アルミラージ》]]を[[リンク召喚]]すれば少ない使用枚数で[[レベル]]6を[[リクルート]]できる。~
 [[《転生炎獣アルミラージ》]]と[[《D−HERO ディアボリックガイ》]]で[[《剛炎の剣士》]]を[[リンク召喚]]すれば、[[《聖騎士の追想 イゾルデ》]]へと繋ぐこともできる。~

 [[リンク先]]が3箇所ある場合、[[《大革命》]]の[[トリガー]]となる[[モンスター]]3種類を[[リクルート]]できる。~
// [[エクストラモンスターゾーン]]に[[リンクモンスター]]を置き、[[リンク先]]が2箇所ある場合、[[《ダンディライオン》]]2体を[[リクルート]]し、その2体で[[リンク召喚]]することで[[綿毛トークン]]を4体生成できる。~
// [[《ファイアウォール・ドラゴン》]]が楽に出せるだけでなく他の[[リンクモンスター]]の大量展開も容易になる。~

//-上記の動きの派生でこの[[カード]]と[[《ブリリアント・フュージョン》]]の2枚から[[エクストラリンク]]を完成させることも可能。~
//手順としては以下の通り。~
//>
//+[[《ブリリアント・フュージョン》]]を[[発動]]し、[[《リバイバルゴーレム》]]と[[ジェムナイト]]を[[融合素材]]に[[《ジェムナイト・ジルコニア》]]を[[融合召喚]]。~
//+[[《リバイバルゴーレム》]]を自身の[[効果]]で[[自己再生]]させる。~
//+[[《ジェムナイト・ジルコニア》]]と[[《リバイバルゴーレム》]]で[[《ミセス・レディエント》]]を[[リンク召喚]]。~
//+この[[カード]]を[[召喚]]し、[[リンク先]]2か所に[[《ダンディライオン》]]2体を[[リクルート]]する。~
//+[[《ダンディライオン》]]2体で[[《プロキシー・ドラゴン》]]を[[リンク召喚]]し、[[綿毛トークン]]4体を[[特殊召喚]]する。~
//+[[《プロキシー・ドラゴン》]]の[[リンク先]]に[[綿毛トークン]]4体で[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]Aを[[リンク召喚]]。~
//[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]Aの[[効果]]で[[《ダンディライオン》]]を[[サルベージ]]。~
//+[[《プロキシー・ドラゴン》]]と[[《ミセス・レディエント》]]で[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]Aの[[リンク先]]に[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]Bを[[リンク召喚]]。~
//+[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]Aの[[効果]]で[[手札]]の[[《ダンディライオン》]]を[[特殊召喚]]。~
//+[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]Bの[[効果]]で[[《ダンディライオン》]]を[[サルベージ]]。~
//+[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]Bと[[《ダンディライオン》]]を[[リンク素材]]にし、[[メインモンスターゾーン]]の中央に左右に[[リンクマーカー]]を持つ[[LINK]]2の[[リンクモンスター]]を[[リンク召喚]]。~
//+[[綿毛トークン]]2体が[[特殊召喚]]され、[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]Aの[[効果]]で[[手札]]の[[《ダンディライオン》]]を[[特殊召喚]]する。~
//+[[綿毛トークン]]2体で[[《プロキシー・ドラゴン》]]を[[リンク召喚]]し、さらに[[《ダンディライオン》]]を素材に[[《トライゲート・ウィザード》]]を中央の[[リンクモンスター]]の[[リンク先]]に[[リンク召喚]]。~
//+[[綿毛トークン]]2体が[[特殊召喚]]されるので、[[綿毛トークン]]1体で[[《リンク・スパイダー》]]を左右の[[エクストラモンスターゾーン]]に1体ずつ[[リンク召喚]]する。~
//<
//--[[《リンク・スパイダー》]]2体を[[攻撃表示]]で出すのでやや心許なく、手順13で[[エクストラリンク]]を狙わず、[[《トライゲート・ウィザード》]]と[[綿毛トークン]]で[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]Cを[[リンク召喚]]するのも良い。~
//[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]Cの上に[[《リンク・スパイダー》]]を出せばさらに2枚の[[サルベージ]]も可能。~
//そこから中央の[[リンク]]2と[[《リンク・スパイダー》]]で[[リンク]]3を出せば[[攻撃力]]の不安も少なくなり、[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]AとCの[[効果]]で[[サルベージ]]した2体の展開も可能になる。~

-この[[カード]]で[[特殊召喚]]できる最大数は5体。~
[[エクストラモンスターゾーン]]の[[リンクモンスター]]2体の[[リンクマーカー]]が[[自分]]の[[メインモンスターゾーン]]全てに伸び、[[メインモンスターゾーン]]が全て空いている場合にのみ可能。~

-他の[[レスキューシリーズ>シリーズカード#Rescue]]とは異なり、[[リクルート]]できる[[モンスター]]が2体に限定されていない。~
[[レベル]]の合計が固定で6となっているが、これは最大数値が[[レベル]]3×2体の[[《レスキューキャット》]]にちなんでいるのだろうか。~
[[レベル]]の合計が固定で6となっているが、これは[[レベル]]3×2体の[[《レスキューキャット》]]にちなんでいるのだろうか。~

-英語版では[[シークレットレア>Secret]]にまで格上げされている。~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[レスキュー>シリーズカード#Rescue]]

//―《レスキューフェレット》の姿が見られる[[カード]]
//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク
―《レスキューフェレット》の姿が見られる[[カード]]
-[[《緊急救急救命レスキュー》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[CODE OF THE DUELIST]] COTD-JP029 &size(10){[[Rare]]};

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《レスキューフェレット》,モンスター,効果モンスター,星4,地属性,獣族,攻300,守100);