*《レベル&ruby(せいげん){制限};B&ruby(ちく){地区};/Level Limit - Area B》 [#ff8d1ba6]
*《レベル&ruby(せいげん){制限};B&ruby(ちく){地区};/Level Limit - Area B》 [#top]
 永続魔法
 フィールド上に表側表示で存在するレベル4以上のモンスターは
 全て守備表示になる。
 フィールド上のレベル4以上のモンスターは守備表示になる。

 [[ファラオの遺産]]で登場した[[永続魔法]]。~
 [[レベル]]4以上の[[表側表示]][[モンスター]]を、強制的に[[表側守備表示]]にする。~
 [[レベル]]4以上の[[表側表示]][[モンスター]]を、強制的に[[表側守備表示]]にする[[効果]]を持つ。~

 限定条件は付いているが、[[アタッカー]]や主力の多くは[[レベル]]4以上であり、多くの[[モンスター]]が影響を受ける。~
 [[召喚]]した[[ターン]]に[[守備表示]]になった[[モンスター]]は、これを[[破壊]]してもその[[ターン]]中に[[表示形式]]を変更できない。~
 [[《E・HERO エアーマン》]]や[[《氷帝メビウス》]]等が[[召喚]]時にこの[[カード]]を[[破壊]]しても[[守備表示]]にはなる。~
 [[守備表示]]となった後に、これらの[[モンスター効果]]が[[発動]]するという処理になるのである。~
 [[レベル]]を持たない[[エクシーズモンスター]]・[[リンクモンスター]]には効果が無く、他の[[モンスター]]主体の[[デッキ]]にはそれなりに有効だが、[[除去]][[カード]]の増加で長期の維持も難しくなっている。~
 [[攻撃]]しない[[ロック]][[デッキ]]ならば[[《平和の使者》]]を使うか、あるいは長期の維持は最初から諦めて[[《光の護封剣》]]などを使ったほうが良い。~

 [[魔法カード]]を[[無効]]にする[[カード]]や[[魔法カード]]の[[効果を受けない]][[モンスター]]は数が少なく、[[《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》]]よりも突破されにくい。~
 一方で[[《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》]]と違って奇襲性がないので、[[ロック]]を仕掛けても[[メインフェイズ]]1に[[除去]]されて何も出来ないことも多い。~
 最大の弱点は[[レベル]]を持たないためこの[[カード]]を無視できる[[エクシーズモンスター]]。~
 ほとんどの[[デッキ]]で採用されている上、[[攻撃]]できず[[腐った>腐る]][[カード]]を素材にして即座に出現するため脅威となる。~

 これが場に存在する限り[[相手]][[モンスター]]からの[[戦闘ダメージ]]を減らせるので、その間にこちらの場を整えることができる。~
 [[自分]]の[[モンスター]]の[[戦闘]]も抑制されてしまうので、[[ビートダウン]]ではない勝ち筋を用意するのが基本。~
 [[バーン]]、[[デッキ破壊]]他、[[特殊勝利]]をサポートする。~
 また、このカードで簡易[[ロック]]をかけその間に場を整え、その後なんらかの方法でこのカードを[[除去]]することでラッシュをかける[[デッキ]]も存在し、[[【フィフティ・フィフティ】]]、[[1ターンキル]][[デッキ]]などが該当する。~
 ただし[[モンスター]]でこのカードを[[除去]]する場合、効果を受けないモンスターでない限り[[除去]]前に[[守備表示]]にされるのでそのまま[[攻撃]]ができない。~
 [[《終焉の王デミス》]]や[[《氷帝メビウス》]]で[[破壊]]しようとする場合、この点には注意すること。~

 この[[カード]]を使いながら[[戦闘]]をしかける方法もないわけでなく、[[レベル]]3以下の[[アタッカー]]や[[レベル]]のない[[エクシーズモンスター]]で[[攻撃]]する戦法もある。~
 [[フィニッシャー]]に[[《ワイトキング》]][[《カオス・ネクロマンサー》]][[《サクリファイス》]]を使った[[デッキ]]や、[[【ローレベル】]]では活躍する。~
 [[《伝説の都 アトランティス》]]により[[レベル]]を下げることができる[[水属性]]と相性抜群で、[[レベル]]4の[[アタッカー]]も[[攻撃]]可能になるため有利に戦うことができる。~
 [[《マジック・スライム》]]で[[相手]]の[[守備力]]の高い[[モンスター]]を[[攻撃]]することで、一方的に[[ライフポイント]]を削ることも可能である。~
 [[エクシーズモンスター]]を使う戦法をとる場合、[[《絶海の騎士》]]や[[《鉄巨人アイアンハンマー》]]などの[[表示形式]]を変更する[[カード]]と組み合わせれば恩恵が得られる。~
 [[ロック]][[カード]]というよりは、[[守備表示]]化[[カード]]と考えたほうが扱いやすい。~
 [[《マーダーサーカス》]]や[[《断頭台の惨劇》]]、[[電子光虫]]等との[[コンボ]]が狙える。~
 高い[[守備力]]を持つが[[攻撃力]]が低く、[[守備表示]]で置いておきたい[[モンスター]]がある場合にも有効である。~
 また、この[[カード]]を使う事で[[相手]]に[[エクシーズ召喚]]を強要させ、[[《No.15 ギミック・パペット−ジャイアントキラー》]]や[[《スプラッシュ・キャプチャー》]]で潰す戦法もある。~
 [[アタッカー]]を[[エクシーズモンスター]]に頼っている[[デッキ]]ではこの[[カード]]を[[《サイクロン》]]などで[[破壊]]するか迷わせる事になる。~
 [[アタッカー]]や[[除去]]手段を[[エクストラデッキ]]の[[モンスター]]に頼っている[[デッキ]]では特に後者は影響が強く、戦力をアップするだけでなくこの[[カード]]を守る事にもなる。~

-[[攻撃宣言]]を封じるわけではないため、[[《絶対防御将軍》]]や、条件を満たした[[《E・HERO ランパートガンナー》]]は何の問題もなく[[攻撃]]できる。~
-[[攻撃宣言]]を封じるわけではないため、[[《絶対防御将軍》]]や[[《超重武者ビッグベン−K》]]等は何の問題もなく[[攻撃]]できる。~

-[[《最終突撃命令》]]または[[《軍神ガープ》]]とこの[[カード]]両方が[[発動]]されている場合は、「後から[[フィールド]]に出た[[カードの効果]]が[[適用]]される」[[裁定]]である。~

-[[05/03/01>禁止・制限カード/2005年3月1日]]に[[準制限カード]]に指定され、[[06/03/01>禁止・制限カード/2006年3月1日]]には[[制限カード]]に[[制限強化]]される。~
その後[[レベル]]を持たない[[エクシーズモンスター]]の登場により対抗策が増加したと判断されたため[[12/03/01>禁止・制限カード/2012年3月1日]]に[[準制限カード]]となり、[[12/09/01>禁止・制限カード/2012年9月1日]]で[[制限解除]]に至った。~
//「禁止・制限カードリスト」の選定理由 http://www.yugioh-card.com/japan/event/forbidden.php?list=201203#reason
[[準制限カード]]になった時期は同じだが、[[制限カード]]に指定されたのは[[《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》]]よりも早く、緩和はそちらよりも遅かった。~

-この[[カード]]の登場当時の[[環境]]では、[[デッキ]]に投入されている[[魔法・罠除去]][[カード]]は[[制限カード]]の[[《大嵐》]]と[[《サイクロン》]]だけである事がほとんどだったため、極めて強固な防御性能を誇った。~
その後、[[《ダーク・アームド・ドラゴン》]]などの万能[[破壊]][[効果]]を持つ[[モンスター]]が多くの[[デッキ]]に投入されるようになり、更に[[《ブラック・ローズ・ドラゴン》]]などの[[破壊]]効果を持つ[[シンクロモンスター]]も出現。~
この[[カード]]にとって最大の痛手は[[レベル]]を持たない[[エクシーズモンスター]]の登場であり、[[《サイクロン》]]の[[無制限化>制限解除]]もあって防御能力は大きく低下することになった。~
類似[[カード]]の[[《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》]]と比較して[[《王宮のお触れ》]]に妨害されない点が高く評価されていた。~
後の第5期後半には[[《ダーク・アームド・ドラゴン》]]などの万能[[破壊]][[効果]]を持つ[[モンスター]]が多くの[[デッキ]]に投入されるようになり、更に第6期には[[《ブラック・ローズ・ドラゴン》]]などの[[破壊]][[効果]]を持つ[[シンクロモンスター]]も出現。~
この[[カード]]にとって最大の痛手は[[レベル]]を持たない[[エクシーズモンスター]]の登場であり、[[《サイクロン》]]の[[制限解除]]もあって防御能力は大きく低下することになった。~
まさに「登場直後が全盛期」だった[[カード]]で、その[[攻撃]]抑止力は低下の一途をたどっている。~
現在では、自分の[[モンスター]]の[[表示形式]]の変更を補佐するという用途が主となっている。~
現在では、[[自分]][[モンスター]]の[[表示形式]]変更を補佐する用途や、[[守備表示]]に関連する[[カード]]との併用が主となっている。~

-[[《最終突撃命令》]]または[[《軍神ガープ》]]とこの[[カード]]両方が[[発動]]されている場合は、「後から場に出た[[カードの効果]]が適用される」裁定である。~
-[[《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》]]との比較。~
--[[《E・HERO エアーマン》]]や[[《氷帝メビウス》]]等が[[召喚]]時にこの[[カード]]を[[破壊]]しても[[守備表示]]にはなるので、1[[ターン]][[攻撃]]を防げる。~
--[[魔法カード]]を[[無効]]にする[[カード]]や[[魔法カード]]の[[効果を受けない]][[モンスター]]は数が少ない。~
--[[守備表示]]に関する[[カード]]との[[コンボ]]が可能。~
--[[相手]][[ターン]]に[[発動]]できないので、[[ロック]]を仕掛けても[[メインフェイズ]]1に[[除去]]されて何もできない可能性がある。~

//-「B地区」とは、地名や地域の区分に使われる言葉だが、被差別部落や乳首を指す略語もしくは隠語として使われる事もある。~
//[[《レベル制限A地区》]]の存在を考えると単に「Aの次のB」とも取れるが、あちらの方が後に登場している。~
//↑普通に使われる言葉であり、さらにその用法でカード名の意味なども通る。となれば、スラングの説明・紹介は不要


-原作・アニメにおいて―~
アニメ5D'sの「遊星vsガードロボ」戦においてガードロボが使用。~
遊星の[[《ジャンク・ウォリアー》]]を[[守備表示]]にし、[[カウンター罠]]との併用により[[ロック]]を仕掛けた。~
最終的に[[罠カード]]《パニック・ウェーブ》により[[効果]]を[[無効]]にされた。~
--ちなみに、その回で[[デュエル]]をした工場も「B地区」に存在していた。~

--「クロウvsボルガー」戦においてクロウが使用した[[罠カード]]《ダウンバースト》の[[イラスト]]に描かれている。~

--Dチーム・ゼアルの「遊馬vs徳之助」戦において、徳之助が使用。~
--Dチーム・ゼアルの「遊馬vs徳之助」戦では徳之助が使用した。~

-コナミのゲーム作品において―~
[[WCS2008>ゲーム付属カード#qe1d54fb]]で配信される特殊な[[禁止・制限カード]]リストでは、[[禁止カード]]に指定されている。
[[WCS2008>ゲーム付属カード#WCS2008]]で配信される特殊な[[禁止・制限カード]]リストでは、[[禁止カード]]に指定されている。~

--[[DUEL TERMINAL]]ではEXステージのイェーガーが使用する。~
[[《マーダーサーカス》]]の[[効果]]を能動的に[[発動]]しやすくすると共に[[ロック]]も兼ねているため、まともに[[デュエル]]が進まなくなる場合もある。~
また、デスティニースキャンでは通常の[[ドロー]]とは別に登場する。~
CPUに問題があるせいか、[[《破邪の刻印》]]で一時的に[[無効]]にすることがある。~
アクションデュエルXにおいても特殊コマンドとして登場。~
--[[DUEL TERMINAL]]のADXでは、[[レベル]]4以上の[[モンスター]]の[[攻撃]]を禁止する特殊コマンドとして登場。~
チャンピオン戦では高[[レベル]]の[[モンスター]]を使うデュエリストが多いため、かなり役立つ。~
また[[《ブリキの大公》]]もこのコマンドを持つのだが、鉄男の[[モンスター]]は全て[[レベル]]4以上のため、デモ画面では戦闘が停滞することがよくある。~
余談ながら、[[《ブリキの大公》]]もこのコマンドを持つのだが、鉄男の[[モンスター]]は全て[[レベル]]4以上のため、しばしばこのコマンドのせいでデモ画面の戦闘が停滞していた。~

**関連カード [#heab1792]
**関連カード [#card]
-[[《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》]]

-[[《レベル制限A地区》]]
-[[《催眠術》]]
-[[《プランクスケール》]]

**収録パック等 [#ta20d9dc]
**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【ロックバーン】]]
-[[【フィフティ・フィフティ】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[ファラオの遺産]] 309-037
-[[ストラクチャーデッキ−灼熱の大地−]] SD3-JP024
-[[EXPERT EDITION Volume.2]] EE2-JP205 &size(10){[[Rare]]};
-[[GOLD SERIES 2013]] GS05-JP016 &size(10){([[Gold]])};

**FAQ [#if55ce3e]
Q:[[発動]]中に[[レベル]]4以上の[[モンスター]]を[[攻撃表示]]で[[召喚]]・[[特殊召喚]]したり、[[レベル]]4以上の[[守備表示]][[モンスター]]を[[攻撃表示]]にすることはできますか?~
**FAQ [#faq]
Q:[[適用]]中に[[レベル]]4以上の[[モンスター]]を[[攻撃表示]]で[[召喚]]・[[特殊召喚]]したり、[[レベル]]4以上の[[守備表示]][[モンスター]]を[[攻撃表示]]にすることはできますか?~
A:はい、できます。ただし、直後に強制的に[[守備表示]]となります。

Q:[[守備表示]]になる[[効果]]は、[[チェーン]]に乗りますか?~
A:[[チェーン]]に乗りません。~
Q:[[守備表示]]になる[[効果]]は、[[チェーンブロック]]を作りますか?~
A:[[チェーンブロック]]を作りません。~

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。

----
&tag(《レベル制限B地区》,魔法,永続魔法,);