*《&ruby(こっけん){刻剣};の&ruby(まじゅつし){魔術師};》 [#top]
*《&ruby(こっけん){刻剣};の&ruby(まじゅつし){魔術師};/Timebreaker Magician》 [#top]
 ペンデュラム・効果モンスター
 星3/闇属性/魔法使い族/攻1400/守   0
 【Pスケール:青2/赤2】
 (1):このカードがPゾーンに存在する限り、
 1ターンに1度、自分フィールドのPモンスターは相手の効果で破壊されない。
 1ターンに1度、自分フィールドのPモンスターは相手の効果では破壊されない。
 【モンスター効果】
 (1):手札のこのカードのみがP召喚に成功した時に発動できる。
 このカードの攻撃力は元々の攻撃力の倍になる。
 (2):1ターンに1度、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
 そのモンスターとフィールドのこのカードを次の自分スタンバイフェイズまで除外する。
//英語名未表記カード 英語名を表記したらこの部分は削除

 [[ブレイカーズ・オブ・シャドウ]]で登場した[[闇属性]]・[[魔法使い族]]の[[下級]][[ペンデュラムモンスター]]。~
 [[自分]]の[[ペンデュラムモンスター]]に[[1ターンに1度]]の[[効果]][[破壊]][[耐性]]を与える[[ペンデュラム効果]]、自身の[[攻撃力]]を[[元々の攻撃力]]の倍にする[[誘発効果]]、自身を含む[[フィールド]]の[[モンスター]]2体を一時的に[[除外]]する[[起動効果]]を持つ。~
 [[自分]]の[[ペンデュラムモンスター]]に[[1ターンに1度]]の[[効果破壊]][[耐性]]を与える[[ペンデュラム効果]]、自身の[[攻撃力]]を[[元々の攻撃力]]の倍にする[[誘発効果]]、自身を含む[[フィールド]]の[[モンスター]]2体を[[一定期間だけ除外]]する[[起動効果]]を持つ。~

 (1)の[[効果]]により[[攻撃力]]2800となるので、大抵の[[上級モンスター]]を[[戦闘破壊]]できる。~
 しかし、この[[カード]]1枚のみかつ[[手札]]からの場合と大きく制限されており、頻繁に扱えない点が大きな欠点となる。~
 [[ペンデュラムモンスター]]の長所である[[エクストラデッキ]]からの[[ペンデュラム召喚]]の際には機能しない上に、(2)の[[効果]]を使うと数値も元に戻ってしまう。~
 また、[[ペンデュラム召喚]]での展開から[[シンクロ召喚]]や[[エクシーズ召喚]]に繋げれば、2800相当の戦力を確保するのは難しくない点も意識しておく必要がある。~
 一応、[[エクストラデッキ]]の[[カード]]を多く消費した終盤近くなら狙う余地はあるか。~
 いずれにせよ、(2)の[[効果]]とは噛み合わないため、こちらの[[効果]]はあくまで選択肢の一つとして考えたい。~

 (2)の[[効果]]は1[[ターン]]のみの一時的な[[除外]]。~
 (2)の[[効果]]は1[[ターン]]のみの[[一時的な除外>一定期間だけ除外]]。~
 厄介な[[相手]]の[[壁]][[モンスター]]をこの[[カード]]で取り除き、その間に別の[[モンスター]]で攻めるのが主な運用になるだろう。~
 一時的でしかないが、[[破壊]]ではないために[[耐性]]を突破しやすく、[[ペンデュラム召喚]]や[[帰還]][[ターン]]の再[[発動]]で繰り返し活用できる。~
 特に[[除外]]されると[[エクシーズ素材]]が無くなる[[エクシーズモンスター]]に使えば、実質的な[[モンスター効果]]封じとなる。~
 手軽に何度も[[除外]]できる[[効果]]から、[[【レティキュラント】]]では[[除外]]ソースとして有力である。~

 この[[効果]]は[[自分]]の[[カード]]にも使用できるため、[[除去]]だけでなく[[コンボ]]への活用も可能となる。~
 代表的なところでは、[[《フォーチュンレディ・ライティー》]]・[[《ネクロフェイス》]]等を能動的に[[除外]]する事で[[効果]]を[[発動]]できる。~
 [[エクストラモンスターゾーン]]の[[モンスター]]を[[除外]]すれば[[帰還]]時に[[メインモンスターゾーン]]に配置できる。~
 [[リンク先]]も変えられるため、下方向以外に[[リンクマーカー]]が伸びている[[リンクモンスター]]であれば有効に扱える。~
 代表的なところでは、[[《フォーチュンレディ・ライティー》]]や[[《ネクロフェイス》]]、[[不知火]]等を能動的に[[除外]]する事で[[効果]]を[[発動]]できる。~
 単発の完全な[[除外]]ではない事によって毎[[ターン]]繰り返し[[効果]]が使え、長い目で見て[[アドバンテージ]]に繋げやすい。~
 [[自分]][[フィールド]]を一時的に空け、[[《サイバー・ドラゴン》]]系統の[[召喚条件]]を持つ[[モンスター]]を強引に出す手段にもなる。~
 [[対象]]を取るため、[[《青き眼の乙女》]]を選択して毎[[ターン]][[《青眼の白龍》]]を出したりすることも可能。~
//召喚する必要がないラクダンのほうが扱いやすい
//種族サポを共有できるのはこちらのみの利点では?
 他にも、[[《クリアー・バイス・ドラゴン》]]のように防御面が脆い[[モンスター]]の避難、[[《簡易融合》]]や[[《リミッター解除》]]等の[[デメリット]]回避、[[自分]][[フィールド]]を一時的に空けて[[《サイバー・ドラゴン》]]系統の[[召喚条件]]を満たす事などができる。~
 また、[[自分]][[モンスター]]を[[除外]]した場合、次の[[自分]][[ターン]]まで[[モンスター]]2体が[[除去]]を受け付けないため、[[耐性]]の亜種ととらえることも可能。~
 戻ってきた2体に加え、その[[ターン]]新たに展開するものを含めての[[シンクロ召喚]]等を想定して動けば、選択肢を大きく広げることができる。~
 ただし、大抵の場合、[[帰還]]するまでの間は[[自分]][[フィールド]]を大きく空けることになるため、その点には注意したい。~
 戻ってきた2体に加え、その[[ターン]]で新たに展開するものを含めての[[シンクロ召喚]]等を想定して動けば、選択肢を大きく広げることができる。~
 ただし、大抵の場合、[[戻ってくる>戻す]]までの間は[[自分]][[フィールド]]を大きく空けることになるため、その点には注意したい。~

-[[ペンデュラム効果]]で与える[[耐性]]には「それぞれ」という表現がない。~
そのため、ある[[ペンデュラムモンスター]]に[[耐性]]が[[適用]]された場合、その[[ターン]]中は他の[[ペンデュラムモンスター]]に[[適用]]されなくなる。~
なお、[[《ブラック・ホール》]]などの[[全体除去]]を受けた場合は、全ての[[ペンデュラムモンスター]]を一度に守ることができる。~

-(1)の[[モンスター効果]]は、[[手札]]のこの[[カード]]と同時に[[エクストラデッキ]]から[[ペンデュラム召喚]]した場合は[[発動]]できない。~
ただし、他の[[モンスター]]の[[ペンデュラム召喚]]を[[無効]]にされ、結果的にこの[[カード]]だけが[[ペンデュラム召喚に成功した]]時には[[発動]]できる。~
また、[[ペンデュラム召喚]]時の[[手札]]の枚数は問わず、[[手札]]から[[ペンデュラム召喚]]したのがこの[[カード]]のみであれば[[発動]]できる。~
要するに、「[[ペンデュラム召喚]]を行った結果、[[手札]]から出したこの[[カード]]1枚だけが[[ペンデュラム召喚に成功した]]時に[[発動]]できる」[[効果]]となる。~
要するに「[[ペンデュラム召喚]]を行った結果、[[手札]]から出したこの[[カード]]1枚だけが[[ペンデュラム召喚に成功した]]時に[[発動]]できる」[[効果]]となる。~

-(2)の[[モンスター効果]]は、自身以外の1体を[[対象]]として[[発動]]する。~
なお、[[効果処理時]]にその[[モンスター]]またはこの[[カード]]のどちらかが[[フィールド]]を離れていた場合、もう一方は[[除外]]されない。~
[[効果処理時]]に《刻剣の魔術師》が[[裏側守備表示]]になっている場合は、《刻剣の魔術師》を[[裏側表示で除外]]し、[[裏側守備表示]]で戻す。

-「刻剣」という言葉は造語である。~
[[同弾>ブレイカーズ・オブ・シャドウ]]で登場した[[《調律の魔術師》]]の存在やピアノの鍵盤のような意匠の装飾を考えるに、「黒鍵」の捩りと思われる。~
「剣」は持っている武器を、「刻」という字は([[イラスト]]の背景やアニメで初めて[[特殊召喚]]された際の背景に時計の文字盤が演出されていることから)「時を刻む」という意味を当てての選択だろう。
この装飾は「時」をモチーフとする[[《時読みの魔術師》]]と共通している。~
「剣」は持っている武器を、「刻」という字は([[イラスト]]の背景やアニメで初めて[[特殊召喚]]された際の背景に時計の文字盤が演出されていることから)「時を刻む」という意味を当てての選択だろう。~

//-背景には、時計の文字盤以外に[[シンクロ召喚]]時の演出で登場する円が確認できる。~
//しかし、この[[モンスター]]には[[シンクロ召喚]]に関係した[[効果]]はない。~
//シンクロ召喚の円じゃなくて背景の文字盤の色違いに見える。右上の円には針も確認できるし。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメARC-Vの「遊矢vsシンジ」戦で遊矢が使用。~
《EMドラネコ》・《EMエクストラシューター》から[[手札]]より[[ペンデュラム召喚]]される。~
自身の[[効果]]で[[攻撃力]]が倍になり、《&ruby(ビー・フォース){B・F};−霊弓のアズサ》を[[戦闘破壊]]して反撃の狼煙を上げた。~
[[《EMドラネコ》]]・[[《EMエクストラ・シューター》]]から[[手札]]より[[ペンデュラム召喚]]される。~
自身の[[効果]]で[[攻撃力]]が倍になり、[[《B・F−霊弓のアズサ》]]を[[戦闘破壊]]したが、返しの[[ターン]]に[[《B・F−降魔弓のハマ》]]の[[効果]]で[[弱体化]]して[[戦闘破壊]]された。~
後に[[《EMシルバー・クロウ》]]と共に[[エクストラデッキ]]から[[ペンデュラム召喚]]され、[[《調律の魔術師》]]・[[《EMシルバー・クロウ》]]と共に[[《覚醒の魔導剣士》]]の[[シンクロ素材]]となった。~
「遊矢vsカイト」戦では[[《EMウィム・ウィッチ》]]と共に[[ペンデュラムゾーン]]に置かれ、[[ペンデュラム効果]](アニメ[[効果]])で[[《EMウィム・ウィッチ》]]の[[ペンデュラムスケール]]を倍にした。

--アニメでの[[ペンデュラム効果]]は、[[ペンデュラムゾーン]]に置かれた際に[[ターン]]終了時まで[[ペンデュラムゾーン]]にいる[[ペンデュラムモンスター]]1体の[[ペンデュラムスケール]]を倍にする[[効果]]だった。~
また、(2)の[[モンスター効果]]は自身の[[直接攻撃]]を封じる[[デメリット]][[効果]]だった。~
[[ペンデュラム効果]]は別物になったが、[[モンスター効果]]は大幅に強化されている。~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[魔術師]]
-[[《時読みの魔術師》]]

-[[《スピード・ウォリアー》]]
-[[《PSYフレームロード・Ζ》]]

//―《刻剣の魔術師》の姿が見られる[[カード]]
//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[ブレイカーズ・オブ・シャドウ]] BOSH-JP002 &size(10){[[Super]],[[Secret]]};
-[[ストラクチャーデッキ−ペンデュラム・エボリューション−]] SD31-JP011

**FAQ [#faq]
***ペンデュラム効果について [#faq1]
Q:この[[カード]]が[[自分]]の[[ペンデュラムゾーン]]に存在する時に、[[相手]]が[[《ブラック・ホール》]]を[[発動]]しました。~
  この場合、[[自分]][[フィールド]]の[[ペンデュラムモンスター]]は全て[[破壊されない]]のですか?~
  それとも、どれか1体だけ[[破壊されない]]のですか?~
A:全て[[破壊]]されません。(15/10/17)~
//公式Q&A:http://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/faq_search.action?ope=5&fid=17456&keyword=&tag=-1

***モンスター効果の(1)について [#faq2]
Q:(1)の[[モンスター効果]]は、[[手札]]がこの[[カード]]1枚のみの状況で[[ペンデュラム召喚]]した時にのみ[[発動]]できますか? ~
  それとも、[[手札]]の枚数にかかわらず[[手札]]からこの[[カード]]1体のみを[[ペンデュラム召喚]]した時に[[発動]]できますか? ~
A:(1)の[[モンスター効果]]は、[[ペンデュラム召喚]]として[[フィールド]]上に出てきたのが、[[手札]]のこの[[カード]]のみだった場合に[[発動]]できる[[効果]]となります。~
  従って、[[手札]]が複数枚ある場合でも、[[ペンデュラム召喚]]の際に[[手札]]からこの[[カード]]だけを[[ペンデュラム召喚]]したのであれば、[[発動]]する事ができます。 (15/10/17)~

Q:[[手札]]のこの[[カード]]1枚と同時に[[エクストラデッキ]]から他の[[モンスター]]を[[ペンデュラム召喚]]した場合、(1)の[[モンスター効果]]は[[発動]]できますか?~
A:いいえ、できません。(15/10/17)~
//公式Q&A:http://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/faq_search.action?ope=5&fid=17459&keyword=&tag=-1

Q:[[手札]]のこの[[カード]]と同時に他の[[モンスター]]を[[ペンデュラム召喚]]する際に、[[《インヴェルズ・ローチ》]]の[[効果]]で他の[[モンスター]]の[[ペンデュラム召喚]]が[[無効]]となりました。~
  この場合、(1)の[[モンスター効果]]は[[発動]]できますか?~
A:はい、できます。(15/10/17)~
//公式Q&A:http://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/faq_search.action?ope=5&fid=17409&keyword=&tag=-1

***モンスター効果の(2)について [#faq3]
Q:この[[効果]]で[[自分]]の[[モンスター]]を[[除外]]しています。~
  次の[[自分]]の[[スタンバイフェイズ]]に[[自分]]の[[モンスターゾーン]]の空きが1つだけだった場合、どのように処理を行いますか?~
A:[[除外]]している[[モンスター]]の内どちらか1体を選んで[[フィールド]]に戻し、もう片方を[[墓地]]に戻します。(16/01/15)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。

----
&tag(《刻剣の魔術師》,モンスター,ペンデュラムモンスター,効果モンスター,星3/闇属性/魔法使い族/攻1400/守0,スケール2,魔術師);