天魔神(てんましん) ノーレラス/Sky Scourge Norleras》

効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2400/守1500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性・天使族モンスター1体と闇属性・悪魔族モンスター3体を
ゲームから除外した場合のみ特殊召喚する事ができる。
1000ライフポイントを払う事で、お互いの手札とフィールド上のカードを
全て墓地へ送り、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

 FORCE OF THE BREAKERで登場した、闇属性悪魔族特殊召喚モンスター
 2400の攻撃力とお互いの手札フィールド上のカードを全て墓地に送る起動効果を持つ。
 《混沌帝龍 −終焉の使者−》の後継であり、攻撃力上級モンスターの標準値。

 召喚条件は多少厳しいが、非常に強力なモンスターであり、【カオスゲート】なら1ターン目から特殊召喚することも充分可能なため強力なアタッカーとして活躍できる。
 《冥府の使者ゴーズ》発動を牽制できる効果なのは評価できる。
 墓地送りは「コスト」ではなく「効果」なので《光の追放者》《マクロコスモス》効果適用中も使用できる。
 しかし、効果によって相手を完封するつもりなら、いかに召喚するかよりも、召喚した後にどのようにするかが重要。
 《混沌帝龍 −終焉の使者−》と違い、ダメージを与える効果はないため、召喚するだけでは勝利できない。

 《混沌帝龍 −終焉の使者−》にはなかったドロー能力により、様々なコンボが可能なのが最大の強み。
 《鳳凰神の羽根》《大王目玉》等で《次元融合》デッキトップに置けば、このカードの召喚コストとして除外したカードを全て呼び戻せる。
 呼び戻すモンスターにもよるが、3001以上のライフがあればデュエルを終わらせることすら可能。
  →【ノーレラス次元】
 ライフ・アドバンテージだけをみれば《デビル・フランケン》よりも良い。
 《次元融合》以外にも《早すぎた埋葬》《E・HERO バブルマン》、面白いところでは、《デーモンとの駆け引き》《バーサーク・デッド・ドラゴン》《ナイトメアテーベ》《グラヴィティ・ベヒモス》も候補となる。

 安定性には不安が残るものの、【E・HERO】に組み込んで《ホープ・オブ・フィフス》による3枚ドローを狙ってみても良いだろう。
 先代《混沌帝龍 −終焉の使者−》同様に《亜空間物質転送装置》で退避するのも有効であり、《鳳凰神の羽根》より汎用性もあるため、デッキに3枚投入できる。
 このカードをメインにしてデッキを組む価値は十分にあるだろう。
 このカードを墓地へ落として《ファントム・オブ・カオス》の効果でコピーしてやればわざわざ効果のためだけに墓地に天使族と悪魔族を揃える必要性は薄くなる。
 当然墓地へ落とす手間はあるが《終末の騎士》を使えばある程度楽になるであろう。

 レベル8の儀式モンスターには、光属性天使族闇属性悪魔族モンスターが多数存在する。
 《高等儀式術》コストとなる《デーモン・ソルジャー》《ハープの精》等と共に、召喚コストとして使うこともできる。
 →【儀式天魔神】

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:コントロール奪取したこのモンスター効果を使用した場合、ドローするのはどちらのプレイヤーですか?
A:効果発動したプレイヤーです。

Q:《神殿を守る者》相手フィールドに存在する場合、このカードの効果発動することはできますか?
A:できません。(07/2/18)