*《&ruby(サラマングレイト){転生炎獣};パイロ・フェニックス》 [#top]
*《&ruby(サラマングレイト){転生炎獣};パイロ・フェニックス/Salamangreat Pyro Phoenix》 [#top]
 リンク・効果モンスター
 リンク4/炎属性/サイバース族/攻2800
 【リンクマーカー:上/左/右/下】
 炎属性の効果モンスター2体以上
 このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードが「転生炎獣パイロ・フェニックス」を素材としてリンク召喚に成功した場合に発動できる。
 相手フィールドのカードを全て破壊する。
 (2):相手の墓地のリンクモンスター1体を対象として発動できる。
 そのモンスターを相手フィールドに特殊召喚する。
 (3):相手フィールドにリンクモンスターが特殊召喚された場合、
 そのモンスター1体を対象として発動できる。
 そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
//英語名未表記カード 英語名を表記したらこの部分は削除

 [[CHAOS IMPACT]]で登場した[[炎属性]]・[[サイバース族]]の[[リンクモンスター]]。~
 [[同名カード]]を[[リンク素材]]に[[リンク召喚に成功した]]場合に[[相手]][[フィールドのカード]]を[[破壊]]する[[誘発効果]]、[[相手]]の[[墓地]]の[[リンクモンスター]]を[[相手]][[フィールド]]に[[蘇生]]する[[起動効果]]、[[相手]]が[[リンクモンスター]]の[[特殊召喚に成功した]]場合にその[[モンスター]]の[[元々の攻撃力]]分の[[ダメージ]]を与える[[誘発効果]]を持つ。~

 (1)は[[同名カード]]を[[リンク素材]]とした際の[[全体除去]]。~
 [[リンク]]4のこの[[カード]]を素材にするのは[[重い]]様に見えるが、[[《転生炎獣ヒートライオ》]]を素材に[[リンク召喚]]して[[《転生炎獣の意志》]]でその[[《転生炎獣ヒートライオ》]]を[[蘇生]]すれば条件は満たせる。~
 とはいえ、それなら2体でそのまま攻めた方が良く、[[《転生炎獣の聖域》]]や[[《フォーマッド・スキッパー》]]との併用で使う様にしたい。~
 手間はかかるがその分リターンも大きく、(2)(3)の[[効果]]を併用して[[ダメージ]]を与えた後に[[《転生炎獣の聖域》]]を使ってこの[[効果]]を[[発動]]すれば[[効果ダメージ]]に加え[[直接攻撃]]でも[[ダメージ]]を与えられる。~

 (2)は[[相手]]の[[墓地]]の[[リンクモンスター]]を[[相手]][[フィールド]]に[[蘇生]]する[[効果]]。~
 単体では[[相手]]に[[アドバンテージ]]を与えるだけなので[[コンボ]]前提の[[効果]]である。~
 自身の(3)の[[効果]]につなげるのが基本だが、それ以外の用途では[[《ギブ&テイク》]]のような[[送りつけ]][[カード]]を参照にしてほしい。~
 自身の(3)の[[効果]]につなげるのが基本だが、それ以外の用途では[[《ギブ&テイク》]]のような[[送りつけ]][[カード]]を参照してほしい。~
 [[リンクモンスター]]しか[[蘇生]]できないため、あちらと違って[[攻撃表示]]固定なので少し挙動は変わる点は注意したい。~
 また、[[【サラマングレイト】]]ならではの[[コンボ]]として、[[《フュージョン・オブ・ファイア》]]で[[融合素材]]にすることができる。~
 この他に、[[コンボ]]を狙えない時は(1)の[[効果]]で[[破壊]]するという手もある。

 (3)は[[特殊召喚]]された[[相手]][[リンクモンスター]]の[[元々の攻撃力]]分の[[ダメージ]]を与える[[効果]]。~
 平均的な[[リンク]]3相手でも2000前後が期待できるので[[火力]]としては申し分ない。~
 (2)の[[効果]]により能動的な[[発動]]も狙えるので場合によっては[[エンドカード]]にもなりえる。~
 さらに[[《転生炎獣ヒートライオ》]]の[[弱体化]]で[[戦闘ダメージ]]を与えれば、詰めとして使える。~
 [[対象をとる(指定する)効果]]なので[[《ヴァレルロード・ドラゴン》]]等、一部の[[モンスター]]には効かない点は注意。~

 [[リンクモンスター]]は多くの[[デッキ]]に採用されるが、[[リンクモンスター]]以外を主力とする[[デッキ]]相手では活かせない。~
 その場合は(1)の[[効果]]で[[除去]]を狙い、[[アタッカー]]として運用するのがいいだろう。~

 性能をフルに発揮させる場合は複数枚の投入が求められるが、[[【サラマングレイト】]]は各[[リンクモンスター]]を複数枚採用したいため、この[[カード]]まで複数採用すると枠を大きく圧迫する。~
 [[耐性]]の類も無いので[[相手]]に簡単に処理されてしまうリスクも大きい。~
 しかし、上述した通り成功した場合の見返りも大きいため、[[エクストラデッキ]]による対応力を犠牲にしてでも2枚採用する価値もある。~
 また、(2)と(3)の[[コンボ]]を狙うのならば[[ピン挿し]]でも機能し、[[メインフェイズ]]2の詰めの一撃としてなら他の[[リンク]]4にはできない固有の働きが期待できる。~
 総じて[[自分]]の[[エクストラデッキ]]の枠と相談し、枚数をよく吟味して採用する必要がある[[カード]]であろう。~

-(2)(3)の[[コンボ]]を狙う際には[[《幽鬼うさぎ》]]には注意したい。~
(2)に対して[[発動]]された場合、[[相手]]の[[リンクモンスター]]を[[蘇生]]させた上で[[ダメージ]]も与えられずこの[[カード]]が[[除去]]されるため、大損となってしまう。~

-「パイロ」については[[炎族]]のページ、「フェニックス」については[[《不死之炎鳥》]]を参照。~
「フェニックス」は一度死んでから甦るという性質があり、転生を繰り返す炎の聖獣という[[転生炎獣>サラマングレイト]]のコンセプトと非常に合致している存在である。

-原作・アニメにおいて―~
アニメVRAINSにて尊/Soulburnerが使用する[[リンクモンスター]]。~
初登場は「vsボーマン」戦で、[[《転生炎獣の炎虞》]]により、[[《転生炎獣ヒートライオ》]]と[[《転生炎獣パロー》]]を[[リンク素材]]として[[リンク召喚]]される。~
直後に[[《転生炎獣の超転生》]]により[[同名カード]]を[[リンク素材]]として2体目が[[リンク召喚]]される。~
これにより[[発動]]した[[全体除去]]で《アローザル・ハイドライブ・モナーク》と[[永続罠]]《サイコロジック》を[[破壊]]したが、後者の[[破壊]]時の[[効果]]を誘発してしまった。~
その[[効果]]で[[特殊召喚]]された2体目の《アローザル・ハイドライブ・モナーク》に対して[[バーン]][[効果]]を[[発動]]したが、[[永続罠]]《&ruby(ジャッジメント・ロール){裁きの賽渦};》による[[サクリファイス・エスケープ]]で[[不発]]にされた。~
その後《裁きの賽渦》により[[攻撃力]]5600の状態で[[攻撃]]したが、[[通常罠]]《ハイドライブ・グラヴィティ》と《パラドクス・ハイドライブ・アトラース》の[[コンボ]]で[[水属性]]に変更される。~
それにより《裁きの賽渦》の[[効果]]で[[攻撃力]]を0にされた上で[[元々の攻撃力]]分の[[バーン]]を受けてしまい、Soulburnerは敗北した。~

--[[OCG]]では(1)〜(3)は[[全体除去]]→[[蘇生]]→[[バーン]]の順番だが、アニメでは[[蘇生]]→[[バーン]]→[[全体除去]]の順番であった。~
また、[[相手]][[フィールド]]に[[蘇生]]された[[リンクモンスター]]の[[攻撃力]]は0になった。~
このままだと高い[[バーン]]を与えた上で2800以上の[[戦闘ダメージ]]も稼げるため、[[OCG]]では弱体化されている。~

--転生[[リンク召喚]]時の口上は「不死鳥よ…逆巻く炎に身を投じ不滅の力を呼び覚ませ!超転生[[リンク召喚]]!生まれ変われ[[リンク]]4!《転生炎獣パイロ・フェニックス》!」~

--ボーマンからは「君たち(Soulburnerと不霊夢)の友情の力か」と評されている。~
---その他の演出も含めて劇中ではSoulburnerと不霊夢の切り札的扱いなのだが、エースである[[《転生炎獣ヒートライオ》]]に比べるとどうにも扱いが良くない。~
「vsボーマン」戦では、[[バーン]]も[[攻撃]]も通らず[[全体除去]]も状況を好転させなかったと、所謂かませ役に甘んじている。~
「vs了見/リボルバー」(2戦目)では、再び超転生[[リンク召喚]]を披露したものの、[[《トポロジック・ゼロヴォロス》]]の[[効果]]を誘発させる囮役を任され、最終的には[[《転生炎獣ヒートライオ》]]を[[蘇生]]させるために[[除外]]され、[[フィニッシャー]]は[[《転生炎獣ヒートライオ》]]が担っている。~
[[《転生炎獣ヒートライオ》]]とこのカードの扱いの差が如実に現れた一幕であった。~

//---「[[リンク]]4の切り札にも拘わらず[[リンク]]3のエースに活躍の場を譲っている」という点ではPlaymakerの[[《ファイアウォール・ドラゴン》]]と[[《デコード・トーカー》]]の関係に類似しているとも言える。~

--d-データでは「転生することで炎が体を包み、不死鳥に変化する。上空から強力な火柱を繰り出して相手に大[[ダメージ]]を与える!」と紹介されていた。~
上記の[[デュエル]]にて、1体目はピンクから赤な色調の炎の翼だったが、2体目が転生した際には全身を鳥のような炎に包まれたのちに[[OCG]]の[[イラスト]]のような青系統の炎の翼(先端は黄色)の姿を現している。~

---[[攻撃]]時には全身を炎で包み火の鳥となって突貫しており、上述の「火柱」は使用していない。~
どちらかというと、[[全体除去]]時に放った炎の方がこれに近いか。~

--Soulburnerが使用した[[フィールド魔法]]《&ruby(サラマングレイト・サンガ){転生炎獣の神域};》・[[永続罠]]《サラマングレイト・ヘイロー》の[[イラスト]]に、この[[モンスター]]と思しきシルエットが描かれている。~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[サラマングレイト]]

-[[《ミス・リバイブ》]]

//―《転生炎獣パイロ・フェニックス》の姿が見られる[[カード]]
//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【サラマングレイト】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[CHAOS IMPACT]] CHIM-JP039 &size(10){[[Ultra]],[[Ultimate]],[[Secret]],[[20th Secret>Secret#SE20th]]};

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」のいずれかを(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《転生炎獣パイロ・フェニックス》,リンクモンスター,効果モンスター,モンスター,リンク4/炎属性/サイバース族/攻2800,サラマングレイト);