*《&ruby(ダブルマジック){二重魔法};/Double Spell》 [#wbe8bb43]
 通常魔法
 手札の魔法カードを1枚捨てる。
 相手の墓地から魔法カードを1枚選択し、
 自分のカードとして使用する。

 自分の[[手札]]の[[魔法カード]]を相手の[[墓地]]の[[魔法カード]]に変換するカード。~
 実際には2:1でこちらに[[ディスアドバンテージ]]があるので、あまり[[デッキ]]に採用されることはない。~
 一応、状況によって使う魔法を選択できる点が強みではある。~
 しかし、同じ魔法回収なら、[[《聖なる魔術師》]]の方が安定性・[[手札]]効率の両面で有利になることが多いだろう。~

 それでも使いたいなら、[[【デーモン】]]のように魔法が溜まりやすい[[デッキ]]に入れると多少は使いやすくなる。~
 尚、[[【ダイヤモンドガイ】]]なら[[手札]]コストがなくなるので、一考の価値はあるかもしれない。~
 [[《マジックブラスト》]]を使う手もある。~
~
 ただ、相手がどんな[[デッキ]]にも入るような汎用性の高い[[魔法カード]]をあまり入れてない場合は役に立ちづらい。~
 [[【E・HERO融合】]]を相手にした時など、すさまじく邪魔になることが予想される。~
 
-原作・アニメにおいて―~
「バトルシティ編」準決勝にて、海馬が[[《青眼の究極竜》]]を[[融合召喚]]するために発動した[[《死者蘇生》]][[《融合》]]を使い、~
闇遊戯が[[《超魔導剣士−ブラック・パラディン》]]を[[融合召喚]]した。~
しかし、こちらではノーコストな上、相手がそのターンに使用した魔法カードは全て使うことができた。~
カードの選択はできないものの、こちらのほうが強力だと思われる。~
~
その後、劇場版アニメ「光のピラミッド」ではアヌビスとの戦いの中、遊戯が最後に[[ドロー]]するカード。~
相手の場に[[《スフィンクス・テーレイア》]]、[[《アンドロ・スフィンクス》]]が並んでおり、さらに遊戯の場には、今は発動できない伏せカード、[[手札]]も[[《エクスチェンジ》]]のみという絶望的な状況の中最後まで[[デッキ]]に残っていたこれを引き当てる。~
その[[効果]]で海馬の[[墓地]]に残されていた[[《死者蘇生》]]を発動し……~
このとき、効果は実物のものに修正されている。~

--GXでは十代やタイタンが使用した。~
さらに三沢大地の[[デッキ]]にも投入されていることが確認できる。~
尤も彼の場合は[[《封魔の呪印》]]のコストとして使用していたが。~

**関連カード [#j673425e]
-[[《墓荒らし》]]

-[[《聖なる魔術師》]]

**収録パック等 [#sf65c505]
-[[EXPERT EDITION Volume.1]] EE1-JP161
-[[黒魔導の覇者]] 303-052

**FAQ [#j19387b8]
Q:~
A: