八汰烏(ヤタガラス)/Yata-Garasu》

スピリットモンスター(禁止カード)
星2/風属性/悪魔族/攻 200/守 100
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
このカードが相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた場合、
次の相手ターンのドローフェイズをスキップする。

 Mythological Age −蘇りし魂−から登場した風属性悪魔族下級モンスター
 スピリットの1体であり、スピリット特有の効果と、次の相手ドローフェイズスキップする誘発効果を持つ。

 遊戯王OCGでもかなり凶悪なカード
 OCGの根本の1つである『ドロー』を潰すという、極めて強力な能力を有している。
 何の抵抗も出来ない状態でこのモンスター攻撃されると、事実上全ての行動を封じられるのと同じ事になる。
 以後【八汰ロック】という自身の名を冠したハンデスデッキが生み出された。
 ドローロックを決めずとも、モンスター効果で1度でもドローを阻害できれば大きな打撃を与えることができた。

 欠点は、このカード自身が「スピリット」である為に、あらゆる特殊召喚が不可能な事。
 墓地に落とされた場合、《死者転生》等のサルベージ系以外に回収方法が無く、出すタイミングが難しいモンスターではあった。
 だが、その性質上《サンダー・ボルト》等の除去魔法を食らわず、戦闘破壊される事も無かったため、スピリットである事がこのカードの凶悪さに拍車をかけていたとも言える。

 《混沌帝龍 −終焉の使者−》全体除去《黒き森のウィッチ》《クリッター》を巻き込みこのカードサーチ攻撃することで100%勝ててしまうという理不尽この上無いコンボも存在する。
 さらには、《苦渋の選択》墓地に送った上記のサーチャー《死者蘇生》蘇生、残りは《混沌帝龍 −終焉の使者−》コストにすることで、何も出来ずに終わることすらあった。
 無論、《闇より出でし絶望》《深淵の暗殺者》《キラー・スネーク》には勝てないが。
 現在の禁止カードをふんだんに使ったこのコンボもまた、文字通り史上最凶であろう。
 もしもこのカードが現環境で使えれば、《天魔神 ノーレラス》とのコンボが存在する。
 こちらはデッキトップを操作するだけで可能である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等