*《&ruby(ゆうごうかいじょ){融合解除};/De-Fusion》 [#dae3e658]
 速攻魔法
 フィールド上に表側表示で存在する
 融合モンスター1体を選択してエクストラデッキに戻す。
 さらに、エクストラデッキに戻したこのモンスターの融合召喚に使用した
 融合素材モンスター一組が自分の墓地に揃っていれば、
 この一組を自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。

 [[Labyrinth of Nightmare −悪夢の迷宮−]]で登場した[[速攻魔法]]。~
 その名の通り[[融合]]を解除してしまう。~
 主な使い方は以下のとおり。

+[[自分]]の[[融合モンスター]]の[[攻撃]]後にこの[[カード]]を使用し、[[モンスター]]を[[特殊召喚]]。~
[[バトルフェイズ]]中に[[発動]]すれば、更に[[融合素材]][[モンスター]]により追撃が可能。~
また、その後[[《超融合》]]を[[発動]]する事で更なる追撃ができる。
+[[融合モンスター]]が[[効果]]の[[対象]]となった時に[[発動]]してそれを回避。~
[[融合モンスター]]自体は守れないが、工夫すれば[[融合素材]]を[[フィールド]]に残す事ができる。
+[[相手]]の場の[[融合モンスター]]を[[エクストラデッキ]]に[[戻す]]。~

 最も有用な使い方は一番上のケースであろう。~
 [[相手]]の[[デッキ]]によっては、ノー[[コスト]]で[[除去]]されてしまう一番下のケースが脅威となる。~
 [[【正規融合】]]などの[[融合]]中心の[[デッキ]]であれば一枚入れておくと面白いかもしれない。~
 [[《真紅眼の黒竜》]]・[[《E・HERO エッジマン》]]等、高[[レベル]][[モンスター]]を[[特殊召喚]]するのも効果的である。~

 所々難しいところがあり、下記の点には留意しておきたい。~

+[[発動条件]]は[[フィールド]]に対象となる[[融合モンスター]]が存在する事で、その[[特殊召喚]]方法は問わない。~
[[効果]]が適用されれば[[融合モンスター]]は[[エクストラデッキ]]に[[戻す]]ことになるが、[[《マジック・ジャマー》]]などで阻害された場合[[戻す]]事はない。~
また、[[融合モンスター]]を[[対象にとる効果>対象をとる(指定する)効果]]なので対象にとれない[[モンスター]]には[[発動]]できない。~
+[[融合召喚]]した[[融合モンスター]]の[[融合素材]][[モンスター]]を[[特殊召喚]]するのは[[任意効果]]で必要なければ[[特殊召喚]]はしなくてもいい。~
その一方で、[[特殊召喚]]する際は必ず一組で[[特殊召喚]]すること。~
[[墓地]]に足りていない、片方が[[召喚制限]]にひっかかる、[[フィールド]]上にその空きがないなどの場合はこの[[特殊召喚]][[効果]]は[[不発]]となる。~
+[[除外]]した[[融合素材]]を[[《異次元からの埋葬》]]で[[墓地]]に戻した後なら、《融合解除》でその[[融合素材]]を[[特殊召喚]]可能。~
これは、[[《フュージョン・ゲート》]]・[[《ミラクル・フュージョン》]]等の[[融合召喚]]で[[除外]]した素材を[[墓地]]に戻せばそれを[[特殊召喚]]できるという意味でもある。~
+[[融合素材代用モンスター]]を使った[[融合召喚]]であった場合もその[[融合召喚]]に使用した[[融合素材]]を[[特殊召喚]]することは可能。~
例外的に、[[《DNA改造手術》]]などで[[ドラゴン族]]にしたり、[[機械族]]にしてその[[種族]]に関する[[融合]]に使った[[モンスター]]は[[墓地]]で条件を満たしていないので不可能。~
+[[テキスト]]が「[[融合素材]][[モンスター]]一組が‘[[自分]]’の[[墓地]]に揃っていれば」であるため、片方でも[[相手]]の[[墓地]]に[[融合素材]]がある場合は[[融合素材]]を[[特殊召喚]]できない。~
+[[融合素材]][[モンスター]]を[[特殊召喚]]することができるのは、[[融合召喚]]で[[特殊召喚]]した[[モンスター]]を対象にした場合のみ。~
[[融合呪印生物]]・[[《突然変異》]]などの、[[テキスト]]に「この[[特殊召喚]]は[[融合召喚]]扱いとする」と書かれていないカードによって[[特殊召喚]]された場合は、後者の[[効果]]は[[発動]]しない。~
+[[カード名]]が変更されている[[モンスター]]を[[融合素材]]としている時。~
++[[カード名]]指定の[[融合素材]]の場合は、変更前と変更後の[[カード名]]が異なるため[[特殊召喚]]できない。~
++[[カード名]]の変更前後で共通する要素([[属性]]・[[種族]]・「『○○』と名のついた[[モンスター]]」など)を[[融合素材]]に指定する場合は[[調整中]]。

-Vジャンプの[[詰めデュエル]]で[[融合素材]][[モンスター]]を[[特殊召喚]]してクリアするものがあったが、[[特殊召喚]]しなくともクリアできた。~
おそらく、必ず[[特殊召喚]]しなければならないものと勘違いをしたのだろう。

-原作・アニメにおいて―~
初登場は「遊戯vs人形(マリク)」戦で遊戯が使用。~
マリクの[[《ヒューマノイド・ドレイク》]]に使用し、[[攻撃]]をキャンセルした。~
その後も光と闇の仮面戦、海馬戦で、どちらも決め手となる活躍をした。~
また原作では、[[相手]][[モンスター]]に使用すると、[[相手]]の場に[[融合素材]][[モンスター]]が戻ってしまうため、その点においては実物よりも少々使いにくくなっている。~
(もっとも「[[融合]]を解除する」というニュアンスからは[[相手]]の場に素材が戻るほうが自然ではあるが)~
その代わり、[[融合モンスター]]の[[攻撃]]時に[[発動]]することで、[[攻撃]]を[[無効]]化する[[効果]]を持っているため、限定的ながらも防御カードとしての性能を有していた。~
他にも、特殊[[融合モンスター]]の[[《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》]]や[[プレイヤー]]と[[融合]]した[[《ラーの翼神竜》]]を分離させることも可能のようだ。~
~
その後、アニメオリジナル「乃亜編」の「城之内vsBIG3(大岡)」では大岡の[[手札]]にあることが確認できる。~
ただ、この時は結局使用されることはなく、使用されたのは同じ「乃亜編」の「遊戯vs乃亜」戦。~
このときは[[攻撃]]がキャンセルされなかった(つまりOCGと同じ性質)ので、[[《青眼の究極竜》]]で[[《火之迦具土》]]を[[破壊]]後、このカードで3体の[[《青眼の白龍》]]を[[召喚]]、10700[[ダメージ]]をたたき出すことになった。~
「vsダーツ」では、遊戯が[[《究極竜騎士》]]を[[除去]]から守るために使用している。~
また、海馬もアニメオリジナル「KCグランプリ編」で[[デッキ]]に投入している事が確認されている。~

--アニメGXでは遊城十代を中心とした様々な決闘者が使用。~
十代の場合、主に追撃に使用している。~
OCGとは違い、[[《E・HERO フレイム・ウィングマン》]]を[[特殊召喚]]させるという使い方も行う。~
「十代vsエックス」戦では一度[[デッキ]]に戻りその後、再度[[墓地]]に送られた[[融合素材]]を[[特殊召喚]]していたりもする。~
OCGでは不可能な行為だが、劇中のカードテキストには「[[モンスター]]の[[融合]]を解除する」としか書いていないため可能なのであろう。~
「十代vs[[カイバーマン>《正義の味方 カイバーマン》]]」ではカイバーマンが使用。[[《エッジ・ハンマー》]]の対象となった[[《青眼の究極竜》]]の[[融合]]を解除して[[破壊]]を回避した。~
丸藤亮は[[《サイバー・ツイン・ドラゴン》]]・[[《サイバー・エンド・ドラゴン》]]・[[《鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン》]]を解除している。~
鮫島戦では[[《未来融合−フューチャー・フュージョン》]]で[[《サイバー・エンド・ドラゴン》]]を出し、《融合解除》させるという即死級戦術をとった事もある。~
(アニメ登場当初の[[《未来融合−フューチャー・フュージョン》]]は、タイムラグ無しで[[融合モンスター]]を[[特殊召喚]]できた)~
~
OCGとの辻褄合わせのためか[[相手]]の[[融合モンスター]]に使用されたことは一度もない。~
三沢は「バトル中の《融合解除》は[[融合デッキ]]最強攻撃パターン」と評している。

--三沢の調整[[デッキ]]に投入されていたのが確認できる。~
ただし、三沢の[[デッキ]]に[[融合モンスター]]が投入されているかは確認されていない。~

--漫画版GXでは、「十代vs三沢」(1戦目)で十代が使用し三沢の[[《怨念の魂 業火》]]の[[融合]]を解除した。~
漫画版では、[[《怨念の魂 業火》]]は[[火の玉トークン]]3体の[[融合モンスター]]であったため[[除去]]されてしまったが、[[相手]]の[[融合モンスター]]のため、基本的に素材の[[特殊召喚]]はされない。~

--劇場版『超融合!〜時空を越えた絆〜』にて十代が使用。~
ただし、消費枚数の経緯を考えるとこの[[カード]]の持ち主は闇遊戯であったと思われる。

**関連カード [#wb2cfea8]
-[[融合>融合#h9275ee3]]

-[[《融合》]]

-[[《マルチ・ピース・ゴーレム》]]

-[[《コンタクト・アウト》]]

-[[《シンクロキャンセル》]]

―[[融合召喚]]扱いになるカード
-[[融合召喚>融合召喚#j7830ab0]]を参照

**収録パック等 [#z32c9bac]
-[[デュエリストパック−ヘルカイザー編−]] DP04-JP017
-[[BEGINNER'S EDITION 2]] BE2-JP029
-[[DUELIST LEGACY Volume.3]] DL3-129
-[[Labyrinth of Nightmare −悪夢の迷宮−]] LN-46 &size(10){[[Super]]};
-[[STRUCTURE DECK−ペガサス・J・クロフォード編−]] PE-47
-[[STRUCTURE DECK−遊戯編− Volume.2]] SY2-048
-[[DUEL TERMINAL −トリシューラの鼓動!!−]] DT08-JP044

**FAQ [#oe5555bd]
Q:一度[[融合召喚]]した[[モンスター]]を[[《死者蘇生》]]などで[[特殊召喚]]して《融合解除》を使用した場合[[素材>融合素材]][[モンスター]]を[[特殊召喚]]できますか?~
A:はい。[[素材>融合素材]][[モンスター]]を[[特殊召喚]]することが可能です。(08/04/20)~

Q:[[融合呪印生物]]の[[起動効果]]で[[特殊召喚]]した[[融合モンスター]]に《融合解除》を使用したら、どうなりますか?~
A:対象となった[[融合モンスター]]は[[エクストラデッキ]]に戻されますが、[[融合呪印生物]]による[[特殊召喚]]は[[融合召喚]]ではないため、[[融合素材]][[モンスター]]を[[フィールド]]に[[特殊召喚]]できません。

Q:[[《異次元からの埋葬》]]などで[[融合素材]]である[[《X−ヘッド・キャノン》]][[《Y−ドラゴン・ヘッド》]][[《Z−メタル・キャタピラー》]]を[[墓地]]に戻してから[[《XYZ−ドラゴン・キャノン》]]に《融合解除》を使用した場合、[[墓地]]から[[素材>融合素材]][[モンスター]]を[[特殊召喚]]できますか?~
A:このテキストには「[[融合召喚]]に使用した」とあり、[[《XYZ−ドラゴン・キャノン》]]の[[特殊召喚]]は[[融合召喚]]ではないため不可能です。(07/01/)~

Q:[[《キメラテック・オーバー・ドラゴン》]]の[[融合]]に6体以上の[[モンスター]]を使用していた場合、《融合解除》を[[発動]]したら5体まで[[特殊召喚]]することができますか?~
A:必ず「一揃い」を[[特殊召喚]]しなければりません。~
  つまり「一揃い」を[[特殊召喚]]できない場合はその全てを[[特殊召喚]]できません。

Q:[[《プロト・サイバー・ドラゴン》]]を使って[[《サイバー・ツイン・ドラゴン》]][[《サイバー・エンド・ドラゴン》]]を[[融合召喚]]しました。~
  《融合解除》を[[発動]]してその[[融合]]に使われた[[《プロト・サイバー・ドラゴン》]]を[[特殊召喚]]することはできますか?~
A:[[墓地]]へ送られた時点では[[《プロト・サイバー・ドラゴン》]]は[[《サイバー・ドラゴン》]]として扱われず、[[《サイバー・ツイン・ドラゴン》]][[《サイバー・エンド・ドラゴン》]]の[[融合素材]][[モンスター]]として不適切なので、たとえ[[融合召喚]]の際に使用した[[《プロト・サイバー・ドラゴン》]]でも[[特殊召喚]]できません。(07/08/10)

//Q:「[[融合素材代用モンスター]]」や「別の名前になっている[[《ファントム・オブ・カオス》]]」を[[融合素材]]とした時、それらを[[特殊召喚]]できますか?~
//A:「[[融合素材代用モンスター]]」は[[特殊召喚]]できます。~
//「別の名前になっている[[《ファントム・オブ・カオス》]]」は(上記と同様の理由により)[[特殊召喚]]できません。(08/03/15)

Q:[[《沼地の魔神王》]]や、別の名前になっている[[《ファントム・オブ・カオス》]]、[[《E・HERO プリズマー》]]を[[融合素材]]とした時、《融合解除》で一組を[[特殊召喚]]する事ができますか?~
A:《融合解除》の[[効果]]によって、[[融合素材]]に使用した[[《沼地の魔神王》]]を[[特殊召喚]]する事はできます。(09/10/28)~
  [[《ファントム・オブ・カオス》]]や[[《E・HERO プリズマー》]]については[[特殊召喚]]できません。(10/04/01)~

Q:[[カード名]]が別の[[E・HERO]]に変更されている[[《E・HERO プリズマー》]]がいます。~
  この[[モンスター]]を[[融合素材]]とした[[《E・HERO ガイア》]]や[[《E・HERO The シャイニング》]]にこの[[カード]]を使用した場合、[[融合素材]][[モンスター]]1組を[[特殊召喚]]できますか?~
A:[[調整中]](10/04/01)~

//質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//質問だけの投稿はお止めください。
//未発売カードに限り、(A:発売をお待ちください)とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問がございましたら遊戯王エキスパートルールHPで調べるか、ルール質問BBSを利用してください。