*デーモン/Archfiend [#top]
 [[闇魔界の脅威]]で登場した「デーモン」と名のついた[[カード]]群。~
 [[闇魔界の脅威]]で[[カテゴリ]]化した「デーモン」と名のついた[[カード]]群。~
 属する[[モンスター]]の大半が[[闇属性]]・[[悪魔族]]で構成されている。

-属する[[モンスター]]は[[Vol.1]]で[[《デーモン・ビーバー》]]などが登場していたが、正式な[[カテゴリ]]となったのは上記シリーズからである。~

-「デーモン」に関する[[効果]]を持つ[[モンスター]]は、長い間[[チェスデーモン]]と呼ばれる数体の[[悪魔族]]に限られていた。~
その後、第8期の[[JUDGMENT OF THE LIGHT]]で、新たなデーモンと共に「デーモン」に関する[[効果]]を持つ[[カード]]が多数登場した。~

--[[通常>通常モンスター]]・[[効果>効果モンスター]]・[[儀式>儀式モンスター]]・[[融合>融合モンスター]]・[[シンクロ>シンクロモンスター]]・[[エクシーズ>エクシーズモンスター]]・[[ペンデュラム>ペンデュラムモンスター]]・[[リンクモンスター]]の8種類もの[[モンスター]]を擁する[[カテゴリ]]である。~
第10期時点では[[OCG]]に存在する[[モンスター]]全ての[[カードの種類]]を内包した初の[[カテゴリ]]となった。~
次点は[[リンクモンスター]]以外の7種類を擁する[[オッドアイズ]]である。~

--属する[[エクストラデッキ]]の[[モンスター]]の内、[[融合モンスター]]・[[シンクロモンスター]]・[[エクシーズモンスター]]・[[リンクモンスター]]は第一号が[[悪魔族]]ではない。~

--[[モンスター]]だけでなく、「デーモン」と名のついた[[魔法・罠カード]]もこの[[カテゴリ]]に含まれる。~
[[《堕落》]]や[[《トリック・デーモン》]]・[[《戦慄の凶皇−ジェネシス・デーモン》]]がこれを指定している。~

--この[[カテゴリ]]に関する[[効果]]を持つ[[モンスター]]は、現在のところ[[悪魔族]][[モンスター]]のみである。~
//--この[[カテゴリ]]に関する[[効果]]を持つ[[モンスター]]は、現在のところ[[悪魔族]][[モンスター]]のみである。~
//↑熟練の赤魔術士で崩れてしまったのでコメントアウトしておきます。

--この[[カテゴリ]]に関する[[カード]]は、「デーモン」であれば[[悪魔族]]以外でも[[効果]]を使用できる。~
[[ワーム]]や[[ロイド]]の[[サポートカード]]の一部が、[[カード名]]に加え[[種族]]まで指定しているのとは対照的である。~

-「デーモン(Demon)」はキリスト教における「悪魔・魔神」の意で、同じく悪魔を意味する「デビル(Devil)」よりもさらに高位の悪魔を指す。~
「デビル」はキリスト教の神々の敵対者を指す言葉、「デーモン」はキリスト教以外の神を指す言葉であり、実は両者の違いは大きい。~
「デーモン(Daemon)」の場合はギリシャ神話における「神々と人間の間にいる神、守護神」の意を持ち、日本語では「ダイモン」とも表記される。~
//キリスト教がローマ帝国の国教になった際に、ギリシャ・ローマ神話の神々はキリスト教徒によって弾圧されてしまっている。~

--「デモン」はフランス語を意識した読み方であるが、OCGでは違うものと区別される(例:[[《レッド・デーモンズ・ドラゴン》]]と[[《セイヴァー・デモン・ドラゴン》]])。~
しかし、そのために下記のような海外版においては更なる工夫が求められる。
--「デモン」はフランス語を意識した読み方であるが、[[OCG]]では違うものと区別される(例:[[《レッド・デーモンズ・ドラゴン》]]と[[《セイヴァー・デモン・ドラゴン》]])。~
しかし、そのために下記のような海外版においては更なる工夫が求められる。~

--「Demon」は特定の宗教と密接した言葉であるためか、[[英語名]]では「Archfiend(高位の鬼)」が用いられている。~
しかし、「デーモン」と名のついた[[カード]]であっても、[[英語名]]に「Archfiend」が含まれていない[[カード]]が非常に多く、混乱が起こったため、海外では専用の特別なリストが作られていた。~
現在は「『デーモン』と名のついた[[カード]]として扱う」という注釈が追加されているため、見分ける事が可能となっている。~

//---[[英語名]]でのみ[[カテゴリ]]に含まれる(含まれない)という[[カード]]は、再録の際に[[英語名]]を適切な形に[[エラッタ]]されることがある。~
//しかし、「デーモン」においては[[カード名]]の[[エラッタ]]は行われておらず、「This card is always treated as an "Archfiend" card.(訳:この[[カード]]は『デーモン』と名のついた[[カード]]として扱う。)」という注釈を追加することで対応されている。~
//いつからかは不明だが、BP02とLCJWのカードでは確認

---ちなみに、[[海外未発売カード]]を除くと[[英語名]]に「Archfiend」と名のつかない「デーモン」は全部で9枚。~
//《タルワール・デーモン》・《デーモンの召喚》・《デーモン・テイマー》・《トゥーン・デーモン》・《レッサー・デーモン》・《デス・デーモン・ドラゴン》・《ブラック・デーモンズ・ドラゴン》・《デーモンとの駆け引き》・《デーモンの斧》

--なお、単語に関する規制は英語以外では比較的緩く、英語版以外では「Archdemon(アークデーモン)」およびそれを各国語に訳した単語が「デーモン」の訳語として用いられている。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメGXにおいて、十代との[[デュエル]]でタイタンが[[チェスデーモン]]を主体にした[[【デーモン】]]を使用している。~
アニメGXにおいてタイタンが[[【デーモン】]]を使用しており、十代との[[デュエル]]では[[チェスデーモン]]を中心としていた。~
明日香との[[デュエル]]では、[[効果モンスター]]《デーモン・ピカドール》・《デーモン・バンデリジェーロ》、[[儀式モンスター]]《デーモンズ・マタドール》といった闘牛をモチーフとした「デーモン」も登場した。~

--DMにおいて、獏良の父がエジプト土産として千年リングと一緒に《セブンアームズ・デーモン》という[[カード]]を買っていた。
--漫画・DMにはこの[[カテゴリ]]に絞った使い手は登場していないが、[[《デーモンの召喚》]]が原作最初の[[デュエル]]での遊戯の切札であり、以降も2種のデーモンが頻繁に使用されている。~
また、アニメDMでは、獏良の父が千年リングと一緒に《セブンアームズ・デーモン》という[[カード]]を買っているが、[[悪魔族]]主体の獏良の[[デッキ]]でも実戦使用される描写はなかった。~

--アニメ5D'sにおいて、シグナーの1人であるジャックが「デーモン」と名のついた[[悪魔族]][[モンスター]]を多用している。~
またチーム・サティスファクション時代の回想シーンにて鬼柳が、[[《デーモン・ソルジャー》]]や[[《ジェネラルデーモン》]]を使用していた。~
ゲーム作品で[[《万魔殿−悪魔の巣窟−》]]、[[《堕落》]]に専用ボイスが用意されたことからも、当時の彼の[[デッキ]]は[[【デーモン】]]だったと思われる。
また鬼柳が回想シーンにて[[《デーモン・ソルジャー》]]や[[《ジェネラルデーモン》]]を使用し、ゲーム作品で[[《万魔殿−悪魔の巣窟−》]]や[[《堕落》]]に専用ボイスが用意される等、チーム・サティスファクション時代の彼の[[デッキ]]は[[【デーモン】]]だったと思われる。~
なお、彼がダークシグナーへと堕ちる過程にて、命より大切とまで称したこの[[デッキ]]は失われているため、復活後も[[【デーモン】]]に戻ることはなく[[【インフェルニティ】]]を使い続けている。~

--漫画5D'sにおいては、[[装備モンスター]]の[[攻撃力]]を700ポイント・[[レベル]]を1下げる[[装備魔法]]《デーモンの枷》が登場している。~

--アニメZEXALでは、徳之助に負けた少年が使用している。
--アニメZEXALでは徳之助に負けた少年が(所持する[[カード]]を見る限り)[[【デーモン】]]使いであったようである。~

--Dチーム・ゼアルでは、亜隈雷蔵が[[【デーモン】]]を使用している。
--Dチーム・ゼアルでは、亜隈雷蔵が[[【デーモン】]]を使用している。~

--漫画ARC-Vでは、[[永続罠]]《ドップラー・デーモン・ダウジング》が登場している。~


--属する[[モンスター]]の種類が広いこともあってか、使用[[モンスター]]がたまたまデーモンに属するという例は多く見られる。~
アニメではDM〜VRAINSの6作品全てに登場している稀有な[[カテゴリ]]となっている。~
//例:DMデーモンの召喚、GXチェスデーモン、5D'sとARC-Vレッド・デーモン、ZEXALノーブルデーモン、VRAINSベクター・スケア・デーモン
-コナミのゲーム作品において―~
[[TAG FORCE>ゲーム付属カード#TF1]]シリーズでは、ゲーム[[オリジナルカード]]として[[儀式モンスター]]《デーモンズ・マタドール》が使用できる。~

**関連リンク [#link]
―「デーモン」と名のついた[[モンスター]]~
 ※は「デーモン」に関する[[効果]]を持つ[[モンスター]]
-[[《デーモン・ソルジャー》]]
-[[《デーモン・ビーバー》]]
-[[《悪魔の鏡》]]

-[[《インターセプト・デーモン》]]
-[[《インフェルニティ・デーモン》]]
-[[《エキセントリック・デーモン》]]
-[[《サイバーデーモン》]]
-[[《ジェネラルデーモン》]]
-[[《デーモン・イーター》]]
-[[《デーモン・テイマー》]]
-※[[《デーモンの騎兵》]]
-[[《トランス・デーモン》]]
-※[[《トリック・デーモン》]]
-[[《マッド・デーモン》]]
-[[《ランサー・デーモン》]]
-[[通常モンスター]]
--[[《デーモン・ソルジャー》]]
--[[《デーモン・ビーバー》]]
--[[《悪魔の鏡》]]

-[[《タルワール・デーモン》]]
-[[《デーモンの召喚》]]
--[[《タルワール・デーモン》]]
--[[《デーモンの召喚》]]

-[[《暗黒魔族ギルファー・デーモン》]]
-[[《迅雷の魔王−スカル・デーモン》]]
-[[《デーモンの巨神》]]
-※[[《デーモンの将星》]]
-[[《トゥーン・デーモン》]]
-[[《ミストデーモン》]]
-[[《レッサー・デーモン》]]
-[[《真紅眼の凶雷皇−エビル・デーモン》]]
-[[効果モンスター]]
--[[《インターセプト・デーモン》]]
--[[《インフェルニティ・デーモン》]]
--[[《サイバーデーモン》]]
--[[《ジェネラルデーモン》]]
--[[《デーモン・イーター》]]
--[[《デーモン・テイマー》]]
--※[[《デーモンの騎兵》]]
--[[《トランス・デーモン》]]
--※[[《トリック・デーモン》]]
--[[《マッド・デーモン》]]
--[[《ランサー・デーモン》]]

-※[[《戦慄の凶皇−ジェネシス・デーモン》]]
-[[《プリズンクインデーモン》]]
-[[《ヘル・エンプレス・デーモン》]]
-[[《レッド・デーモンズ・ドラゴン/バスター》]]
--[[《暗黒魔族ギルファー・デーモン》]]
--[[《迅雷の魔王−スカル・デーモン》]]
--※[[《デーモンの巨神》]]
--※[[《デーモンの将星》]]
--[[《トゥーン・デーモン》]]
--[[《ミストデーモン》]]
--[[《レッサー・デーモン》]]
--[[《真紅眼の凶雷皇−エビル・デーモン》]]

-[[《悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン》]]
-[[《デス・デーモン・ドラゴン》]]
-[[《ブラック・デーモンズ・ドラゴン》]]
--※[[《戦慄の凶皇−ジェネシス・デーモン》]]
--[[《プリズンクインデーモン》]]
--[[《ヘル・エンプレス・デーモン》]]
--[[《Annihilator Archfiend》]]

-[[《アンデット・スカル・デーモン》]]
-[[《スクラップ・デスデーモン》]]
-[[《デーモン・カオス・キング》]]
-[[《メンタルオーバー・デーモン》]]
-[[《メンタルスフィア・デーモン》]]
-[[効果モンスター]]([[ペンデュラムモンスター]])
--[[《エキセントリック・デーモン》]]

-[[《CNo.102 光堕天使ノーブル・デーモン》]]
-[[儀式モンスター]]
--[[《デーモンの降臨》]]

-[[ナイトメア・デーモン・トークン]]
-[[融合モンスター]]
--[[《悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン》]]
--[[《デーモンの顕現》]]
--[[《デス・デーモン・ドラゴン》]]
--[[《ブラック・デーモンズ・ドラゴン》]]

-[[シンクロモンスター]]
--[[《アンデット・スカル・デーモン》]]
--[[《スクラップ・デスデーモン》]]
--[[《デーモン・カオス・キング》]]
--[[《デーモンの招来》]]
--[[《メンタルオーバー・デーモン》]]
--[[《メンタルスフィア・デーモン》]]

-[[エクシーズモンスター]]
--[[《CNo.102 光堕天使ノーブル・デーモン》]]
--[[《デーモンの超越》]]

-[[リンクモンスター]]
--[[《パーペチュアルキングデーモン》]]
--[[《ベクター・スケア・デーモン》]]
--[[《リンクメイル・デーモン》]]

-[[モンスタートークン]]
--[[ナイトメア・デーモン・トークン]]

-[[チェスデーモン]]
-[[レッド・デーモン]]

―「デーモン」と名のついた[[魔法・罠カード]]~
 ※は「デーモン」に関する[[効果]]を持つ[[魔法・罠カード]]
-[[《剣闘獣の闘器デーモンズシールド》]]
-[[《デーモンとの駆け引き》]]
-[[《デーモンの斧》]]
-[[《デーモンの宣告》]]
-※[[《伏魔殿−悪魔の迷宮−》]]
-[[装備魔法]]
--[[《剣闘獣の闘器デーモンズシールド》]]
--[[《デーモンの斧》]]

-※[[《デーモンの雄叫び》]]
-[[《ナイトメア・デーモンズ》]]
-[[速攻魔法]]
--[[《デーモンとの駆け引き》]]

-[[永続魔法]]
--[[《デーモンの宣告》]]

-[[フィールド魔法]]
--※[[《伏魔殿−悪魔の迷宮−》]]

-[[通常罠]]
--※[[《デーモンの雄叫び》]]
--[[《ナイトメア・デーモンズ》]]

-[[永続罠]]
--[[《デーモンの呼び声》]]

―「デーモン」に関する[[効果]]を持つ[[カード]]
-[[《インフェルノクインデーモン》]]
-[[《ジェノサイドキングデーモン》]]
-[[《熟練の赤魔術士》]]
-[[《ダークビショップデーモン》]]
-[[《ヘルポーンデーモン》]]

-[[《ディスカバード・アタック》]]
-[[《万魔殿−悪魔の巣窟−》]]
-[[《堕落》]]

-[[《血の刻印》]]

―その他のリンク
-[[【デーモン】]]

-[[レッドアイズ]]

-[[カテゴリ]]